タグ「苫小牧」が付けられている記事

「牛」詩碑アップ

 先週の5月21日に、苫小牧で除幕式が行われた「牛」詩碑を、「石碑の部屋」にアップしました。

「牛」詩碑(正面)

「牛」詩碑(背面)

 碑石は、幅2.7m、高さ1.3mもあるという立派なもので、日高産の蛇紋岩だそうです。独特の存在感のある形をしているので、題材の「牛」にちなんで、「これは大きな『ベゴ石』のようだなあ」と言っている人もいました。

 私は、前日土曜の夜遅くに飛行機で新千歳に着いて、その晩は苫小牧市にいる古い友人と一緒に、街のお寿司屋さんでホッキ貝やホッキカレーらツブ貝を食べて、当日の朝は、苫小牧名物という「ホッキカレー」を、駅の建物にある「カフェ駅」でいただきました。
 右の写真のように、ホッキ貝の身がゴロゴロとたくさん入ったカレーで、貝らしい歯ごたえも旨みも、心地よいものです。

 それから、賢治が夜に一人散策して「牛」を着想した場所と推測される、「前浜」地区へ向かいました。
 私はこの浜辺には、ちょうど10年前の2007年5月にも来たことがあったのですが、当時は幅の狭い砂浜しかなかったところが、今は「ふるさと海岸」と名づけられてきれいに整備され、広々とした砂浜も復活していました。

ふるさと海岸の遊歩道

 遊歩道沿いには、上のような「木柵」も設けられていますが、もちろん今は牧場の跡形もありません。

ふるさと海岸の砂浜

 ふるさと海岸から、除幕式の行われる旭町3丁目7まで歩いて戻ると、大通りに面した会場には、もうたくさんの人が集まっていました。

 右のような「除幕」に続いて、詩「牛」の朗読、詩に曲を付けた歌の披露、来賓の挨拶、用地を提供された不動産会社の社長さんへの感謝状贈呈などがあり、30分ほどで式は終わりました。
 この後、会場をグランドホテルニュー王子に移して、宮澤和樹さんの講演、宮沢賢治学会イーハトーブセンター代表理事の富山英俊さんや、地元で賢治に関する活動に取り組んでおられる方々によるシンポジウムがありました。コーディネーターの斉藤征義さんの、「一番好きな賢治の作品は何ですか?」という質問に、富山さんが「青森挽歌」を挙げられたのが印象的でした。

 ところで賢治が、苫小牧で夜の浜辺に出て、「海鳴り」に記されたような苦悩を体験したのは、1924年5月21日の晩でした。
 そしてその翌晩には、彼はもう室蘭港から青森へ向かう船中の人となっていたのです。前回「「〔船首マストの上に来て〕」の抹消」という記事に書いたように、「海鳴り」と「〔船首マストの上に来て〕」との間に賢治の心境の大きな変化があったとすれば、これは実質的には1日の間に起こったことだったわけです。

 この室蘭―青森航路のように、「夜をずっと船上で過ごし、目的の港に着く直前に夜明けを迎える」というのは、賢治にとってはその前年に宗谷海峡を渡った稚泊連絡船以来のことです。(修学旅行往路の青森―函館は、昼間の便でした。)
 稚内から大泊に渡った時の状況は、あの「宗谷挽歌」に一部が記されていたわけですが、9か月ぶりの夜の船上では、宗谷海峡における「挑戦」とはまた大きく方向性の異なった、心の動きがあったのでしょう。
 賢治の心境変化の上で、「宗谷挽歌」と同じ「夜の船上」という環境が、何か大きな役割を果たしたのではないかとも思ったりします。

 先日、苫小牧で拝見してきた「牛」歩道プレートを、「石碑の部屋」にアップしました。

 一方、現地苫小牧では、5月13日(日)から21日(月)まで、「宮沢賢治の見た大正時代の苫小牧写真展」が行われています。様々な資料から、当時の賢治が目にしたであろう大正末期の苫小牧の町の景色が再現されているということで、上記の「賢治プレート」の原画も、展示されているとか。私自身は、わずか10日ほどの違いでこれらを見られなかったのは残念です。
 会場は、苫小牧駅前プラザ「egao(エガオ)」の6階で、午前9時から見られるそうです。

 それから5月20日(日)には、最近は毎年恒例となっている苫小牧の「賢治ウォーク」が、午後1時から行われるそうです。83年前の、1924年5月21日夜の賢治の足どりをたどってみようという企画ですね。

 詳しくは、「ハンバ日誌」というページで、写真も含めて紹介されています。

富士館と中村牧場

 先日、苫小牧市立中央図書館で、「富士館旅館」と「中村牧場」の昔の写真をコピーしてきましたので、ご紹介します。

 「富士館」は、1924年5月21日に賢治らの引率する花巻農学校修学旅行生が宿泊した旅館で、苫小牧駅前にあり、当時の苫小牧町では最も大きな旅富士館旅館(大正4年)館だったということです。『苫小牧市史(下)』には、「昭和八年には苫小牧の旅館数は大小を合わせて二十軒を超えていたが、富士館を除いて立派な旅館は少なく木賃宿、馬宿程度のものが多かった。」との記載があります。
 右の写真は、『苫小牧市史(下)』に掲載されている大正4年時点の「富士館」ですが、賢治たちが訪れた大正13年には、もう少し立派になっていたという説もあります。

