タグ「新美南吉」が付けられている記事

新美南吉・青春日記(2)

 先日「新美南吉・青春日記(1)」に書いたように、19歳で東京外語学校2年の新美南吉は、すでに宮澤賢治の何らかの童話を読んでいたようです。

四月十七日 月曜日
宮島けん治(ママ)の童話にしげきされて昨夜、一ぺんを軽い気持ちで書きあげた。“蛾とアーク燈” (『新美南吉・青春日記』より)

 「蛾とアーク燈」は、映画館における一コマの情景を描いた作品でしたが、日記によると、4月16日に新美南吉は、友人と一緒に「本郷座」という映画館で、「暴君ネロ」という映画を見たようです。この時の体験も何らかの形で関与して、その晩に童話の一篇が生まれたのでしょうね。
 で、私としては、この時に南吉が読んで「しげきされた」というのが、賢治のどの童話だったのだろうかということに、興味を引かれます。

 ちなみに、賢治が生前に発表した童話は、次の19篇です。

  • 「雪渡り」(『愛国夫人』,1921-1922)
  • 「やまなし」(岩手毎日新聞,1923)
  • 「氷河鼠の毛皮」(岩手毎日新聞,1923)
  • 「シグナルとシグナレス」(岩手毎日新聞,1923)
  • 『注文の多い料理店』(単行本,1924)
      ・「どんぐりと山猫」
      ・「狼森と笊森、盗森」
      ・「注文の多い料理店」
      ・「烏の北斗七星」
      ・「水仙月の四日」
      ・「山男の四月」
      ・「かしはばやしの夜」
      ・「月夜のでんしんばしら」
      ・「鹿踊りのはじまり」
  • 「オツベルと象」(『月曜』,1926)
  • 「ざしき童子のはなし」(『月曜』,1926)
  • 「寓話 猫の事務所」(『月曜』,1926)
  • 「北守将軍と三人兄弟の医者」(『児童文学』,1931)
  • 「グスコーブドリの伝記」(『児童文学』,1932)
  • 「朝に就ての童話的構図」(『天才人』,1933)

 一方、新美南吉の童話「蛾とアーク燈」とは、先日もご紹介したように、映画館の中に迷い込んだ一匹の蛾が、銀幕の上に映し出された大きな花にとまってみるが失望し、次に映写機の眩しい光に向かって飛んでいって、映写技師に叩き落とされて死んでしまう、という哀しいお話でした。
 とても美しい作品なのですが、あまりにあっけなくその世界が壊れてしまう(壊してしまう?)様子は、いかにも少年の夢のようです。上記の賢治の作品が、たとえ短くても周到に構築されているのと比べると、かなり違った印象を与えます。また、設定や内容の点でも、賢治の19篇に直接的に「似ている」と言えるものは見あたりません。

 すなわち、「「蛾とアーク燈」に影響を与えた賢治の作品はどれか」という問題は、さほどすんなり答えが出るものではありませんが、私としてはこれは、同年に出された「朝に就ての童話的構図」ではないかと思うのです。
 先日も引用したように、『新美南吉・青春日記』の11月29日の項には、「“朝の童話的構図”、あれはすばらしい感覚的な童話だつた」との記述があり、南吉がこれを読んでいたことは確かなので、まあ仮説としては無難なものです。賢治のこの童話が発表されたのは1933年3月25日号の『天才人』で、南吉が「蛾とアーク燈」を書いた4月16日の直前でした。
 作品の中身において、この二つに最も共通していると思われるのは、双方を一貫する「虫瞰的視点」です。賢治の方は「蟻」の眼から、南吉の方は「蛾」の眼から見た世界が描かれます。
 また、南吉が「朝に就ての童話的構図」を「すばらしい感覚的な童話」と讃えていることと対応するように、「蛾とアーク燈」にも、きわめて感覚的に繊細な表現が目立ちます。蛾から見ると映画館の観客の「目」が、「月夜に海の庭に光つてゐる澤山の貝殻の様に見えました」という描写や、スクリーンにとまっていた蛾が、「ぷいとそこからとび立つと、蛾の羽から、こまかい粉が、きらきらと光りながら、落ちて行きました」というところなどがそれです。若い南吉が、賢治独特の感覚的描写をとり入れようとしていたようにも思えます。
 ところで、『天才人』というのは盛岡市で発行された地方同人誌ですから、それを刊行後まもなく東京の新美南吉が読んでいたとすれば、その「橋渡し」をした人物がいたことが推測されます。それはやはり、岩手県日詰町出身で、当時南吉の兄貴分的存在だった巽聖歌なのではないでしょうか。


