月天子

   

   私はこどものときから

   いろいろな雑誌や新聞で

   幾つもの月の写真を見た

   その表面はでこぼこの火口で覆はれ

   またそこに日が射してゐるのもはっきり見た

   后そこが大へんつめたいこと

   空気のないことなども習った

   また私は三度かそれの蝕を見た

   地球の影がそこに映って

   滑り去るのをはっきり見た

   次にはそれがたぶんは地球をはなれたもので

   最后に稲作の気候のことで知り合ひになった

   盛岡測候所の私の友だちは

   −−ミリ径の小さな望遠鏡で

   その天体を見せてくれた

   亦その軌道や運転が

   簡単な公式に従ふことを教へてくれた

   しかもおゝ

   わたくしがその天体を月天子と称しうやまふことに

   遂に何等の障りもない

   もしそれ人とは人のからだのことであると

   さういふならば誤りであるやうに

   さりとて人は

   からだと心であるといふならば

   これも誤りであるやうに

   さりとて人は心であるといふならば

   また誤りであるやうに

   

   しかればわたくしが月を月天子と称するとも

   これは単なる擬人でない

   

    

 


    ★本文14行目[−−]は、全角2文字分の棒線。