タグ「演劇」が付けられている記事

『天使猫―宮澤賢治の生き方―』

 ちょうど82年前の今日、賢治が手帳に「〔雨ニモマケズ〕」を書き付けたという縁のある日に、渡辺えりさんの率いる「オフィス3○○」の公演『天使猫―宮澤賢治の生き方―』を見てきました。東日本大震災を受けて、渡辺さんが2011年に書き下ろしたという作品を、やはり震災に遭った西宮市にある兵庫県立芸術文化センターで体験するという、これもめぐり合わせ。
 トシを演じた大和田美帆さんは、昨年11月にやはりこの兵庫県立芸術文化センターで、井上ひさし『イーハトーボの劇列車』でトシを演じておられましたので、ちょうど1年ぶりの再会です。

 全篇を堪能して、やはり今さらながら、宮澤賢治という人の稀有な「生き方」に対して胸が詰まるような思いがこみあげてくるとともに、作中にたくさん散りばめられた賢治の「言葉」の力を、ひしひしと感じました。
 渡辺えりさんの、賢治に対する深い造詣と共感とに裏打ちされたドラマでした。

 今後の公演予定は、下記のようになっています。もしも時間とお席がありましたら、足を運んでみられてはいかがでしょうか。

11月 5日(水)19時 金沢市 北國新聞赤羽ホール
11月 8日(土)14時 山口市 山口情報芸術センター スタジオA
11月 9日(日)14時 同上
11月11日(火)19時 宮崎県三股町 三股町立文化会館
11月24日(月)18時 愛知県長久手市 文化の家 森のホール
11月27日(木)19時 福島県南相馬市 市民文化会館
11月28日(金)19時 仙台市 日立システムズホール仙台
11月30日(日)13時 山形市 シベールアリーナ
           17時 同上

 11月1日には石巻市に特設された屋外テントで公演されたということですが、11月27日のトシの命日には福島県の南相馬市、そして30日の千秋楽は、渡辺えりさんの出身地である山形公演で打ち上げなんですね。

 会場で販売していたパンフレットには、まだ来日して間もないロジャー・パルバースさんが、1971年に比叡山延暦寺の賢治歌碑前で、宮澤清六さんや賢治研究者の堀尾青史さん、歌碑建立の中心となった延暦寺長?の葉上照澄さんらと一緒に撮影した記念写真が「世界初公開」として載せられていて、これも個人的には嬉しかったです。

あかいきつねと・・・

 とある小学校の学芸会で、私がこのサイトにアップしている賢治歌曲も使って、宮澤賢治に関する創作劇を上演されたそうです。先生自らが台本を書いて、連日みんなで熱心に練習を重ねたということですが、先日無事に公演が終わったと、お知らせをいただきました。
 あらかじめ台本も送っていただいていたのですが、これがたいそう面白いもので、たとえば、登場する子供の一人がうろおぼえのままに「星めぐりの歌」を歌おうとして、たしか「赤い・・・」で始まっていたな、ということを思い出し、「赤い、きつねと、みどりのたぬき・・・」と歌ってしまうとか、です。(^^)

 下の写真は、現代の子供らしくパソコンで賢治のことを検索しようとしていると、画面になんと賢治本人が登場して、子どもたちの質問に答えているところです。

「イーハトーブの旅人2007」

夢幻月「銀河鉄道の物語」

 3月に岡山市で、「劇術工房 夢幻月」という劇団による、「銀河鉄道の物語」(原作:宮沢賢治/脚色:遊雲)という公演が行われるそうです。詳しくは、夢幻月のサイトに案内が掲載されています。

 上記サイトのトップページ左側メニューの中の、「公演案内」をクリックすると、劇の予告ムービーが流れはじめますが、じつはこれは先月、劇団の方がこのFLASHを制作するにあたって、私が「歌曲の部屋」にアップしている「星めぐりの歌」の歌声をBGMとして使わせてもらえないかとの依頼があり、もちろん当方は快諾しましたので、先日できあがったという作品なのです。
 絵も星空の画像も幻想的で、とても美しいFLASHですので、皆様ぜひご覧ください。

