タグ「花巻温泉」が付けられている記事

川村湊『温泉文学論』

 年末に出た、『温泉文学論』(川村湊著)という本を読みました。

 温泉文学論 (新潮新書 243)  温泉文学論 (新潮新書 243)
 川村 湊

 新潮社 2007-12
 売り上げランキング : 73314
 Amazonで詳しく見る

 「温泉文学」などというジャンルがあるのか、などと難しいことは考えずに頁を開いていくと、各章ごとに、「尾崎紅葉『金色夜叉』…熱海(静岡)」、「川端康成『雪国』…越後湯沢(新潟)」などと、作家とその作品の題材となった温泉が取り上げられています。そしてその中の「第四章」が、「宮澤賢治『銀河鉄道の夜』…花巻(岩手)」になっているのです。

 と言ってもこの章では、童話「銀河鉄道の夜」について述べられているのではなくて、章全体の叙述形式が、あの「午后の授業」の教室において、先生がジョバンニやカンパネルラなどの生徒たちに授業をしている語り口になっている、という趣向です。
 内容は、大正時代の花巻において、鉄道や温泉・遊園地が建設されるに至った状況を簡潔にまとめた後、この「花巻温泉」と宮澤賢治の因縁が紹介されます。賢治の作品としては、「〔こぶしの咲き〕」(「詩ノート」)、「〔歳は世紀に曾って見ぬ〕」(「文語詩未定稿」)、「悪意」(「春と修羅 第三集」)、「〔ちぢれてすがすがしい雲の朝〕」(「詩ノート」)などの作品を紹介・引用して、賢治が花巻温泉に対して抱いていた複雑な心理が解き明かされていきます。
 そして、最後では賢治の思想や行動に関しても、著者なりの総括と時代への位置づけがなされています。

 この著者の作品では、以前に『異郷の昭和文学―「満州」と近代日本―』(岩波新書)という本を、興味深く読んだことがありました。
 今回の本は、それよりもっと気楽に読めて、各章の末尾には、【本】とか【湯】とか【汽車】とか、その作品が掲載されている書籍や当該温泉の説明、温泉へのアクセスなどを紹介するコラムも付いています。著者はこの本を書くにあたって、「取りあげる温泉に必ず一度は行く」というルールを作って執筆したそうで、そういう臨場感も漂ってきます。
 本書のカバー見返しに書かれているコピーによれば、「本をたずさえ、汽車を乗り継ぎ、名湯に首までつかりながら、文豪たちの創作の源泉をさぐる異色の紀行評論」となります。

 それこそ、温泉旅行の鞄の中に入れておいて、汽車の中ででも読むのにちょうどいい感じの本ではないでしょうか。

 「双子の星」ならぬ「双子の碑」というお題ですが、まずは下の二つの石碑をご覧下さい。

双子の碑

 左側は、昔の花巻農学校跡=現在の「ぎんどろ公園」にある、賢治の「早春」詩碑、右側は、花巻温泉敷地内にある「金田一國士頌」碑です。後者の碑面に刻まれているのは、高村光太郎による下記の詩です。

  金田一國士頌
歳月人を洗ひ
人ほろびざるは大なるかな
人事茫々
たゞ遠く後人に貽(のこ)すところのもの
その人を語る
開鑿の雄
今は亡き彼を懐ふこと多時

 さて、上の二つの碑石をぱっと見ていただくと、何となくその形が似ているではありませんか。子細に見ると、上辺の片方の角は鋭角にとんがっていて、反対側の角は凹型にえぐれているところなど、この二つの石の形は、ちょうど鏡に映したように左右対称になっています。
 それもそのはずで、実はこの二つの石碑は、一つの岩を半分に切ったそれぞれの片割れでできているんですね。
 つまり、「一卵性双生児」の石碑というわけです。