 敗戦後は一時、進駐軍の宿舎として接収されていた時期もありましたが、接収が解除され営業を再開してからは、旅館とともに高級食堂としても、苫小牧市民の人気を集めていたということです。
 しかし、1977年に駅前の市街地再開発事業によって、この場所は大規模商業施設「サンプラザ(現エガオ)」およびその駐車場となります。さらにその後、開業と同時に核テナントとして出店していたダイエー苫小牧店も、2005年には閉店・撤退してしまいました。
 時代とともに、「流転」を重ねた場所だったわけですね。

fujikan_t4.jpg 現在その場所は、駅前本通りの敷石(右写真)が示してくれているところによれば、下写真のような様子になっています。

 左側に見えるビルが商業施設「egao(エガオ)」、右に少しだけ見えている高いビルは、「グランドホテルニュー王子」です。
 宿泊業に関しては、苫小牧の老舗旅館は軒並み閉店していく中で、王子製紙グループの「グランドホテルニュー王子」と「プラザホテルニュー王子」という二つの大ホテルが、現在はこの街に君臨しているようです。

富士館跡地の駐車場


 次に、夜の散歩に出た賢治がたまたま浜辺で「エーシャ牛」を見かけて、作品「」を書くきっかけとなったと推定されている、「中村牧場」です。この牧場に関しては、『大苫小牧を囲繞せる人』(北海道平民新聞社)という1925年(大正14年)に出版された本に、下のような写真が掲載されていました。 右の楕円の中が、経営者の中村拙郎氏です。

中村牧場と中村拙郎氏

 この『大苫小牧を囲繞せる人』という本は、当時の苫小牧町の名士録のようなものなのですが、この中に「牧畜業 中村拙郎」の記事として、次のように人物紹介がなされています。

氏は明治八年鳥取縣は鱒掬ひの本場濱坂生れである。
明治十八年十一歳の折義兄に當る人が北海道空知郡江別に屯田兵として來道せるを頼り渡道したのである、二十八年戦役には従事して満鮮の野に馳駆した歴史もある。
苫小牧町沼ノ端に落ちついたは、爾来幾星霜を閲した三十八年であつた、同地に於て牧畜業に従事し、更に四十一年苫小牧に王子製紙の創設をみるに當り炯眼なる氏は其の前途の有望なるに着目し現在の地に轉住するに至つた、以來牧畜業の傍ら搾乳業を営み、逐年事業の増大を成しつゝある、資性温良、町有志として公共事業に儘瘁する處多大である。

 発刊が1925年であることからすると、上の写真が写されたのは賢治がやってきた時期とかなり近い頃と思われます。ここに牛は少なくとも11頭は数えることができて、実はこれまで私は、「一ぴきのエーシャ牛が…」という作品の冒頭から、囲いの中で牛が一頭だけ飼われている情景を何となく想像していたのですが、考えてみれば中村氏が「牛乳屋」を営むためには、牛一頭で成り立つはずはありません。「逐年事業の増大を成し」た氏は、当時すでにたくさんの乳牛を飼っていたわけですね。
 夜に賢治が目にした時には、他の牛は牛舎の中にいて、たまたま一頭だけが出てきて遊んでいたのでしょう。

 また、「」の下書稿(一)である「海鳴り」には、「黒い丈夫な木柵もある」との描写がありますが、上写真の左の方を拡大した下の画像で見えるのが、その「木柵」でしょうか。

中村牧場拡大写真

 ちなみに、「エアシャー(Ayshire)種」の牛とは、スコットランド原産の乳用種で、もともと貧しい草地と厳しい気候条件の原産地で育てられたため、体質は強健で耐寒性に優れていて、粗放な飼養管理にもよく耐えるので、高緯度の地域で比較的よく飼われていたということです。日本へは、明治11年に札幌農学校に輸入されたのが最初で、明治の末までは政府の奨励品種として普及していました。しかしその後、より乳量の多い「ホルスタイン種」が小岩井や北海道の大規模農場に導入され、大正年間には全国的にホルスタイン種の方が広まっていったということです(「畜産ZOO鑑」および「酪農今昔物語」参照)。
 賢治が中村牧場にやってきたのは大正時代も終わり近くですが、北海道の海辺の吹きさらしのような場所で飼育するには、やはりエアシャー種の方が適当だったのでしょう。

 あと、先日訪問した「サイロ」は、少なくとも上記の写真には見えません。『苫小牧市史』によれば、苫小牧では昭和初期以降、サイロ設置を奨励するために補助金制度などが設けられたということですから、あのサイロは賢治が訪れた後、昭和になってからできたのかもしれません。


 最後になりましたが、今回とり上げた「富士館」および「中村牧場」の写真の存在について、私は浅野清さんという方の「宮澤賢治の北海道紀行(その一)」という Web 上の文章によって知りました。ここに、浅野さんの詳細な調査に敬意を表させていただきます。

