水仙月(すゐせんづき)四日(よつか)


 雪婆(ゆきば)んごは、(とほ)くへ()かけて()りました。
 (ねこ)のやうな(みゝ)をもち、ぼやぼやした(はい)いろの(かみ)をした雪婆(ゆきば)んごは、西(にし)山脈(さんみやく)の、ちぢれたぎらぎらの(くも)()えて、(とほ)くへでかけてゐたのです。
 ひとりの子供(こども)が、(あか)毛布(けつと)にくるまつて、しきりにカリメラ(・・・・)のことを考へながら、(おほ)きな(ざう)(あたま)のかたちをした、雪丘(ゆきをか)(すそ)を、せかせかうちの(はう)(いそ)いで()りました。
(そら、新聞紙(しんぶんがみ)(とが)つたかたちに()いて、ふうふうと()くと、(すみ)からまるで青火(あをび)()える。ぼくはカリメラ(なべ)赤砂糖(あかさとう)(ひと)つまみ()れて、それからザラメを(ひと)つまみ()れる。(みづ)をたして、あとはくつくつくつと()るんだ。) ほんたうにもう一生(いつしやう)けん(めい)、こどもはカリメラ(・・・・)のことを(かんが)へながらうちの(はう)(いそ)いでゐました。
 お()さまは、(そら)のずうつと(とほ)くのすきとおつたつめたいとこで、まばゆい(しろ)()を、どしどしお()きなさいます。
 その(ひかり)はまつすぐに四方(しはう)発射(はつしや)し、(した)(はう)()ちて()ては、ひつそりした台地(だいち)(ゆき)を、いちめんまばゆい雪花石膏(せつくわせきかう)(いた)にしました。
 二(ひき)雪狼(ゆきおいの)が、べろべろまつ()(した)()きながら、(ざう)(あたま)のかたちをした、雪丘(ゆきをか)(うへ)(はう)をあるいてゐました。こいつらは(ひと)()には()えないのですが、(いつ)ぺん(かぜ)(くる)()すと、台地(だいち)のはづれの(ゆき)(うへ)から、すぐぼやぼやの雪雲(ゆきぐも)をふんで、(そら)をかけまはりもするのです。
「しゆ、あんまり()つていけないつたら。」 雪狼(ゆきおいの)のうしろから白熊(しろくま)毛皮(けがは)三角帽子(さんかくぼうし)をあみだにかぶり、(かほ)苹果(りんご)のようにかがやかしながら、雪童子(ゆきわらす)がゆつくり(ある)いて()ました。
 雪狼(ゆきおいの)どもは(あたま)をふつてくるりとまわり、またまつ()(した)()いて(はし)りました。
「カシオピイア、
 もう水仙(すゐせん)()()すぞ
 おまえのガラスの水車(みづぐるま)
 きつきとまはせ。」 雪童子(ゆきわらす)はまつ(さを)なそらを()あげて()えない(ほし)(さけ)びました。その(そら)からは(あを)びかりが(なみ)になつてわくわくと()り、雪狼(ゆきおいの)どもは、ずうつと(とほ)くで(ほのほ)のやうに(あか)(した)をべろべろ()いてゐます。
「しゆ、(もど)れつたら、しゆ、」 雪童子(ゆきわらす)がはねあがるようにして(しか)りましたら、いままで(ゆき)にくつきり()ちてゐた雪童子(ゆきわらす)影法師(かげぼうし)は、ぎらつと(しろ)いひかりに(かは)り、(おいの)どもは(みゝ)をたてゝ一さんに(もど)つてきました。
「アンドロメダ、
 あぜみの(はな)がもう()くぞ、
 おまえのラムプのアルコホル、
 しゆうしゆと()かせ、」
 雪童子(ゆきわらす)は、風のやうに(ざう)(かたち)(をか)にのぼりました。(ゆき)には(かぜ)介殻(かいがら)のやうなかたがつき、その(いたゞき)には、一(ぽん)(おほ)きな(くり)()が、(うつく)しい黄金(きん)いろのやどりぎのまりをつけて()つてゐました。