 まあはっきりと答えが出ることではありませんが、それにしてもここまで賢治に心酔していた新美南吉でありながら、その賢治の氏名をちゃんと書けていないのは、どうしたことでしょう。4月16日・17日には「宮島けん治」、11月29日には「宮沢顕治」・・・。
 後の方は、今から20年ほど前に国会の質問でも間違えた自民党の議員がいましたが、宮本顕治氏が「「敗北」の文学」によって『改造』懸賞論文の一席を取ったのは1929年のことで、ひょっとしてこの名前が、南吉の頭の片隅にもあったのでしょうか。

新美南吉・青春日記(1)

 このサイトをご覧いただいている ゆふ様が、『新美南吉・青春日記―1933年東京外語時代―』(明治書院,1985)という本の一部コピーを送って下さいました。1933年はちょうど賢治の没年ですが、南吉は20歳、東京外語学校の2年に在籍していた年で、現時点ではとりあえずこの年の日記だけが公刊されているようです。
 以前、「新美南吉の引用した「春と修羅」」というエントリへのコメントにおいてネリ様が触れられた「南吉の日記」とは、内容的にはこれのことでしょうね。

 で、この期間の日記において、新美南吉が賢治について触れた日としては、次の3日があるようです。

四月十六日 日曜日
長崎からきた一柳と本郷座に暴君ネロを見る。今の時勢にクリスチャニチイだの信仰だのをかつぎ出したつてどうして夢中になることが出来ようや。中学生だつた頃‘海から帰る日’を書いた頃、あの頃の俺はすでに今の俺の中にあまりにきはくに存在する。
芸術とは純なもの、形のみのもの、その方向と思想を問はぬとは思ひつゝも、やはり認識のひくい思想を内容とする作品は、リアルな感がなく打つて来ない。必ずしも宣伝的でなければならぬとは言はぬ。
長崎から来た男に長崎の話をきく。エキゾチックな長崎のにほひ。――出島や異人淫売婦。けれど、けれど、俺の求め、慕ひ、あほがうとする男はこんな男でもあんな男でもない。深い男がほしい深い男が。

俺の触覚にふれたもの宮島けん治(ママ)の短い童話。

四月十七日 月曜日
宮島けん治(ママ)の童話にしげきされて昨夜、一ぺんを軽い気持ちで書きあげた。“蛾とアーク燈”

Dickens の Copperfield とともに小栗風葉集を買つて来た。

新学期になつてから洋書を十冊近く買込んだが、みな古本ばかりだ。

(中略)

十一月二十九日 水曜日
屋根の上には本当に霜らしいものが見えた。道は、氷り始める頃のぬかるみのあの状態、いく分固くなつて、直線のすじが一ぱい出来てゐる、あの状態になつてゐた。電車にのつてからも手を出して本を読む元気がなかつた。女学生が教科書を見てゐた。あんな赤い手をして冷たさうだなあと思つた。
学校の帰りに、三崎町の開成中学の校庭で中学生が野球をやつてゐるのを、平川がぽかんと見てゐたので声をかけた。本郷元町の、東洋女子医専の向へのコンクリート建ての三階に下宿してゐた。あがつて夕方までゐた。アランポーの詩やテニスンの詩を読むと言つてゐた。宮沢顕治(ママ)の死んだことをきいた。宮沢顕治(ママ)はいゝ童話が沢山あるだらう。“朝の童話的構図”、あれはすばらしい感覚的な童話だつた。五時半には約束通り二幸の地下室へ行つたら、もう清水たみ子が待つてゐた。本当におとなしい女で、こちらでもてあましてしまつた。五十銭の supper をモナミでおごつてやつたのに、ほんの三分の一ほどしか喰べなかつた。不けいざいな話さ。大久保まで一しよに歩いて行つた。呼吸をはづませてゐたので始めて、俺の歩調が彼女には早すぎたのだと分つて歩をゆるめた。赤い鳥社をすぎた細い長い暗い路だつた。


 1933年4月16日の夜、賢治の何らかの童話に刺激された新美南吉は、「蛾とアーク燈」という短篇を一気に書き上げたわけです。
 この「蛾とアーク燈」は、『校定 新美南吉全集』において3ページに満たない掌篇で、南吉の自筆原稿末尾には、「一九三三・四・十六」と記されています。偶然でしょうが賢治と同じような日付の記法ですね。