 これらの碑が「双子」として生まれた経緯について、今日は少し調べてみました・・・。


金田一國士 金田一國士(1883-1940,右写真)は、盛岡銀行頭取として大正から昭和初期にかけての岩手県財界を牛耳り、「風雲児」とか「天才的事業家」とも言われて、一世を風靡した人物です。岳父の金田一勝定の存命中は、勝定が一代で興した鉄道・電気・金融関連の事業を助け、1920年に勝定が死去すると、翌年に岩手軽便鉄道株式会社・盛岡電気工業会社など35の会社の社長に就任し、この年のうちに盛岡電気工業会社は花巻電気会社を吸収合併するなど、積極的な拡大策に打って出ます。
 これが、「岩手軽便鉄道の始点である花巻に、さらに新たな電気鉄道を敷設して、一大レジャーランドを創る」という計画のスタートでした。
 間髪を入れず國士は、台温泉の東に造成する新遊園地の設計を長岡安平に依頼し、設計図ができあがるやただちに建設にかかって、1923年に引湯施設と浴場、旅館(花盛館)を完成させ、ついに1925年には花巻温泉電気鉄道が開通しました。種々の遊興施設と交通路をセットに出現した新歓楽地「花巻温泉」は、1927年に東京日日新聞・大阪毎日新聞が全国から募集した「日本新八景」において、見事に第一位を獲得するまでに至ります。
 これらに対して賢治は、巨費を投じた開発に対して複雑な感情を抱きながらも、1924年に農学校寄宿生とともに大通り並木に桜の苗木を植え、1927年には元教え子の冨手一に請われて、「南斜花壇」の設計と植え付けも行っています。

 このような事業の成功によって、一時は「金田一閥ならずば人ならず」とまで囁かれたほどの権勢を誇った金田一國士でしたが、その絶頂において運命は突然急転回しました。1927年の「金融恐慌」の余波もおさまらぬ中、1931年に青森の銀行で起こった取り付け騒ぎが飛び火して、岩手県内の盛岡銀行、岩手銀行、第九十銀行はドミノ式に支払い停止・閉鎖に追い込まれます。
 大蔵省や日本勧業銀行からの支援も得られずに、巨大な金田一財閥が一挙に破綻した背景には、金田一家とつながりの深かった岩手出身の原敬(政友会)と、その政敵である憲政会の安達謙蔵内務大臣の確執があったという説もありますが、この後グループ総帥の金田一國士は、背任・業務上横領で起訴され、懲役二年の判決を受けます。
 これはホリエモンどころの騒ぎではなくて、当時の岩手県では驚天動地の大事件だったことでしょう。賢治の森佐一あて1933年3月の書簡[467]には、次のような一節があります。

易昨夜叔父が来て今日金田一さんの予審の証人に呼ばれたとのことで、何かに談して行きました。花巻では大正五年にちやうど今度の小さいやうなものがあり、すっかり同じ情景をこれで二度見ます。易の[右図→]といふ原理面白く思ひます。

 『新校本全集』の書簡集の注釈によれば、ここで賢治が「金田一さん」と呼んでいるのは、國士の弟の金田一光らしいですが、晩年の賢治は、目の前で権力者たちが没落していく様子を見て、人間の運命というものに対して何かの感慨を持ったのでしょう。

 病にかかった國士は、晩年になってからも再び岩手の地を踏むことはなく、1940年2月に、東京の自宅で近親者に看とられて息を引きとりました。


 さて、花巻温泉にある「金田一國士頌」碑の話に戻ります。
 結局いろいろあったにしても、金田一國士という風雲児は地元岩手では、「開発の雄」として讃えられ、尊敬を受けつづけていた面はあったようです。
 時代はその後、戦争一色に塗りつぶされていきましたが、終戦を迎え、戦後の混乱も一段落した1950年、旧花巻農学校の一角に賢治の「早春」という詩の碑が建立されました。

 ちょうどこの年が、金田一國士の没後十周年にあたり、また彼が心血を注いだ岩手軽便鉄道が国鉄釜石線として全通する年でもあったため、花巻温泉では、その温泉の創設者である金田一國士を顕彰する碑を建てようという計画が持ち上がりました。その碑文は、当時まだ花巻に疎開していた高村光太郎に書いてもらおうという素晴らしい案が出されましたが、大詩人に対して唐突な依頼をしようにも、会社として適当なコネがありません。
 そこで担当者は、光太郎の疎開の世話をした宮澤政次郎氏に相談して、何とか仲立ちをしてもらおうとしました。しかし、政次郎氏の答えは、次のようなものでした。