「とつといで。」 雪童子(ゆきわらす)(をか)をのぼりながら()ひますと、一(ぴき)雪狼(ゆきおいの)は、主人(しゆじん)(ちい)さな()のちらつと(ひか)るのを()るや、ごむまりのやうにいきなり()にはねあがつて、その(あか)()のついた(ちい)さな(えだ)を、がちがち()ぢりました。()(うへ)でしきりに(くび)をまげてゐる雪狼(ゆきおいの)影法師(かげぼうし)は、(おほ)きく(なが)(をか)(ゆき)()ち、(えだ)はたうたう(あを)(かは)と、()いろの(しん)とをちぎられて、いまのぼつてきたばかりの雪童子(ゆきわらす)(あし)もとに()ちました。
「ありがたう。」 雪童子(ゆきわらす)はそれをひろひながら、(しろ)(あゐ)いろの()はらにたつている、(うつく)しい(まち)をはるかにながめました。(かは)がきらきら(ひか)つて、停車場(ていしやば)からは(しろ)(けむり)もあがつてゐました。雪童子(ゆきわらす)()(をか)のふもとに(おと)しました。その山裾(やますそ)(ほそ)(ゆき)みちを、さつきの赤毛布(あかけつと)()子供(こども)が、(いつ)しんに(やま)のうちの(はう)(いそ)いでゐるのでした。
「あいつは昨日(きのふ)木炭(すみ)のそりを()して()つた。砂糖(さとう)()つて、じぶんだけ(かへ)つてきたな。」 雪童子(ゆきわらす)はわらひながら、()にもつていたやどりぎの(えだ)を、ぷいつとこどもになげつけました。(えだ)はまるで弾丸(たま)のやうにまつすぐに()んで()つて、たしかに子供(こども)()(まへ)()ちました。
 子供(こども)はびつくりして(えだ)をひろつて、きよろきよろあちこちを()まはしてゐます。雪童子(ゆきわらす)はわらつて(かは)むちを(ひと)つひゆうと()らしました。
 すると、(くも)もなく(みが)きあげられたやうな群青(ぐんぜう)(そら)から、まつ(しろ)(ゆき)が、さぎの()のやうに、いちめんに()ちてきました。それは(した)平原(へいげん)(ゆき)や、ビール(いろ)日光(につくわう)(ちや)いろのひのきでできあがつた、しずかな奇麗(きれい)日曜日(にちようび)を、一さう(うつく)しくしたのです。
 ()どもは、やどりぎの(えだ)をもつて、一(しやう)けん(めい)にあるきだしました。
 けれども、その立派(りつぱ)(ゆき)()()つてしまつたころから、お()さまはなんだか(そら)(とほ)くの(はう)へお(うつ)りになつて、そこのお旅屋(たびや)で、あのまばゆい(しろ)()を、あたらしくお()きなされてゐるようでした。
 そして西北(にしきた)(はう)からは、(すこ)(かぜ)()いてきました。
 もうよほど、そらも(つめ)たくなつてきたのです。(ひがし)(とほ)くの(うみ)(はう)では、(そら)仕掛(しか)けを(はづ)したやうな、ちいさなカタツという(おと)(きこ)え、いつかまつしろな(かがみ)(かは)つてしまつたお()さまの(めん)を、なにかちいさなものがどんどんよこ()つていくやうです。
 雪童子(ゆきわらす)(かは)むちをわきの(した)にはさみ、(かた)(うで)()み、(くちびる)(むす)んで、その(かぜ)()いて()(はう)をぢつと()てゐました。(おいの)どもも、まつすぐに(くび)をのばして、しきりにそつちを(のぞ)みました。
 (かぜ)はだんだん(つよ)くなり、(あし)もとの(ゆき)は、さらさらさらさらうしろへ(なが)れ、()もなく(むか)ふの山脈(さんみやく)(いたゞき)に、ぱつと(しろ)いけむりのやうなものが()つたとおもふと、もう西(にし)(はう)は、すつかり(はい)いろに(くら)くなりました。
 雪童子(ゆきわらす)()は、(するど)()えるやうに(ひか)りました。(そら)はすつかり(しろ)くなり、(かぜ)はまるで()()くやう、(はや)くも(かは)いたこまかな(ゆき)がやつて()ました。そこらはまるで(はい)いろの(ゆき)でいつぱいです。(ゆき)だか(くも)だかもわからないのです。