「銀河鉄道の物語」

 1921年12月に農学校教諭となった賢治は、保阪嘉内あての手紙にも「芝居やをどりを主張して居りまする」と書いていますが、翌1922年9月に生徒たちによる劇「飢餓賢治自作招待券陣営」を、1923年5月の花巻農学校開校式には「植物医師」「飢餓陣営」を自らの演出で上演し、さらに1924年には、8月10日~11日の2日間にわたって、「飢餓陣営」「植物医師」「ポランの広場」「種山ヶ原の夜」の4本立て公演を行いました(右写真は賢治自作の招待券)。
 当日は8月10日だけでも約300名の観客を集め、11日には賢治自身の家族や友人も招待して、大好評のうちに幕を閉じました。公演終了後に賢治と生徒たちは、用いた舞台道具をすべて校庭に持ち出して火を付け、炎のまわりで一緒に狂喜乱舞した、ということです。

 ところが、その後まもない9月3日に、当時の岡田良平文部大臣は、学校での演劇上演は「質実剛健の気風に反する」として、事実上の「学校劇禁止訓令」を出したのです。
 このことが賢治に与えたショックは、はかりしれないものでした。「秋と負債」(9月16日)という作品には「ポランの広場の夏の祭の負債」をかかえて茫然と立ちつくす作者の姿が描かれ、「〔南のはてが〕」(10月2日)、「昏い秋」(10月4日)など、これ以後の作品には悲観的で憂鬱な気分が持続します。学校で劇を上演できなくなったことが、1年半後に農学校を退職する要因の一つとして関係があるのではないかとも言われるほどです。

 「産業組合青年会」「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」という作品がスケッチされた1924年10月5日というのは、前後関係からしてこのような時期だったのです。そして、先日触れたように、ここで後者の下書稿(一)の推敲過程において、「山地の〔神〕〔?〕を/舞台の上に/うつしたために」という字句が現れたのです。
 この「山地の〔神〕〔?〕を舞台の上にうつした」というのは、約2ヵ月前に上演された劇「種山ヶ原の夜」において、「楢樹霊」「樺樹霊」「柏樹霊」「雷神」という神々を舞台の上で生徒たちが滑稽に演じたことを指しているのではないかと、私は思うのです。劇の中では、樹霊が「天の岩戸の夜は明げで 日天そらにいでませば 天津神 国津神 穂を出す草は出し急ぎ 花咲ぐ草は咲ぎ急ぐ」などという変わった「神楽」を歌ったりもします。

 この10月5日、何らかの会合に呼ばれて講演を行った賢治は、終了後の懇談の中で、8月に生徒が演じた劇で「神」を戯画化してユーモラスに登場させたことを、不謹慎だとして出席者から批判されたのではないでしょうか。
 「祀られざるも神には神の身土がある」とは、「樹霊や雷神などというのは神社に祭祀されているわけではないが、それでも「神」としての身分と本来おわすべき場所があるのだから、それを学校の舞台に上げて笑いの対象にするなど、許しがたい冒涜だ」、という趣旨の発言だったのではないでしょうか。また、「わたくしは神々の名を録したことから/はげしく寒くふるえてゐる」とは、このように賢治が神々の名を学校劇の台本に書いて演じてしまったために、それを周囲から批判されて苦しんでいる、ということなのではないでしょうか。

 会合は、花巻から少し離れた日詰あたりで行われたようですから、この時の参加者に農学校の劇公演を見ていた人があったとすると、それは生徒の父兄だったのではないかと思われます。また、そのようなコネがあったことで、この日の会合に賢治が招かれたという経緯なのかもしれません。
 いずれにしても、前月の「学校劇禁止令」によって落ち込んでいた賢治にとって、この日またこのように批判されたとすると、それはまさに「弱り目にたたり目」だったでしょうし、劇の内容には自信を持っていたであろう賢治にとっては、その自負をも傷つけるものだったでしょう。

 じつは私はこれまで、「祀られざるも神には神の身土がある」とか「神々の名を録したことから はげしく寒くふるえてゐる」という言葉には、もっと深遠で複雑な意味があるのではないかと思っていました。それをこのように解釈してしまうと、何か即物的であっけないような感じもしてしまいます。
 しかし、「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」の中に「業の花びら」という言葉が現れ、一時はそれを題名ともしていたことは、賢治自身おのれがこのように「神々の名」さえ「録して」しまうことを、芸術的創作にたずさわる者の「業」として自覚し慨嘆する思いがあったのかもしれません。

