「敗れし少年の歌へる」


 岩手県下閉伊郡普代村に「敗れし少年の歌へる」詩碑が建てられた後、当サイト管理人が2005年1月上旬に同地を訪問したことがきっかけで、はからずもこの賢治の詩に曲を付けるという事態になった経緯については、「賢治をめぐる旅」の「80年目の「異途への出発」」においても触れました。
 旅行中に書きとめた旋律をもとに、家に帰ってからピアノ伴奏も付けて、それから VOCALOID による演奏を収めた CD も同梱して、私は1月の終わり頃に、楽譜を普代の合唱団の代表の方にお送りしました。

 その後しばらくは他のことにまぎれて月日も過ぎていきましたが、9月中旬になって、「今度の定期演奏会で、例の「敗れし少年の歌へる」を歌います」と、合唱団の方から電話があったのです。
 私は、同年10月8日に普代村で開かれたこのコンサートに駆けつけ、素晴らしい歌声を拝聴して、演奏の様子はビデオにも収録してきました。その模様は、いずれここにも公開したいと思います。
 とりあえずは、最初に合唱団に届けた VOCALOID 版を、ここにアップしておきます。

 そもそも私は、賢治による80年前の真冬の三陸旅行を追体験してみたくて野田村や普代村へ行ったのでしたが、日の出前後に安家川の河口近くで凍りつくような寒さの中を散歩していると、空を仰ぎ見ても身体や視界が震えるようで、「ひかりわななくあけぞら」とはこういうものだろうかと思いました。

 下記に、この曲の楽譜の PDFファイルを載せておきます。

  「敗れし少年の歌へる」楽譜(boy_1.pdf) 3.48MB

歌曲ファイル

MP3版ダウンロード
「敗れし少年の歌へる」(boy_1.mp3) 3.09MB


歌詞


ひかりわななくあけぞらに
清麗サフィアのさまなして
きみにたぐへるかの惑星(ほし)の
いま融け行くぞかなしけれ

雪をかぶれるびゃくしんや
百の海岬いま明けて
あをうなばらは万葉の
古きしらべにひかれるを

夜はあやしき積雲の
なかより生れてかの星ぞ
さながらきみのことばもて
われをこととひ燃えけるを

よきロダイトのさまなして
ひかりわなゝくかのそらに
溶け行くとしてひるがへる
きみが星こそかなしけれ


下安家の夜明け

 

←「歌曲の部屋 〜後世作曲家篇〜」の目次へ