宮澤賢治の歌曲の世界

 宮澤賢治が作詞あるいは作曲したという歌曲は、『【新】校本宮澤賢治全集』によれば、全部で27曲あります。ここにその全曲を、コンピュータによる演奏でご紹介いたします。

 ところで、全集等に収録されている賢治の歌曲の楽譜のほとんどは、生前に賢治が歌っていた旋律を、後世になって周囲の人が採譜したものです。この楽譜にはメロディーラインしかありませんので、このコーナーの演奏は、これに私が伴奏などを付けて、編曲したものをもとにしています。ただし一部の演奏は、青島広志氏の編曲(『宮沢賢治歌曲集 ポランの広場』)や 林光氏の編曲(『賢治の音楽室』)にもとづいて行いました。
 伴奏の楽器音は、ローランド社の SC-8850 や ソフト音源 GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA を、歌声は YAMAHA の歌声合成ソフト‘VOCALOID’を用いています。

 ただ「27曲を全曲」と言いながら、下の「賢治が作った歌曲」の項目の数は、全部で26しかありません。それは、次のような事情によります。
 まず、『新校本全集』に掲載されている「つめくさの花の 咲く晩に」と「つめくさの花の 終わる夜は」の2曲は、同一のメロディーで歌詞だけを替えて唄われるものなので、合わせて一つの歌曲と考え、前者は一番・二番、後者は三番・四番として演奏しましたので、ここで1曲が減少。
 さらにこの曲は、旧『校本宮澤賢治全集』までは「ポランの広場」として収録され、リズムがかなり異なっていたのですが、こちらも捨てがたい魅力があるため、この旧版も別に演奏・収録したことで、1曲増加。
 最後に、劇「飢餓陣営」に出てくる「一時半なのにどうしたのだらう」と「糧食はなし四月の寒さ」の2曲は、劇の中で交互に唄われるものなので、連続して一つの演奏にしたことにより、1曲減少。
 トータルで、27曲からマイナス2曲、プラス1曲の結果、26曲となっているのです。

 また、下方の「後世作曲家の賢治歌曲」のページには、後の著明作曲家が賢治の詩に作曲した歌を収録しています。これらの素晴らしい楽曲も、言葉と音楽が融合した非常に魅力的な世界を、現代の私たちに与えてくれるものです。

 さらに、「保阪嘉内の歌曲」のページには、賢治の親友だった保阪嘉内が、作詞・作曲した歌曲も、2曲だけ演奏・掲載しました。嘉内という人は音楽の面でも、かなりのロマンチストだったようですね。 

 後世作曲家の賢治歌曲

日本を代表する後世の様々な作曲家が、賢治の詩に作曲しています。

 保阪嘉内の歌曲

賢治の生涯最大の親友、保阪嘉内が残した歌曲から、2曲をご紹介します。

 

Songs by Kenji MIYAZAWA: Arranged and computerized by hamagaki. All rights reserved.