 (をか)(かど)は、もうあつちもこつちも、みんな一度(いちど)に、(きし)るやうに()るやうに()()しました。地平線(ちへいせん)(まち)も、みんな(くら)(けむり)(むか)ふになつてしまい、雪童子(ゆきわらす)(しろ)(かげ)ばかり、ぼんやりまつすぐに()つてゐます。
 その()くような()えるやうな(かぜ)(おと)(なか)から、
「ひゆう、なにをぐずぐずしているの。さあ()らすんだよ。()らすんだよ。ひゆうひゆうひゆう、ひゆひゆう、()らすんだよ、()ばすんだよ、なにをぐづぐづしているの。こんなに(いそが)がしいのにさ。ひゆう、ひゆう、(むか)ふからさえわざと三人(さんにん)()れてきたぢやないか。さあ、()らすんだよ。ひゆう。」 あやしい(こゑ)がきこえてきました。
 雪童子(ゆきわらす)はまるで電気(でんき)にかかつたやうに()びたちました。雪婆(ゆきば)んごがやつてきたのです。
 ぱちつ、雪童子(ゆきわらす)(かは)むちが()りました。(おいの)どもは一ぺんにはねあがりました。(ゆき)わらすは(かほ)いろも(あを)ざめ、(くちびる)(むす)ばれ、帽子(ぼうし)()んでしまひました。
 「ひゆう、ひゆう、さあしつかりやるんだよ。なまけちやいけないよ。ひゆう、ひゆう。さあしつかりやつてお()れ。今日(けふ)はここらは水仙月(すゐせんづき)四日(よつか)だよ。さあしつかりさ。ひゆう。」
 雪婆(ゆきば)んごの、ぼやぼやつめたい白髪(しらが)は、(ゆき)(かぜ)とのなかで(うづ)になりました。どんどんかける黒雲(くろくも)(あひだ)から、その(とが)つた(みゝ)と、ぎらぎら光る黄金(きん)()()えます。
 西(にし)(はう)野原(のはら)から()れて()られた三人(さんにん)雪童子(ゆきわらす)も、みんな(かほ)いろに()()もなく、きちつと(くちびる)()んで、お(たがひ)挨拶(あひさつ)さえも()わさずに、もうつづけざませわしく(かは)むちを()らし()つたり()たりしました。もうどこが(をか)だか(ゆき)けむりだか(そら)だかさえもわからなかつたのです。(きこ)えるものは雪婆(ゆきば)んごのあちこち()つたり()たりして(さけ)(こゑ)、お(たがひ)革鞭(かはむち)(おと)、それからいまは(ゆき)(なか)をかけあるく九疋(くひき)雪狼(ゆきおいの)どもの(いき)(おと)ばかり、そのなかから雪童子(ゆきわらす)はふと、(かぜ)にけされて()いてゐるさつきの子供(こども)(こゑ)をききました。
 雪童子(ゆきわらす)(ひとみ)はちよつとおかしく()えました。しばらくたちどまつて(かんが)へてゐましたがいきなり(はげ)しく(むち)をふつてそつちへ走つたのです。
 けれどもそれは方角(はうがく)がちがつていたらしく雪童子(ゆきわらす)はずうつと(みなみ)(はう)(くろ)松山(まつやま)にぶつつかりました。雪童子(ゆきわらす)(かは)むちをわきにはさんで(みゝ)をすましました。
「ひゆう、ひゆう、なまけちや承知(しやうち)しないよ。()らすんだよ、()らすんだよ。さあ、ひゆう。今日(けふ)水仙月(すゐせんづき)四日(よつか)だよ。ひゆう、ひゆう、ひゆう、ひゆうひゆう。」
 そんなはげしい(かぜ)(ゆき)(こゑ)(あひだ)からすきとほるような泣声(なきごゑ)がちらつとまた(きこ)えてきました。雪童子(ゆきわらす)はまつすぐにそつちへかけて行きました。雪婆(ゆきば)んごのふりみだした(かみ)が、その(かほ)()みわるくさわりました。(たうげ)(ゆき)(なか)に、(あか)毛布(けつと)をかぶつたさつきの()が、(かぜ)にかこまれて、もう(あし)(ゆき)から()けなくなつてよろよろ(たふ)れ、(ゆき)()をついて、()きあがらうとして()いてゐたのです。
