詩への愛憎

             宮 澤 賢 治

   

雪と飛白岩(ギヤブロ)の峯の脚、二十日の月の錫のあかりに、澱んで赤い落水管と、ガラスづくりの発電室と、…また余水吐(よすゐど)の青じろい滝。
黝い蝸牛水車(スネールタービン)で、早くも春の雷気(らいき)を鳴らし、鞘翅発電機(ダイナモコレオプテラ)をもつて、愴(さう)たる夜中の睡気(ねむけ)を顫はせ、大トランスの六つから、三万ボルトの痙攣を、野原の方へ送りつけ、斑気(むらき)多情の計器(メーター)どもを、ぽかぽか監視してますと、いつかそこらがだんだん温(ぬる)く、巨大なフズリナ配電盤は、交通地図の模型に変り、玩具(おもちや)の汽車も馳けだして、海より眠い耳もとに、やさしい声がはいつてくる、おゝ恋人の全身は、玲瓏とした氷でできて、谷の氷柱(つらゝ)を靴に穿(は)き、淵の薄氷(うすひ)をマントに着れば、胸にはひかるポタシユバルヴの心臓が、耿々としてうごいてゐる。やつぱりあなたは心臓を、三つももつてゐたんですねと、技手がかなしく喞(かこ)つて云へば、佳人はりうと胸を張る、どうして三つか四つもなくて、脚本一つ書けるでせう、技手は思はず憤(いきどほ)る、なにがいつたい脚本です、あなたのむら気な教養と、愚にもつかない虚名のために、そこらの野原のこどもらが、小さな赤いもゝ引や、足袋をもたずに居るのです、旧年末に家長らが、魚や薬の市へ来て、溜息しながら夕方まで、行つたり来たりするのです、さういふ犠牲に値する、巨匠はいつたい何者ですか、さういふ犠牲に対立し得る、作品こそはどれなのですか、もし芸術といふものが、蒸し返したりごまかしたり、いつまで経つてもいつまで経つても、無能(やくざ)卑怯の遁げ場所なら、そんなもなものこそ叩きつぶせ、言ひ過ぎたなと思つたときは、令嬢(フロイライン)の全身は、いささかピサの斜塔のかたち、どうやらこれは重心が、脚より前へ出て来るやう、ねえご返事をききませう、なぜはなやかな機智でなり、突き刺すやうな嘲笑で、ぴんと弾(はじ)いて来ないんです、おゝ傾角の増大はtの自乗に比例する、ぼくのいまがた云つたのは、みな円本にあるんです、しつかりなさいと叫んだときは、ひとはあをあを昏倒して、ぢやらんぱちやんと壊れてしまふ。栢ウとして眼(まなこ)を開けば、コンクリートのつめたい床で、工手は落したペンチをひろひ、窓のそとでは雪や荒(すさ)んだ蛇紋岩(サーペンティン)の峰の下、珪素鉄(フエロシリコン)の工場から、赤い傘(からかさ)火花の雲が発つてゐて、一列の清冽な電燈は、たゞ青じろい二十日の月の、盗賊紳士風した風のなかです。

 

 


   ←前の草稿形態へ

次の草稿形態へ→