「法華堂建立勧進文」碑

テキスト

木石一を積まんとも
 必ず仏果に至るべく
若し清浄の信あらば
 永く三途を離るべし

出典

「法華堂建立勧進文」より

建立/除幕日

2003年(平成15年)12月 建立

所在地

花巻市中北万丁目 北万丁目共同墓地


碑について

 花巻市中北万丁目の花巻南高校の東側の道を、高校の角から北へ向かって400mほど行くと、「北万丁目墓地」への道順を示す下写真のような案内板があります。

 この案内に従って道を東に折れてしばらく進むと、「北万丁目共同墓地」があります。

 そしてこの墓地の東端のあたりに、無縁仏の墓碑などを集めた一角があって、その墓碑群の中にひっそりと、賢治の「法華堂建立勧進文」の最後の4行を刻んだ、この碑が立っています。

 賢治がこの「法華堂建立勧進文」を起草したのは、叔父の宮澤恒治の依頼によるもので、恒治が下記のように回想して書いていることから、農学校に勤めていた頃のことと思われます。

勧進文の由来、――大正年間の末或る日の夕方銀行(花巻銀行)の仕事を了へて帰宅すべくドアを開けて外へ出た処たまたま賢治が農学校から家へ帰るのに出会ひ二人で銀行に戻り日蓮宗花巻教会所の事に付て話し合ったところお世話をして下さいとの賢治の話だったので教会所を建てる事となり其後幾日かを経て再び賢治に会った時法華堂建立の勧進文(芳嘉帳を持ち廻って寄附を集めるつもりではなく単に此の企てのあることを発表して、進んで喜捨する人があれば難有之を受けるつもりで)を書いて見て下さいと云った処一両日後朝、農学校へ登校の際此の勧進文を私の宅へ持って来てくれた。其後一度岩手日報へ之を掲載した事があった。

 ということで、叔父の求めに応じて、賢治はこの文を「一両日」のうちに書き上げたということです。
 賢治のこの「法華堂建立勧進文」は、全集にはもちろん収録されていますが、多くの賢治ファンの方々にとっても、なかなかまともに読む機会は少ないと思いますので、ここにその全文を掲載しておきます。