毛布(けつと)をかぶつて、うつ()けになつておいで。毛布(けつと)をかぶつて、うつむけになつておいで。ひゆう。」 雪童子(ゆきわらす)(はし)りながら(さけ)びました。けれどもそれは()どもにはただ(かぜ)(こゑ)ときこえ、そのかたちは()()えなかつたのです。
「うつむけに(たふ)れておいで。ひゆう。(うご)いちやいけない。ぢきやむからけつとをかぶつて(たふ)れておいで。」 (ゆき)わらすはかけ(もど)りながら(また)(さけ)びました。()どもはやつぱり()きあがろうとしてもがいてゐました。
(たふ)れておいで、ひゆう、だまつてうつむけに(たふ)れておいで、今日(けふ)はそんなに(さむ)くないんだから(こゞ)やしない。」
 雪童子(ゆきわらす)は、も(いち)(はし)()けながら(さけ)びました。子供(こども)(くち)をびくびくまげて()きながらまた()きあがらうとしました。
(たふ)れているんだよ。だめだねえ。」 雪童子(ゆきわらす)(むか)ふからわざとひどくつきあたつて()どもを(たふ)しました。
「ひゆう、もつとしつかりやつておくれ、なまけちやいけない。さあ、ひゆう。」
 雪婆(ゆきば)んごがやつてきました。その()けたやうに(むらさき)(くち)(とが)つた()もぼんやり()えました。
「おや、おかしな()がゐるね、さうさう、こつちへとつておしまい。水仙月(すいせんづき)四日(よつか)だもの、一人(ひとり)二人(ふたり)とつたつていゝんだよ。」
「えゝ、さうです。さあ、()んでしまえ。」 雪童子(ゆきわらす)はわざとひどくぶつつかりながらまたそつと()ひました。
(たふ)れているんだよ。(うご)いちやいけない。(うご)いちやいけないつたら。」
 (おいの)どもが()ちがいのようにかけめぐり、(くろ)(あし)雪雲(ゆきぐも)(あひだ)から、ちらちらしました。
「さうさう、それでいいよ。さあ、()らしておくれ。なまけちや承知(しやうち)しないよ。ひゆうひゆうひゆう、ひゆひゆう。」 雪婆(ゆきば)んごは、また(むか)ふへ()んで()きました。
 子供(こども)はまた()きあがらうとしました。雪童子(ゆきわらす)(わら)ひながら、も一度(いちど)ひどくつきあたりました。もうそのころは、ぼんやり(くら)くなつて、まだ三()にもならないに、()()れるやうに(おも)はれたのです。こどもは(ちから)もつきて、もう()きあがらうとしませんでした。雪童子(ゆきわらす)(わら)ひながら、()をのばして、その(あか)毛布(けつと)(うへ)からすつかりかけてやりました。
「そうして(ねむ)つておいで。布団(ふとん)をたくさんかけてあげるから。そうすれば(こゞ)えないんだよ。あしたの(あさ)までカリメラ(・・・・)(ゆめ)()ておいで。」
 (ゆき)わらすは(おな)じとこを(なん)べんもかけて、(ゆき)をたくさんこどもの(うへ)にかぶせました。まもなく(あか)毛布(けつと)()えなくなり、あたりとの(たか)さも(おな)じになつてしまひました。
「あのこどもは、ぼくのやつたやどりぎをもつていた。」 雪童子(ゆきわらす)はつぶやいて、ちよつと()くやうにしました。
「さあ、しつかり、今日(けふ)(よる)二時(にじ)までやすみなしだよ。ここらは水仙月(すゐせんづき)四日(よつか)なんだから、やすんぢやいけない。さあ、()らしておくれ。ひゆう、ひゆうひゆう、ひゆひゆう。」
 雪婆(ゆきば)んごはまた(とほ)くの(かぜ)(なか)(さけ)びました。
 そして、(かぜ)(ゆき)と、ぼさぼさの(はい)のやうな(くも)のなかで、ほんたうに()()(ゆき)(よる)ぢう()つて()つて()つたのです。やつと夜明(よあ)けに(ちか)いころ、雪婆(ゆきば)んごはも一度(いちど)(みなみ)から(きた)へまつすぐに()せながら()ひました。
