二

     空明と傷痍

                  一九二四、二、二〇、

   

   気の海の青びかりする底に立ち

   いかにもさういふ敬虔な風に

   一きれ白い紙巻煙草(シガーレット)を燃すことは

   月のあかりやらんかんの陰画

   つめたい空明への貢献である

      ……ところがおれの右掌(て)の傷は

        鋼青いろの等寒線に

        わくわくわくわく囲まれてゐる……

   それ故きみはピアノを獲るの企画をやめて

   かの中型のヴァイオルをこそ弾くべきである

   たゞ燦々と析出される氷晶を

   総身浴びるその謙虚なる直立は

   物のきほひにふさはしからぬ

      ……ところがおれのてのひらからは

        血がまっ青に垂れてゐる……

     月をかすめる鳥の影

     電信ばしらのオルゴール

     泥岩を噛む水瓦斯と

     一列黒いみをつくし

      ……てのひらの血は

        ぽけっとのなかで凍りながら

        たぶんぼんやり燐光をだす……

   しかも結局、この忠言を、きみが採択できぬとすれば

   その厳粛な教会風の直立も、月賦で買った緑青いろの外套に

   しめったルビーの火をともし

   かすかな青いけむりをあげる

   一つの焦慮の工場に過ぎぬ

 

 


   ←前の草稿形態へ

次の草稿形態へ→