   法華堂建立勧進文

教主釈迦牟尼正偏知けふしゆしやかむにしやうへんぢ
涅槃ねはんくもりまして
正法しやうばう千は西にしてん
余光よかうかぜかぐはしく
像法ざうばう千は華油燈ともしび
影堂塔かげだうたうえき
仏滅ぶつめつ二千あは
ごう濁霧ぢよくむふかくして
権迹ごんしやくみちはしげければ
衆生しゆじやうゆくてをうしなひて
闘諍堅固たうじやうけんごいやしる
兵疾風火へいしつふうくわきそひけり
このとき地涌ぢゆ上首尊じようしゆそん
本化上行大菩薩ほんげしやうげうだいぼさつ
如来によらいちよくけまして
末法まっぱう救護くごの大悲心ひしん
青蓮華しやうれんげ東海たうかい
朝日あさひとともにれたもふ
ももたびひら大蔵だいぞう
久遠くをんかなしんかぎ
諸山しよざんざう精進しやうじん
かゞみちりかげもなし
正道しやうだうすでにしやうあれば
法鼓ほっくくもにとどろきて
四箇格言しかかくげんはんたか
要法やうばう下種げしゆむねふか
街衢かいくたみをしへては
刀杖瓦石たうじやうぐわしやくいとあま
要路やうろくにいさむれば
流罪るざい死罪しざいなほたの
色身しきしん法華経ほけきやう
ゆきのしとねにかぜいひ
水火すいくわつぶさにそのかみの
勧持くわんじしんてましぬ
三度みたびいさめてひとくら
たみ諸難しよなんのいやせば
いまはちまたちり
ひたすらくにいのらんと
領主りやうしゆこひをそのままに
るや甲州かうしゆう波木井郷 はぎりがう
きり不断ふだんかう
かぜとことはに天楽てんがく
身延みのぶやまのふところに
聖化しやうげ末法まっぱう万年まんねん
法礎ほうそさだたまひけり
そのとき南部なんぶ実長さねながきやう
法縁はうゑんいとどめでたくて
外護げごちかひのいとあつ
あるひはせんたてまつ
あるひはだうおこしつつ
供養くやうはげたまひしが
やがてはかえ本誓ほんぜい
すみころもをなして
堤婆だいばほんもそのまゝに
給仕きうじにつとめおはしける
帰命心王大菩薩きめうしんわうだいぼさつ
応現化おうげんけをばへまして
浄楽吾浄じやうらくがじやう花深はなふか
本土ほんどかへりまししより
向興かうこう諸尊しよそんともろともに
聖舎利せうしやりたまひつゝ
法潤はうにんいよよふかければ
ながれはきよ富士川ふじがは
すゑなが勤王きんわう
外護げごほまれつたへけり
后事のちことありて陸奥みちのく
遠野とほのほうたま
辺土へんどたみ大法たいはう
ひかりくまなき仁政じんせい
徳化とくくわ四辺しへんおよびつゝ
なが遺宝ゐほうつたへしが
当主たうしゆ日実上人にちじつしやうにん
俗縁法縁ぞくゑんはうゑん相契あひかな
祖道そだうこゝ興起こうきして
末世まっせ衆生しゆじやうすくはんと
悲願ひぐわんはやがて灌頂かんてふ
祖山そざんしゆうたま
しきえにし花巻はなまき
優婆塞うばそく優婆夷うばゐちぎりあり
法筵はうゑんかずかさなれば
諸人もろびとここにはからひて
あらた一宇いちう建立こんりう
たとへいらかはいぶせくも
信楽衆しんげふしゆう質直しつぢき
至心ししんしやうたてまつ
聖宝せうぼうともにやすらけく
このまもざし
未来みらいとほつたへんと
浄願じやうぐわんここむすぼれぬ
いま仏滅ぶつめつの五五を
ごうにごりはいやふか
われらはおもき三どく
ごうほむらけり
泰西たいせい成りしがく
口耳こうにしやうかさ
おごりはやがて冥乱めいらん
諸仏菩薩しよぶつぼさつそし
因果いんぐわ撥無はつむしぬ
阿僧祇あそうぎはうはずして
心耳しんにくらめい
つみ衆生しゆじやうのみなともに
きそひてこれにしたがへば
人道じんだうはやちて
邪見じやけん鉄囲てつゐしぬ
皮薄ひはく文化ぶんくわなが
五慾ごよくらくせど
もとおさめぬ業疾ごうしつ
苦悩くのふはいよよふかみたり
さればぞ憂悲うひさんとて
あらた憂苦うくもと
たがひきそあらそへば
こは人界にんかいいろ
鬼畜きちくさうをなしにけり
菩薩ぼさつ衆生しゆじやうすくはんと
三悪道さんあくだうにいましては
たゞひたすらにみちびきて
から人果にんくわいたらしむ
衆生しゆじやうこのうま
虚仮こけおしへまよ
ふたたび三かへらんは
痛哭つうこくたれふべしや
法滅相ほうめつさうまへにあり
人界にんがいしやうはいや多し
仏弟子ぶつでしここにやすければ
慳貪けんどんとがはまぬかれじ
信士女しんしによなかにむさぼらば
諸仏しよぶつあだをなさん
世界せかいぐう所感しよかんゆゑ
どくおもければくら
饑疾きしつ風水ふうすゐしきりにて
兵火へいくわつひえぬなり
正信しやうしんあればきよ
おのづから厳浄ごんじやう
ふうの世となりて
まねかで華果けくわいたるなり
仏弟子ぶつでしはんひと
この法滅はうめつさう
仏恩ぶつおん報謝ほうしやこのときと
ともちからしたまへ
木石ぼくせき一をまんとも
かなら仏果ぶつくわいたるべく
清浄しやうじやうしんあらば
ながく三はなるべし

 全部で143行にもわたる長文で、かなり難しい仏教用語も使われていますが、見事に整えられた七五調によって、釈迦の入滅から正法、像法、末法という時代の推移、 日蓮の誕生とその輝かしくも苦難に満ちた生涯、甲州の南部氏が日蓮に篤く仕えた後に遠野に移り、そしてその子孫である南部日実の縁によって、このたび花巻に法華堂を建立するに至った経過を、まさに滔々と述べ連ね、さらに昨今の仏教界の有り様について痛烈に批判をした後、結びで法華堂への寄進を募っています。
 それにしても、これほど格調高く内容も深遠な名文を、わずか「一両日」のうちにさらさらと書き上げてしまう田舎の農学校教師とは、いったい何者なのかと思いますが、まあやはり宮澤賢治という人は、こういう仏教的素養と作文力を、当たり前のように自家薬籠中のものとしていたということなのでしょう。
 これは単に「宗教色が濃い」というよりも、まさに純度100%の宗教的テキストですから、賢治愛好家によってもあまり読まれることは少ないのだと思いますが、それでも日蓮の流謫を述べるところに出てくる「雪のしとねに風の飯」という表現や、「世界は共の所感ゆゑ…」という認識論などは、まさに賢治らしい感じがします。

 さて、地元の共同墓地の整備にあたって、この賢治の文章の一部を碑に刻んで建立した管理組合は、碑陰に下記のように記しています。

 平成十三年管理組合を設立し、
墓地の拡張に取り組んできた。
 先祖供養のため宮澤賢治作品
「法華堂建立勧進文」の一節を
刻し管理組合創立の記念とする。

 平成十五年十二月
    北万丁目共同墓地管理組合

 「墓地を整備する」という事業も、言わば「木石を一つ一つ積む」ような行為を地道に重ねていくことなのでしょうが、これによって「仏果に至」り、「三途を離」れるという功徳を、ご先祖様たちのために回向しようというのが、この碑の建立の趣旨なのでしょう。
 「法華堂建立勧進文」の碑は、現時点では全国でもこの一つだけで、とても貴重なものだと思います。

←「石碑の部屋」の目次へ