一五八

     〔北上川はケイ気をながしィ〕

                  一九二四、七、一五、

   

   (北上川はケイ気をながしィ

    山はまひるの思睡を翳す)

      南の松の林から

      なにかかすかな黄いろのけむり

   (こっちのみちがいゝぢゃあないの)

   (おかしな鳥があすこに居る!)

   (どれだい)

      稲草が魔法使ひの眼鏡で見たといふふうで

      天があかるい孔雀石板で張られてゐるこのひなか

      川を見おろす高圧線に

      まこと思案のその鳥です

   (ははあ、あいつはかはせみだ

    翡翠(かはせみ)さ めだまの赤い

    あゝミチア、今日もずゐぶん暑いねえ)

   (何よ ミチアって)

   (あいつの名だよ

    ミの字はせなかのなめらかさ

    チの字はくちのとがった工合

    アの字はつまり愛称だな)

   (マリアのアの字も愛称なの?)

   (ははは、来たな

    聖母はしかくののしりて

    クリスマスをば待ちたまふだ)

   (クリスマスなら毎日だわ

    受難日だって毎日だわ

    あたらしいクリストは

    千人だってきかないから

    万人だってきかないから)

   (ははあ こいつは…… )

      まだ魚狗(かはせみ)はじっとして

      川の青さをにらんでゐます

   (……ではこんなのはどうだらう

    あたいの兄貴はやくざもの と)

   (それなによ)

   (まあ待って

    あたいの兄貴はやくざものと

    あしが弱くてあるきもできずと

    口をひらいて飛ぶのが手柄

    名前を夜鷹と申します)

   (おもしろいわ それなによ)

   (まあ待って

    それにおととも卑怯もの

    花をまはってミーミー鳴いて

    蜜を吸ふのが……えゝと、蜜を吸ふのが……)

   (得意です?)

   (いや)

   (何より自慢?)

   (いや、えゝと

    蜜を吸ふのが日永の仕事

    蜂の雀と申します)

   (おもしろいわ それ何よ?)

   (あたいといふのが誰だとおもふ?)

   (わからないわ)

   (あすこにとまってゐらっしゃる

    目のりんとしたお嬢さん)

   (かはせみ?)

   (まあそのへん)

   (よだかがあれの兄貴なの?)

   (さうだとさ)

   (蜂雀かが弟なの)

   (さうだとさ

    第一それは女学校だかどこだかの

    おまへの本にあったんだぜ)

   (知らないわ)

      さてもこんどは獅子独活(ししうど)

      月光いろの繖形花から

      びらうどこがねが一聯隊

      青ぞら高く舞ひ立ちます

   (まあ大きなバッタカップ!)

   (ねえあれつきみさうだねえ)

   (はははは)

   (学名は何ていふのよ)

   (学名なんかうるさいだらう)

   (だって普通のことばでは

    属やなにかも知れないわ)

   (エノテララマーキアナ何とかっていふんだ)

   (ではラマークの発見だわね)

   (発見にしちゃなりがすこうし大きいぞ)

      燕麦の白い鈴の上を

      へらさぎ二疋わたってきます

   (どこかですももを灼いてるわ)

   (あすこの松の林のなかで

    木炭(すみ)かなんかを焼いてるよ)

   (木炭窯ぢゃない瓦窯だよ)

   (瓦窯(や)くとこ見てもいゝ?)

   (いゝだらう)

   

    林のなかは淡いけむりと光の棒

    窯の奥には火がまっしろで

    屋根では一羽

    ひよがしきりに叫んでゐます

   (まああたし

    ラマーキアナの花粉でいっぱいだわ)

       イリスの花はしづかに燃える

 

   


   注:タイトル及び本文1行目[ケイ]は[榮]の[木]の部分が[火]。

 

   ←前の草稿形態へ

次の草稿形態へ→

<亡妹と銀河 詩群>へ→