タグ「布袋館」が付けられている記事

坂本~比叡山~三条

 1921年(大正10年)4月、家出中の賢治と花巻から出てきた政次郎の父子は、関西旅行を行いました。その第三日の昼すぎに、二人は湖南汽船を坂本港で降りて、ここから歩いて比叡山を越え、夜になって京都の旅館にたどり着きます。賢治24歳、政次郎もまだ47歳とはいえ、かなりの強行軍です。
 今日はこの行程を、たどってみることにしました。

「比叡山坂本」駅

 上の写真は、JR湖西線の「比叡山坂本」駅です。まずは、ここから琵琶湖岸方面を目ざします。

 まっすぐ湖岸に出て、少し南に行ったところ、現在はマリーナ施設になっているあたりに、昔の「坂本港」があったということです(下写真)。

ヤマハマリーナ(旧坂本港のあたり)

 昔の坂本港の写真は、「琵琶湖河川事務所」のサイトに掲載されていました(下写真=国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所提供)。

旧坂本港

 湖南汽船内で昼食をとった父子は、上の桟橋に降り立って、坂本の街並みを抜け、比叡山を目ざしたわけです。

 坂本港から、比叡山の登り口までは約2.4kmです。この間には、日吉大社の参道に沿って、昔この地に住んでいた「穴太衆」と呼ばれる人々による、独特の石積みが見られます(下写真右側)。

日吉大社参道

 この道の突き当たり近くに、比叡山への登り口があります。延暦寺の「表参道」の入口として、両側に常夜燈が置かれた厳かな石段が、その起点です。

延暦寺表参道入口

 賢治たち父子も、坂本ケーブル坂本駅ここから比叡山に登り始めたわけですね。延暦寺の根本中堂までは、約3kmということです。
 ただ、今日の私はちょっと楽をさせていただいて、登り口からちょっと西にある、右写真の建物を通って行きます。

 これは、坂本側から比叡山に登る、「坂本ケーブル」の坂本駅です。坂本ケーブルとは、全長2025mもある日本最長のケーブルカー路線で、もちろん賢治たち父子が登山をした時にはまだ存在しませんでしたが、意外にもその6年後の1927年には、もう開業していました。上の「ケーブル坂本駅」の建物は、その1927年以来のもので、国の登録有形文化財にも登録されているそうです。

 駅の内部も、下写真のようにレトロな感じでいい雰囲気です。

ケーブル坂本駅(内部)

 ケーブルカーに揺られて11分、終点の「延暦寺駅」に着きました。やはりレトロな駅舎から出ると、琵琶湖が眼下に広がります。

比叡山から眺める琵琶湖

 ケーブルの延暦寺駅から歩いて10分足らずで、延暦寺の本堂にあたる「根本中堂」です(下写真)。

根本中堂

 根本中堂の脇には、賢治の歌碑があります。麓からは2週間遅れで、今まさに満開の桜が、花を添えてくれていました。

賢治歌碑と桜

  根本中堂
ねがはくは 妙法如来正遍知 大師のみ旨成らしめたまへ。(775)

 下写真は、やはり賢治たち父子が参拝した「大講堂」です。

延暦寺・大講堂

いつくしき五色の幡につゝまれて大講堂ぞことにわびしき。(777)

 写真のように、今日も大講堂には「五色の幡」がはためいていました。

 で、次は根本中堂や大講堂のある「東塔」から西の方に30分ほど歩き、「比叡山道標頂」まで行きました。そしてここから、賢治たち父子にならって、歩いて比叡山を下ることにします。京都方面へ降りるロープウェーの駅近くには、右のような道しるべが出ていました。下山路は約5km、修学院の方に出ます。

 山道は、ところどころ険しい箇所もありましたが、おおむねしっかりと踏み固められた道で、歴史も感じさせてくれるような雰囲気でした。その昔、延暦寺の意に沿わぬ事が都であると、僧兵たちが日吉大社の神輿を担いで山を駆け下り、「強訴」を行ったと言われていますが、その際に武装した僧たちが走ったのが、まさにこの道だったわけです。

千種忠顕卿水飲対陣之跡 途中、左写真のような「千種忠顕卿水飲対陣之跡」と書かれた石碑が立っていました。
 千種忠顕という人は、鎌倉時代末期から建武中興時代にかけて、後醍醐天皇に仕えていた公家出身の武将で、後醍醐天皇の隠岐脱出を助けたりもしたそうですが、足利尊氏が後醍醐天皇と袂を分かつと、天皇側の軍を率いてこの比叡山において尊氏の弟・足利直義と戦って敗れ、戦死したということです。
 偶然のことですが、この石碑が建てられたのは、1921年(大正10年)5月ということで、賢治たち父子がここを通った1ヵ月後のことです。賢治たちも、ひょっとして碑の基礎工事などを目にしたでしょうか。

