タグ「牧馬地方の春の歌」が付けられている記事

外山を歩く

 朝は少しゆっくりしてから、盛岡駅前を9時40分発のJRバス「早坂高原線」に乗りました。現在、公共交通機関で外山に行くには、このバスが唯一の手段のようです。こちらに掲載されている時刻表のように、盛岡から龍泉洞まで、1日4往復の路線です。また、こちらのすごいページからリンクをたどると、この路線のすべての停留所近辺の写真を見ることができ、私も今回の計画を立てるにあたって、とても参考にさせていただきました。

 駅前のバス乗り場に行くと、さすがに連休だけあってすでに長い行列ができていて、発車時には観光バス用の大型車両が満員です。バスは、開運橋を渡り、北山の清養院の前も通り、盛岡市の北へ抜けていきます。
 しだいに山道に入り、「玉山大曲」というバス停を過ぎると、道はつづら折りのカーブになり、時々後方に遠く盛岡の市街が見える所もありました。作品「有明」に描かれたのは、このような場所のどこかで夜明け頃に、賢治が後ろを振り返り、盛岡の街を眺めた情景なのかと思います。

 10時半頃に「外山ダム森林公園」のバス停に着き、私はここで降りました。大勢の乗客のうちでも、外山で降りるのは私一人だけで、大半の人は「岩洞湖」や「龍泉洞」まで行くようです。
 さて、「外山ダム」というのは下の写真のような感じで、高原の西の端の部分に、ダムによる人造湖ができています。このダムができたのは1943年ということですから、もちろん賢治の時代には、まだ存在していません。

外山ダム

 つまり、外山があれほど好きだった賢治も見ることのなかった景色ですが、湖の周りの道を行くと、白樺林の合間から湖水が見えて、これはこれで風情のあるものです。

 ここから国道455号線を東に向かって歩いていったのですが、途中、道ばたの「大野平湿原」というところにミズバショウの群落があったり・・・、

大野平湿原のミズバショウ

牛がいたり・・・、

外山の牛

茅葺きの農家があったり・・・、などなど、さすがに周囲の景色を眺めているだけでも興味は尽きません。あたりの山々は、なだらかな丘陵状をなしていて、木が伐採された牧草地もあちこちに広がっています。

 さて、そうこうするうちに、「岩手県畜産試験場外山分場」に着きました。

岩手県畜産試験場外山分場

 ここは、1879年(明治12年)に、後の盛岡農学校の獣医学舎が設置された場所だということで、敷地内には「岩手県立盛岡農業高等学校 発祥の地」との石碑も建っていました。賢治のいた花巻農学校の、年の離れた兄貴分ですね。

 中を一回りして、また国道を東へ歩いていましたが、ふと足もとの小さな水たまりを見ると・・・、

おたまじゃくし

体長せいぜい1cmくらいの、いま孵化したばかりのようなオタマジャクシが、何百匹という単位でひしめきあって泳いでいました。賢治による外山の描写には、よく「つるんだ蟇」が出てきますが、賢治より季節が遅いせいか、その少し後の段階まで進んでいるわけですね。

 この後、外山小学校の前も、盛岡市役所藪川支所の前も過ぎ、「蛇塚」のバス停に着いたのが、午後1時頃でした。外山ダムからは、約8kmです。ここからは国道を離れて右折して「開拓農道蛇塚線」に入り、「北上山地の春」に描かれた、「種馬検査所」のあったあたりを目ざしてみます。
 「大石川」という小さな川と交叉しながら遡りながら、農道はやや開けた牧草地を進みました。そして、池上雄三氏の『宮沢賢治 心象スケッチを読む』(雄山閣)や、『外山御料牧場沿革誌』(国会図書館近代デジタルライブラリー)を参考にすると、下のあたりの平地のどこかに、その昔には御料牧場の事務所があり、「種馬検査所」もあったのだろうと思われます。

蛇塚

 「種馬検査」とはどういうものかということについては、「牧馬地方の春の歌」の説明の項もご参照下さい。今は、当時を偲ばせる建物は残っていないようですが、賢治がここを訪れた1924年4月20日、着飾ったたくさんの馬たちが、農家の人々に連れられてこのあたりに集まってきて、「にぎやかな光の市場」の活況を呈していたと思うと、感慨もひとしおです。
 私はここで、「牧馬地方の春の歌」も聴いてみたくなります。

