「セロ弾きのゴーシュ」碑

テキスト

「先生、そうお怒りになっちゃ、おからだにさわります。
それよりシューマンのトロイメライをひいてごらんなさい。
きいてあげますから。」
「生意気なことを云うな。ねこのくせに。」
セロ弾きはしゃくにさわってこのねこのやつ
どうしてくれようとしばらく考えました。
「いやご遠慮はありません。どうぞ。
わたしはどうも先生の音楽をきかないと
ねむられないんです。」
         宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」より

出典

童話「セロ弾きのゴーシュ」

建立/除幕日

1985年(昭和60年)3月14日 建立

所在地

花巻市矢沢 新花巻駅前広場



碑について


 新幹線を新花巻駅で降りると、駅前の広場でこの彫刻碑が迎えてくれます。全体が花崗岩でできていて、幅が5mもある、どっしりと大きなオブジェです。
 1985年3月の新花巻駅開業とともに、その駅舎が「銀河鉄道の夜」を連想させるような建築になっているのと対比させ、やはり賢治の代表作として「セロ弾きのゴーシュ」が題材に選ばれ、建立されたのだということです。

 石造りのレリーフ彫刻になったゴーシュのまわりには、やはり見事なレリーフで、「猫」、「かっこう」、「狸の子」、「野ねずみの親子」というこの作品に登場する動物たちが配置されています。 それぞれのキャラクターは、物語の中で印象深いアイテムと一緒に描かれています。
 ゴーシュはもちろん「セロ」を持ち、上の写真ではわかりませんが、流れるように刻まれた楽譜は、猫がリクエストしたシューマンの「トロイメライ」です。猫は、ゴーシュの畑から勝手に取ってきた「トマト」を手に、かっこうは、後でぶつかってしまう「窓」を背景に、狸の子は、太鼓の「ばち」に使う棒きれを持って、そして野ねずみの親子は、ゴーシュにもらった一切れの「パン」を前にしています。
 向かって右上の緑青いろをした金属板(右写真)には、上の「テキスト」欄にある童話の一場面、三毛猫が現れてゴーシュとやりとりするところが刻まれています。

 この碑独特の面白い趣向として、人が碑に近づくとセンサーが感知して、チェロによる演奏で「星めぐりの歌」と「トロイメライ」が自動的に流れるという仕掛けがしてあります。
 下の RealPlayer では、私が録音したこの演奏を、試聴できるようにしてみました。途中、バイクの音など様々な環境音が入ってお聴き苦しいところがありますが、ご容赦ください。

 「星めぐりの歌」
 

 「トロイメライ」
 
 注: うまく再生されない場合は、ここで RealPlayer をヴァージョンアップしてください。


←「石碑の部屋」の目次へ