〔さき立つ名誉村長は〕

   

   さき立つ名誉村長は、   寒煙毒をふくめるを、

   豪気によりて受けつけず。

   

   次なる沙弥は顱を円き、  猫毛の帽に護りつゝ、

   その身は信にゆだねたり。

   

   三なる技師は徳薄く、   すでに過冷のシロッコに、

   なかば気管をやぶりたれ。

   

   最后に女訓導は、     ショールを面に被ふれば、

   アラーの守りあるごとし。