「牧馬地方の春の歌」(bokuba_v1.mp3) 4.44MB


 さて、ここからは、折り返して帰路につきます。まだ帰りのバスまではしばらく時間があったので、道ばたで腰掛けて本を読んで、午後3時すぎに蛇塚停留所から盛岡行きのバスに乗りました。
 ただ、このバスで直接盛岡までは帰らずに、途中の「大堂」という停留所で降ります。当時、賢治が歩いて外山へやって来た時に通った旧道というのは、現在はほとんど廃道となっているようですが、これも池上雄三氏の『宮沢賢治 心象スケッチを読む』によれば、この大堂のあたりに、その旧道が比較的わかりやすい場所があるというのです。
 はたして、大堂のバス停のすぐ脇には、国道から南側の沢の方に降りていく細い道があり、それは最初は舗装されていたものの、何百mか行くと藪の中の雑草の生い茂る道となり、さらに行くとふと目の前には、「野田街道一里塚」という立て札と盛り土が現れました。

野田街道一里塚

 以下、「盛岡市指定史跡」と書かれた上の立て札の説明文から。

 盛岡-野田間の野田街道の一里塚は、城下鍛冶町の原標を起点とし、6町1里制によって7里ごとに築造されたので、七里塚ともいわれ、その築造年代は慶長15年(1610)頃と伝えられている。
 野田街道は塩の道として利用され、内陸と沿岸地方を結ぶ重要な街道のひとつであった。街道は険しい山道を通るため牛が使われ、街道筋には牛方宿や水飲場などがあり、交易の場としても使われていた。

 ということで、賢治もおそらくこの道を通ったのでしょうし、池上雄三氏は、このもう少し先で、「〔どろの木の下から〕」に出てくる「水きね」の古くなったものを見つけたということです。

 しかし私は先を急がないといけないのでここから引き返し、また国道に出てバス停一つ分を歩き、「外庄ヶ畑」というところから、左に折れます。
 ここから2kmほど南に、「米内浄水場」があって、その名物の桜が、まだ見られるらしいのです。

 浄水場に着いた頃にはもうかなり日は傾いていましたが、下写真が米内浄水場の、「ヤエベニシダレヒガン群」の桜です。

米内浄水場のしだれ桜

 場内は、上のような見事なしだれ桜が林のように立ち並び、かなり壮観を呈していました。時おり風が吹くと、花吹雪が舞い起こっていました。
 この浄水場は1934年(賢治の死の翌年)に完成したという歴史ある施設て、昭和初期らしいレトロな建物も、なかなか素敵でした。ここで、外山方面から流れてきた川の水は、浄化されて盛岡市の上水道となるのです。

 桜を堪能して浄水場を出ると、JR山田線の「上米内」駅が目の前です。

JR上米内駅

 また駅のベンチでまたしばらく本を読んでから、17時47分に盛岡行きの列車に乗り込みました。


 そして、ホテルの部屋に戻っても、今日は一日ぜいたくな時間をすごしたという感覚が残っています。光あふれる外山の自然、なだらかに続く丘々の眺望は、深く私の印象に刻まれました。

「牧馬地方の春の歌」アップ

 「歌曲の部屋」に、「牧馬地方の春の歌」を追加しました。

 この歌の旋律は、先日も触れたようにイッポリトフ=イワーノフというロシアの作曲家による組曲『コーカサスの風景』の中の終曲、「サルダールの行進」に由来しています。以前は、「酋長の行進(行列)」と訳されるのが一般的だったようですが、「サルダール」という言葉は「軍司令官」という感じの意味だそうで、最近はそのまま「サルダール」とされることが多くなっています(参考「『コーカサスの風景』の概要」)。

 今回の歌曲ファイルは、作曲家のスコアをそのまま MIDI に打ち込んで作ったオーケストラ演奏に、‘VOCALOID’で作成した歌声を重ねたものです。5分に満たない小曲とは言え、オーケストラの各楽器の音符を逐一入力し、それぞれに音量やニュアンスを付けていくという作業は、かなりの手間を要しました。
 しかし一方で、画家がパレットの上で絵の具を混ぜ合わせるように様々な音色の配合を楽しんだり、離れたところから曲全体を眺めてみてその均衡を調節したりすることには、まるでオーケストラの指揮者になったような楽しみもあります。

 歌の付いた部分は全曲の4分の1ほどで、割合としては大半をオーケストラによる「間奏」が占めることになっています。どう構成するか迷いましたが、結局は賢治が聴いていたSPレコードを追体験してみる意味でも、全部をそのまま演奏ファイルにしてみました。
 間奏部分からは、賢治が「にぎやかな光の市場」と表現した雰囲気さえ感じとれるような気がしますし、いちばん最後の幕切れのところには、「めぐるい」感じがよく出ているではありませんか(笑)。