 その童話の内容は、次のようなものです。
 ある「活動小屋」の中に、一匹の白い蛾が迷い込んでいました。上映が始まって、スクリーンに映っている花を見つけた蛾は、暗い館内を飛んでいき、銀幕上のその大きな花にとまってみます。しかしその花には香も蜜もありませんでした。失望した蛾は、「明るい光がほしい、明るい花が」と願って、強い光を放っている映写機に向かって飛んでいきます。しかし、眼も眩むような映写室に入るや否や、蛾は一瞬のうちに映写技師に叩き落とされて、死んでしまうのです。

 終始、蛾の視点から映画館内の様子が描かれ、その独り言によって、この世界が蛾からはどのように感じられるのかということが記述されます。背景に、一方には暗闇、他方には眩しい光があり、耳には「ヂーヂーヂー」と、「蟲が鳴いてゐる様な」映写機の音が聴こえつづけています。

 短い生涯において美しいものを求めつづけ、結局わずか29歳で夭折してしまった新美南吉自身の一生を予示するかのような、これは儚く哀しい短篇です。南吉が亡くなったのは1943年3月22日ですから、この作品が書かれてからほぼ正確に10年後にあたり、ここには何か、運命の不思議のようなものも感じられてしまいます。


 で、私がここで気になるのは、新美南吉がこの頃に読んで「しげき」を受け、彼が「蛾とアーク燈」を書くきっかけとなったのは、賢治の童話のうちどの作品だったのだろうか、ということなのです・・・。

[ この項つづく ]

「第一回宮澤賢治友の会」写真

 先日の「新美南吉の引用した『春と修羅』」という記事に対するコメントとして、賢治の事務所員さんおよびネリさんが、南吉と賢治の関連について興味深い情報をお寄せいただいていました。
 そこでは、賢治が亡くなった翌年に東京で開かれた「宮澤賢治友の会」の記念写真が話題になっていましたが、このたびご親切にもネリさんが、その「賢治友の会」の時に写されたと思われる貴重な写真を、私のもとへ送って下さいました。ネリさん、本当にありがとうございました。

 で、下の写真がそれです。

 1934年2月16日に新宿「モナミ」で開かれたこの会は、草野心平編による『宮澤賢治追悼』の出版記念会であり、かつその後も東京で開かれる「宮澤賢治友の会」の第一回とも位置づけられ、また『宮澤賢治研究』という雑誌の発行母体の出発点でもあるようです。
 第一回宮澤賢治友の会

 ネリさんによれば、これまでこの写真が作家アルバム等に掲載されていた際の「人名解説」には誤りがあったということで、2001年にイーハトーブセンターで開かれた「草野心平展」においてこの写真が展示された時にも、誤りを正す作業がぎりぎりになったため、図録に訂正の紙葉を挟み込むという形で、なんとか周知が行われました。

 この写真における正しい人物名は、

前列右より、折居千一、瀬川信一、永瀬清子、菊池武雄、宮澤清六、高村光太郎、岡村政司、八重樫祈美子、梅津善四郎、
後列右より、巽聖歌、新美南吉、神谷暢、右京就逸、鱒沢忠雄、深沢省三、土方定一、草野心平、尾崎喜八、逸見猶吉、吉田孤羊、儀府成一

ということです。

 ネリさんの評価としては、「在京岩手県人会のごとき、岩手出身の芸術家+草野心平を中心とする詩人仲間の混成という感じ」で、そしてまた佐伯研二さんによれば、「在京県人の熱心さが他を圧倒していたようだ」ということです。
 私は知らなかったのですが、従来の写真解説では、後列で新美南吉が右京就逸と入れ替わっていたとのことで、これはかなり大きな間違いですね。正しくは、新美南吉はやはり巽聖歌の隣に立っていて、後に女学校生から人気を博したという、細面の渋いマスクも見てとれます。

 賢治の没後、まだ5ヵ月ほどの東京の冬ですが、狭い部屋を包んでいる熱気のようなものを感じます。
 ここに、現在の私たちにまで続く賢治への思いが、すでに胚胎されていたのでしょう。

新美南吉の引用した「春と修羅」

 新美南吉の女学校教師時代の教え『おぢいさんのランプ』献辞子の方が、南吉から贈られた童話集『おぢいさんのランプ』(1942)を、愛知県半田市にある新美南吉記念館に寄贈したというニュースがありました。
 そしてその本の表紙見返しには、新美南吉からの献辞として、「春と修羅」からの一節、「まことのことばはうしなはれ/雲はちぎれてそらをとぶ」が、「…宮澤賢治の詩から」と添えて書きつけられていたということです(上写真)。

 若き日の賢治のこの痛切な詩句を、新美南吉も愛誦していたのでしょうか。

 彼も、「地方で教師を務め、若くして結核で亡くなった童話作家」で、安城高等女学校で担当した科目は、「英語」「国語」そして「農業」でした。