苫小牧~小樽

 朝、伊丹8時35分発千歳空港行きの飛行機に乗り、下北半島の弁天島や噴火湾の上を飛んで、10時20分に北海道に着陸しました。天気はやや曇りがちなのですが、札幌市内は20度を越えて、今年いちばんの陽気だということでした。

 千歳空港からJRに乗り、南千歳で乗り換えて、まず苫小牧に向かいます。苫小牧には、去年の暮れに「賢治の詩を刻んだ歩道の敷石」が設置されたということで、今回はまずこれを見学するためにやってきました。
 「詩碑」と同じように、石の面に作品テキストを刻みながらも、「つねに人の足に踏まれる」場所にあえて敷設されるというのは、賢治詩碑フリークとしてはややと微妙な思いもあって、数年もたつうちにはどんどん擦り減ってテキストが読みづらくなってしまうのではないかとか、ちょっと心配です。
 しかしきっと苫小牧市としての趣旨は、ことさら賢治を祀り上げるというのでなく、「この街の文化を足下から支えてほしい」というような思いをこめているのでしょうか?

 さて、苫小牧駅を降りると、駅からは「駅前中央通り」と「駅前本通り」が平行して南へ伸びているので、最初はどちらに「詩の敷石」があるのだろうかと迷いましたが、西にある細い方の、「駅前本通り」がそれでした。苫小牧市はこの道を、街の「シンボルストリート」として整備しているようで、他にもいろいろ真新しい標識が立っています。
「牛」歩道敷石 それで、歩道のあちこちに埋め込まれている賢治の詩を刻んだ敷石は、たとえば右のようなものです。これは、「春と修羅 第二集」の「」で、例の「一ぴきのエーシャ牛が・・・」という一節で始まっています。

 実は、そもそもこの「駅前本通り」に昨年末に設置された敷石群は、その大半は市内の子どもたちの名前と生年月日と「足形」を刻んだものなのです。ただ、その中に10枚だけ、賢治の詩を刻んだものがまぎれこむように敷設されているというのが実情で、この10枚を探して歩くだけでも、「宝探し」のような趣向を味わうこともできます。
 今回私はどうにか、10枚全部を見つけることができましたので、またそのうちに全てを「石碑の部屋」でご紹介したいと思います。
 ちなみにその10枚のうちで下の一つは、賢治がこの1924年5月、修学旅行の引率時に宿泊した「富士館旅館」のあった場所を示す敷石です。現在その跡地は、あまり風情のない駐車場になってしまっているようですが。
「富士館旅館跡」歩道敷石

 しばらく下ばかり見て歩いて歩道敷石を確認し終えると、この夜の賢治の足跡にも沿って、さらに南へ、海岸の方へと向かいました。

 駅から海までは1.5kmほどです。そしてこの海岸こそ、賢治が「」や、その先駆形である「海鳴り」をスケッチした場所なのですが、この時に賢治が偶然目撃した「エーシャ牛」について、2004年4月13日付け「苫小牧民報」には、興味深い記事が載っていました。この頃、海岸近くで実際にエーシャ種の牛を飼っていた「中村牧場」およびその牛乳店が実在していて、その牧場跡を記念するかのように、当時のサイロが現在も残されているというのです。

「中村牧場」サイロ跡 「苫小牧民報」の記事を頼りに、海岸近くの住宅地をしばらく歩いてみると、右写真のような「サイロ」が見つかりました。これは、その頃の実物のサイロのままでは倒れる危険があるので、高さは短く切って、とんがり屋根を載せた、「ミニサイロ」になっているということです。
 しかし、わざわざ後継者の方がこのようにして保存しておいてくれたおかげで、80年以上前に賢治が「牛」を目撃したおおよその場所が、現在も確認できるわけです。詩を読むと、当時はほとんど海辺だったようですが、現在は海岸から数十メートルほど内陸になっています。
 ちなみに下の画像は、Google Map の衛星写真によって、このサイロの円い屋根が、どうにかとらえられているところです(赤いピンの場所)。左上のボタンでズームアウトしたり、マウスでドラッグしたり、右上のボタンで地図表示に切り替えたりすることもできますので、「牧場」のあった位置をご確認下さい。

 サイロを見届けると、この後は海岸に出て、地響きのような「海鳴り」を体験しました。連休らしく、浜辺でバーベキューをやっている人たちもいましたが、強風の中で大変そうです。

苫小牧の海鳴り

 それからまた街へ戻って、苫小牧市立中央図書館に行き、大正時代の旅館「富士館」の写真や、昔の「中村牧場」の写真をコピーしてきました。これらは、また近いうちにここでご紹介させていただきます。

 午後3時前に苫小牧を後にすると、賢治の修学旅行とは逆のコースをたどって、JRで小樽へ向かいました。
 小樽というと、最近は寿司が名物のようです。街には、「寿司屋通り」という通りまであります。
 お店では、月並みですが「うに」や「いくら」が、何と言っても私などがふだん口にするようなものとは代物が違い、春のシャコや、珍しい「金目鯛のヅケ」などのネタも美味しかったです。

小樽「伊勢鮨」