 この間、五郎沼で私が跡をたどろうとしていた「草稿的紙葉群」は、その後大幅に手を入れられて、「産業組合青年会」という作品になっていきます。題名ともなっているこの「青年会」が具体的にどのようなものであったのか、これまでの研究や調査からも明らかにはなっていません。しかし、「熱誠有為な村々の処士会同の夜半」というような描写を見ても、またこの頃の「心象スケッチ」の性格から考えても、賢治がこの夜に何らかの会合に参加したことは一定の事実にもとづいていて、単なるフィクションではないだろうと推測されます。
 そしてその帰り道に、賢治は「おもかげ」を求めて五郎沼の岸辺にやってきたのではないかと考えられるわけです。
 今回は、その「会」の方について、少し考えてみたいと思うのです。

 「業の花びら詩群」というページにも書いたことですが、「春と修羅 第二集」には「産業組合青年会」と同じ1924年10月5日という日付を持つ「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」作品が存在していて、やはり定稿に至るまで推敲を繰り返されています(その下書稿段階の、「業の花びら」という標題も有名です)。
そして、これら二つの作品の下書稿は、数多くの同じモチーフを共有していて、たとえば「祀られざるも神には神の身土がある」とか、「億の巨匠(天才)が並んで生れ、しかも互に相犯さない、明るい世界はかならず来る」などの語句が、双方の下書きに登場しては消されています。

 つまり、これら二作品は単に同じに日にスケッチされたというだけにとどまらず、内的にも非常に密接につながっていると考えられるのです。


 さて、「産業組合青年会(定稿)」において、私が以前から謎のように思えてならなかったのは、最初に現れ、また最後にも現れる、「祀られざるも神には神の身土がある」という言葉です。二回も繰り返されているのは、作品においてとても重要な事柄なのだろうと思われるのですが、具体的にはいったい何を言いたいのでしょうか。言葉の意味としては、「祭祀されていない神でも、神としての身柄とそのおわすべき場所がある」ということでしょうが、これが「青年会」においてどんな意図で発せられたのか、これだけではよくわかりません。
 また一方、「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」には、「わたくしは神々の名を録したことから/はげしく寒くふるえてゐる」という一節があります。密接な二作品に一緒に出てくるのですから、こちらの「神々」も、「祀られざる神」と関係していると考えておく方が自然でしょう。しかしここでも、「神々の名を録す」とは、具体的にどういう行為のことなのでしょうか。

 この辺の事柄に関連して、「NHKカルチャーアワー 宮沢賢治」において栗原敦さんは、次のように解説しておられます。

 作品の日付、大正十三年十月五日は日曜日、この日の夕刻、産業組合の青年会に招かれて、「わたくし」(賢治)は「今日のひるま」「鉄筆でごりごり引いた」「北上川の水部の線」の資料などを用いて農事講話などをおこなったと見られる。いまはその帰り道、紫波郡紫波町南日詰の国道沿い、五郎沼の近くで、先ほどの会合を反芻する。自分が明るい夢を語り、(みんなも)具体的な産物を思い、組合やその連合がもう祀る者もなくなったあそこの「山地の稜をひととこ砕き」、土壌改良のための「石灰抹」を得て……と語ったあたりで、調子にのっていい気になるな、とばかりの「あざけるやうなうつろな声で」「祀られざるも神には神の身土がある」という異議が発せられた。(テキストp.109-110)

 すなわち、農業を発展させるための自然開発が、土着の神を冒涜することにもつながりかねないと批判されたのではないか、というお考えです。


 ところで、栗原さんも記しておられることですが、「(夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」の下書稿(一)の推敲途中には、「山地の〔神〕〔?〕を/舞台の上に/うつしたために」という一節がいったん書き込まれ、また抹消されています。
 私が思うには、この部分が、この二つの作品に出てくる「神」の正体を示唆してくれているのではないでしょうか。

 すなわち、「山地の〔神〕」を「舞台の上にうつした」というのは、賢治が農学校の生徒たちのために書き下ろしてこの年の8月に上演させた劇、「種山ヶ原の夜」において、「楢の樹霊」「樺の樹霊」「柏の樹霊」「雷神」という神々を舞台に登場させたことを指しているのではないかと思うのです。

[この項つづく]