「めぐるい」という形容詞

「牧馬地方の春の歌」「浮世絵 北上山地の春」(下書稿(一)) 先日、「牧馬地方の春の歌」の、「たのしくめぐるい春が来た」という箇所について疑問を書いたところ、「新校本全集」編集委員の杉浦静さんから直々にコメントをいただき、私の蒙を啓いて下さいました。
 「めぐるい」というのは、「めぐる」という動詞の誤記ではなくて、確かに賢治が意識的に用いている形容詞でした。この作品の前身である「北上山地の春」逐次形でも、「めぐるく」という形で二度にわたり記入されていますし(左写真)、「牧馬地方の春の歌」に関しては、右写真のように、やはり明らかに「めぐるい」と書かれています。
 また、「春と修羅 第三集」の「」という作品においても、「まるめろの香とめぐるい風に」と、記されています。
 左の草稿写真は、杉浦さんが別便のメールで送って下さった、賢治自筆草稿のコピーの一部です。

 そこであらためて、原子朗著『新宮澤賢治語彙辞典』を引いてみたところ、ちゃんと「めぐるい」という見出しがあって、「意味不明の語だが、花巻地方の方言にもなく、めぐる、めまぐるしい、めくるめく等の語に近い賢治の造語かと思われる」と、説明が付けられていました。
 これまでにも、これは多くの研究者がきちんと検討しておられた事柄だったのですね。

 それにしても、「めぐるい」という聞き慣れない言葉がいったいどういうものなのか、はたして本当に賢治の造語なのか、私もこれを機会にちょっと古語辞典などを調べてみました。すると、「まぐる(目昏る・眩る)」という下二段活用の動詞に行き当たりました。意味は、「目がくらむ」ということです。
 「ま」は、「まぶた」「まなこ」という言葉に残っているように「め(目)」の古形ですから、これはひょっとすると「めぐるい」という形容詞と関係があるのかもしれません。もしそうだとすると、小沢俊郎氏が「新修全集」月報において、これを「まばゆい」の意か、と注しておられるという解釈に近くなります。

 いずれにせよ、懇切なコメントと資料を下さった杉浦静さんには、心から感謝申し上げます。

「牧馬地方の春の歌」

 昼間に楽器屋へ行って、イッポリトフ=イワーノフ作曲の管弦楽組曲「コーカサスの風景」のポケットスコアを買ってきました。マイナーな曲かと思っていましたが、「日本楽譜出版社」というところから、ちゃんと日本語版の楽譜が出ているんですね。最近は耳にする機会も少ないですが、昔は日本でもそれだけポピュラーな曲だったのでしょう。

 賢治も、この曲のSPレコード(L.ストコフスキー指揮フィラデルフィア管弦楽団)を持っていました。そして、その組曲第4曲「サルダールの行進」のメロディーを替え歌にして、「牧馬地方の春の歌」として歌っていたのです。歌詞は、1924年4月に夜を徹して歩き、外山高原に行った時の関連作品ですね(「外山詩群」参照)。
 私としては、いつかそのうちこの歌曲も DTM で演奏して、「歌曲の部屋」に入れたいと思ってスコアを買ってきたのですが、イッポリトフ=イワーノフというロシアの作曲家は、かのリムスキー=コルサコフの弟子というだけあってオーケストレーションはなかなか煩雑、これを忠実に再現しようとすると、かなり時間がかかってしまいそうです。
 しかし、次の目標はこの曲として、時間がある時に少しずつ作成していくことにします。

 ところでこの作品に関連して、大したことではありませんがちょっと気がついたことを二つ。

 まず、作曲者の名前は通常のアルファベットで綴ると‘Ippolitov-Ivanov’となりますが、この‘Ivanov’というのが、見た感じ‘Ihatov’とそっくりです。
 ‘Ihatov’は、「岩手(Ihate)」をもとにした賢治による造語と言われていますが、語尾を‘-ov’とするのは、いかにもロシア語的ですね。賢治がこのSPレコードを持っていたのは前述のとおりで、そのジャケットの‘Ivanov’という文字も見ていたはずですから、ひょっとしてこのあたりからも、造語のインスピレーションが来ていたりして。

 もう一つ、「牧馬地方の春の歌」のテキストには、「たのしくめぐるい春が来た」という一節があります。この「めぐるい春」の「い」というのは、何なのでしょうか。
 Web上には、「『い』は体言や活用語の連体形の下に付いてその語を強くきわだたせるための間投助詞」という説もありますが(「宮澤賢治の作詞」)、あまりしっくりきません。
 常識的には、「たのしくめぐる春」と書くべきところを賢治が誤記したとも思えますが、「【新】校本全集」でそのように校訂されていないところを見ると、編集委員は誤記とは考えておられないのでしょう。どなたかご存じの方がおられましたら、ご教示いただければ幸いです。
 ちなみに、この「牧馬地方の春の歌」のもとになった作品である「浮世絵(下書稿(一)第一形態)」には、「たのしくめぐるいちれつ丘をのぼります」という一節があり、たまたま「たのしくめぐるい」というフレーズが出てくるのですが、これの写し間違いとか・・・。