「さあ、もうそろそろやすんでいゝよ。あたしはこれからまた(うみ)(はう)()くからね、だれもついて()ないでいいよ。ゆつくりやすんでこの(つぎ)仕度(したく)をして()いておくれ。ああまあいいあんばいだつた。水仙月(すゐせんづき)四日(よつか)がうまく()んで。」
 その()(やみ)のなかでおかしく(あを)(ひか)り、ばさばさの(かみ)渦巻(うづま)かせ(くち)をびくびくしながら、(ひがし)(はう)へかけて()きました。
 ()はらも(をか)もほつとしたようになつて、(ゆき)(あを)じろくひかりました。(そら)もいつかすつかり()れて、桔梗(ききやう)いろの天球(てんきう)には、いちめんの星座(せいざ)がまたたきました。
 雪童子(ゆきわらす)らは、めいめい自分(じぶん)(おいの)をつれて、はじめてお(たがひ)挨拶(あいさつ)しました。
「ずゐぶんひどかつたね。」
「ああ、」
「こんどはいつ()ふだろう。」
「いつだろうねえ、しかし今年中(ことしぢう)に、もう二へんぐらゐのもんだらう。」
(はや)くいつしよに(きた)(かへ)りたいね。」
「ああ。」
「さつきこどもがひとり()んだな。」
大丈夫(だいじやうぶ)だよ。(ねむ)つてるんだ。あしたあすこへぼくしるしをつけておくから。」
「ああ、もう(かへ)らう。夜明(よあ)けまでに(むか)ふへ()かなくちや。」
「まあいゝだらう。ぼくね、どうしてもわからない。あいつはカシオペーアの()(ぼし)だろう。みんな(あを)()なんだろう。それなのに、どうして()がよく()えれば、(ゆき)をよこすんだらう。」
「それはね、電気菓子(でんきぐわし)とおなじだよ。そら、ぐるぐるぐるまはつてゐるだらう。ザラメがみんな、ふわふわのお菓子(くわし)になるねえ、だから()がよく()えればいゝんだよ。」
「ああ。」
「ぢや、さよなら。」
「さよなら。」
 三(にん)雪童子(ゆきわらす)は、九(ひき)雪狼(ゆきおいの)をつれて、西(にし)(はう)(かへ)つて()きました。
 まもなく(ひがし)のそらが()ばらのやうに(ひか)り、琥珀(こはく)いろにかがやき、黄金(きん)()えだしました。(をか)野原(のはら)もあたらしい(ゆき)でいつぱいです。
 雪狼(ゆきおいの)どもはつかれてぐつたり(すわ)つてゐます。雪童子(ゆきわらす)(ゆき)(すわ)つてわらひました。その(ほゝ)林檎(りんご)のやう、その(いき)百合(ゆり)のやうにかほりました。
 ギラギラのお()さまがお(のぼ)りになりました。今朝(けさ)青味(あをみ)がかつて(いつ)さう立派(りつぱ)です。日光(につくわう)(もも)いろにいつぱいに(なが)れました。雪狼(ゆきおいの)()きあがつて(おほ)きく(くち)をあき、その(くち)からは(あを)(ほのほ)がゆらゆらと()えました。
「さあ、おまえたちはぼくについておいで。(よる)があけたから、あの()どもを()こさなけあいけない。」
 雪童子(ゆきわらす)(はし)つて、あの昨日(きのふ)子供(こども)(うづ)まつてゐるとこへ()きました。
「さあ、ここらの(ゆき)をちらしておくれ。」
 雪狼(ゆきおいの)どもは、たちまち後足(あとあし)で、そこらの(ゆき)をけたてました。(かぜ)がそれをけむりのやうに()ばしました。
 かんじきをはき毛皮(けがは)()(ひと)が、(むら)(はう)から(いそ)いでやつてきました。
「もういゝよ」。雪童子(ゆきわらす)子供(こども)(あか)毛布(けつと)のはじが、ちらつと(ゆき)から()たのをみて(さけ)びました。
「お(とう)さんが()たよ。もう()をおさまし。」 (ゆき)わらすはうしろの(をか)にかけあがつて一(ぽん)(ゆき)けむりをたてながら(さけ)びました。()どもはちらつとうごいたやうでした。そして毛皮(けがは)(ひと)は一(しやう)けん(めい)(はし)つてきました。