別役実「賢治幻想 電信柱の歌」

賢治幻想 電信柱の歌 忙しくて、ブログの更新もできませんでした。

 今日はやっと、4月18日にNHK衛星第2で放映された、劇団「弘前劇場」による「賢治幻想 電信柱の歌」 の録画を見ることができました(右写真)。
 これは、青森県の「弘前劇場」が、別役実さんに委嘱した新作の戯曲です。そのあらすじをひとことで言えば・・・、 とここで書いてしまうとネタバレになるので控えておきますが、中心的な登場人物は、カネタ・イチロー、レオン・キュースト、 そして山猫博士デステゥパーゴ、の三人です。

 賢治の「どんぐりと山猫」では、かねた一郎が「山猫」の裁判に招かれ、「ポラーノの広場」では、 レオーノキューストが招かれもせずに「山猫博士」のパーティに現れ・・・、という構造がありますが、この二つの 「山猫」が、もしも同一の存在に重ね合わされてしまったら・・・というのが、この戯曲の出発点です。
 招かれた客と、招かれざる客のアイデンティティの混乱が、それぞれの「革トランク」を取り違えたために、さらに増幅されていきます。 別役さんの「不条理劇」らしいところなのでしょうが、登場人物の全員が、劇の進行とともに、自分がいったい誰なのかを問われていきます。

 別役実さんによる賢治関連の戯曲といえば、「ジョバンニの父への旅」(1987)を思い起こさずにはいられません。 今回もその最後のシーンでは、やっぱり賢治の言葉の魔力によって、じーんときてしまいました。

 もしもご覧になっていない方は、再放送にご注意下さい。

福井県でオペラ「つめ草の道標」

 4月になりました。プロ野球セ・リーグも開幕しましたが、阪神・井川は「うーん・・」という感じでしたね。2年目の岡田監督は、 藤山寛美のような見かけに似合わずまじめな方なのはわかりますが、どうしても星野さんのようなドキドキ・ ワクワクさせるようなキャラクターではなくて、いつも困ったような顔でベンチからのぞいています。
 パ・リーグの方が、新しいチームがひしめいていて面白いですね。

 さて今年の10月30日、福井県の鯖江市で賢治の「ポラーノの広場」にもとづいた市民オペラ「つめ草の道標(みちしるべ)~ ポラーノの広場への道~」が上演されるそうです。詳しくは、 こちらのページをご参照ください。

「イーハトーボの劇列車」公演チラシ 今日は大津市で、「O2劇場」という市民劇団による「イーハトーボの劇列車」 の公演を見てきました。

 賢治を愛する井上ひさし氏脚本によるこの劇は、宮澤賢治の生涯のうち、東京行き夜行列車内の情景と、東京におけるエピソードだけから構成されています。
 すなわち、
1) 1918年12月26日、トシが東京で倒れたと連絡を受けての上京 → 東大分院小石川病院 (永楽病院)の内科二等病室
2) 1921年1月23日、家出して東京へ向かう車内 → 本郷の下宿(稲垣かつ方) の一室
3) 1926年12月2日、セロやエスペラントを学ぶための上京 → 下宿旅館「上州屋」 の一室
4) 1931年9月20日、東北砕石工場技師としての東京出張 → 旅館「八幡館」 二階の六畳間
という四景です。

 人生の98%ほどを岩手県内ですごした賢治の生涯から、わざわざ例外的・非日常的な時間ともいうべき上記の場面を切りとって、そこから「宮澤賢治」という人間像を見事に浮かび上がらせる井上ひさし氏の手並みは、ほんとうに鮮やかなものです。
 しかし思えば、賢治の生涯において「上京する」という場面は、何か彼の人生において重要なポイントとなった節目であり、また「列車の中の情景」という設定自体が、まさに彼の代表作「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせるものです。
 そして、「銀河鉄道の夜」という作品における「切符」という一つの鍵を、たくさんの仕事をし残して亡くなった宮澤賢治の気持ちに掛けて、「思い残し切符」という小道具に昇華したラストのシーンには、心から感動しました。

 賢治の作品や伝記的エピソードに精通した井上氏ならではの細部の作りは、 賢治ファンにとってはかぎりない懐かしさを感じさせてくれるものでしたし、またこの脚本は、賢治を全く知らない人にも訴えかけるような、 普遍的な力も持っていると思いました。市民劇団の皆さんも、心揺さぶる熱演でした。