 高村先生と深くお付き合いしている私もまだ、一字も書いていただいたことはない。あなたのお願いはとても無理でしょう。しかし、こう言ってみるのもいいことかもしれませんね。あの芭蕉も藤原氏を知らないのに、「夏草や兵どもが夢の跡」の名句を詠みました。先生も岩手県に来られた思い出に、後世に残るものを作って下さい、と頼んでみなさい。

 花巻温泉に勤める瀬川政雄という社員が、政次郎翁の上のような言葉を胸にして、初対面の光太郎を高村山荘に訪ねたのは1950年6月、ひたすら畳に額をこすりつけて「お願い」をしたところ、黙って耳を傾けていた光太郎は、意外にも快諾してくれたのだそうです(『花巻温泉物語』(熊谷印刷出版部))。

 それから急いで碑の製作準備が始められ、高村光太郎も出席して「金田一國士頌」碑の除幕式が行われたのは、釜石線開通式の2日前にあたる、1950年10月8日でした。
 その碑石として、賢治の詩碑の片割れが用いられた理由については、上の本にもあまり書かれていません。しかし私が思うには、6月に建立を決定して10月の完成に間に合わせるためには、新しい碑石を一から探して選んでいるだけの時間的余裕がなかったので、たまたま数ヵ月前に建立された賢治詩碑の残りの石材に目を付け、あえてそれを利用させてもらったということなのではないかと推測しているのですが、どんなものでしょうか。

 下の写真は、この碑の除幕式の時のものです。前列中央左よりに座っている和服の年輩女性が、國士未亡人の金田一リウと思われます。その左隣は、高村光太郎ですね。

「金田一國士頌」除幕式

 今月の25日・26日には、賢治学会の冬季セミナー「宮沢賢治と温泉 II」が開かれますが、もしも花巻温泉に行かれたら、旧松雲閣からさらに少し奥に行った左手、「収蔵館」という土蔵の横に、この碑は立っていますから、どうぞご覧下さい。

 宮沢賢治学会イーハトーブセンターから、今年の冬季セミナーと来年の春季セミナーの案内が届きました。

 冬季セミナーは、11月26日(土)~27日(日)に花巻のイーハトーブ館において、「東北砕石工場と宮沢賢治」というテーマで行われます。1日目には、当時の工場長鈴木東蔵氏の四男である鈴木豊氏のお話、2日目には『宮沢賢治 東北砕石工場技師論』などの著書のある佐藤通雅氏の講演、最後に水沢市の国立天文台水沢観測所へのバスツアー、という構成です。

 春季セミナーは、2006年3月25日(土)~26日(日)に花巻温泉の「千秋閣」において、「極東ビヂテリアン大祭 ~宮沢賢治と温泉~」というテーマで行われます。1日目には、シンポジウム「リゾートとしてのイーハトーブ」、花巻温泉「松雲閣」の特別公開、2日目にはシンポジウム「ベジタリアン宮沢賢治 ―イーハトーブの豊かな雑穀文化」が行われます。

 奇しくもどちらのセミナーにも、賢治にゆかりがあってもうすぐ取り壊される予定の建物を、最後に見ておこうという企画が入っています。冬季セミナーの方では、水沢の「旧緯度観測所本館」、春季セミナーの方では、花巻温泉の旅館「松雲閣」です。

 旧緯度観測所の方は、私は数年前に列車の待ち時間を利用して、水沢駅から急いで行ってみようとしましたが、時間がなく途中で引き返した、という記憶があります。
松雲閣本館 松雲閣に関しては、来年に取り壊しになる建物は、当初は「松雲閣別館」として建てられたもので、最初に建てられた本館(右写真)は、すでに1979年に解体されています。
 賢治の「一九三一年度極東ビヂテリアン大会見聞録」という作品中に登場する「松雲閣」は、はたして本館か別館かどちらだったのでしょうか。作品を見ると、賢治は実際に建物の中に入ったこともあるような感じですね。
 また以前私は、賢治が文語詩「林館開業」という作品で風刺したのは、この「松雲閣(本館)」のことではないかと考えてみたことがありました

 ということで、どちらのセミナーもおもしろそうなのですが、私はスケジュール上いずれも参加はむずかしそうで、残念です。