比叡山下山道 場所によっては、「神輿を担いだ僧兵たちがどうやって通ったのだろう」と思わせるような狭い切り通しもあったり(右写真)、先日までの雨でドロドロにぬかるんだところもあったりしましたが、午後5時前には、何とか京都市左京区修学院の比叡山登り口(=「雲母坂(きららざか)」)に降り立つことができました。
 「雲母坂」というのは、比叡山の京都側の地質に花崗岩が多いことから、その中に含まれる雲母が、このあたりの坂道にキラキラと見られていたことによるそうです。
 『【新】校本全集』年譜篇には、賢治たち父子は、「暮れかかる山道を約八キロ、白川の里に降り、・・・」と書かれていますが、京都市の北東部を白川と呼ばれる小川が流れ、「北白川」などの地名があるのも、比叡山の方から花崗岩質の砂が流れてくるので、このあたりの河床が白く見えることに由来しています。

 さて、山道は音羽川という流れのほとりに出て、下の橋は、音羽川に架かった「きらら橋」です。

きらら橋

 ここから、少し市街地の方へ歩くと、曼殊院(下写真)や詩仙堂など、少しマイナーですが静かな観光名所もあります。

曼殊院門跡

 一乗寺のあたりから、比叡山を振り返って見ました。

一乗寺から望む比叡山

 そして最後は、父子がこの晩泊まった宿、「布袋館」のあった場所です。

加茂川館(布袋館跡)

 「布袋館」のことについては、以前に「京都における賢治の宿(1)」に、少し詳しく書きました。

 それにしても、比叡登山にケーブルカーを使うという大きな楽をさせてもらったにもかかわらず、帰ってくると結構疲れましたよ。

修学旅行に使われた「布袋館」

 賢治が泊まった三条小橋の旅館「布袋館」について昨日書きましたが、この宿は昭和の初期には、京都を訪れる修学旅行生の宿泊にもしばしば使われていたようです。

 跡見女学校(当時)の1928年(昭和3年)修学旅行を記録した「關西修學旅行の記」のページの下の方、「五年生記録係」による「第四日」の項を見ると、「朝九時布袋館を出發、嵐山に向ふ」との記載があります。それにしても当時の女学生による旅行記は、ほんとうに生き生きとしていますね。
 また、デジタル系ライター荻窪圭氏の2001年2月の日記で、02/06 の項を見ると、「新津高等女学校・印南イネさんの修学旅行日程」が引用されていますが、「4月30日金曜日」に、「午前9:30三条駅下車。京都見学。京都泊(布袋館)」とあります。

 この頃の布袋館は、きっとかなり繁昌していたのでしょう。

京都における賢治の宿(1)

 1921年4月、宮澤政次郎氏は、家出して東京にいた賢治を誘い、関西方面の旅をしました。この時、京都にやってきた父子は、「三条小橋の旅館布袋屋」に泊まったということが『【新】校本全集』年譜篇にも記されていますが、「布袋屋」という旅館は現存していません。
 この旅館がどの場所にあったのだろうということが以前から気になっていたのですが、三条小橋商店街理事長の大西弘太郎さんにお尋ねしたところ、現在は「加茂川館」という旅館になっている場所に、戦前は「布袋館」という旅館があったということを、教えていただきました。


 東海道の京都池田屋騒動之址側起点とされている「三条大橋」は、三条通が鴨川を渡る橋ですが、そこから西に90mほどのところ、三条通が高瀬川を渡るところにかかる橋が、「三条小橋」です。
 長さ10mにも満たないようなかわいい橋なのですが、そのすぐ西には新選組の「池田屋事件」の旧跡があったり(右写真)、橋の東の佐久間象山・大村益次郎遭難之碑たもとには「佐久間象山先生・大村益次郎卿遭難之碑」(左写真)があったり、いろいろな歴史的事件の舞台ともなっています。
 この地は、東海道を歩いて旅してきた人が、やっと三条大橋にたどり着いて宿をとるというロケーションにあって、江戸時代から宿屋が多く並んでいたということです。幕末の頃に諸国から集まった志士たちも、この辺の宿に身を潜めたり集結したりしたわけですね。ちなみに左の写真で、「高瀬川」と書かれた石の欄干が、「三条小橋」です。


 さて、この三条小橋から三条通を東へ50mほど行ったところ、通りの北側に面して建つ立派な旅館が、「加茂川館」です(下写真)。

加茂川館

 加茂川館のサイトをご覧いただくと、旅館についてより詳しい情報も見られます。また、こちらをクリックしていただくと、MapFan Web でこの旅館の場所が表示されます。

 この場所に、戦前は旅館「布袋館」があり、その後「近江屋」という旅館だった時代があって、数年前から現在の「加茂川館」となっているということです。

 ところで、三条小橋商店街の大西さんからは、この場所に建つ旅館の歴史について、さらに興味深い情報も教えていただきました。

『東海道中膝栗毛』七編上 十返舎一九の『東海道中膝栗毛』には、「三条の編笠屋」という旅籠が登場するのですが、この「編笠屋」とは、江戸時代にこの加茂川館のあった場所~すなわち賢治の泊まった布袋館のあった同じ場所~に、実在していた旅籠だったということなのです。右の画像は、岩波文庫版『東海道中膝栗毛』「七編上」の一部ですが、弥次郎兵衛が京の五条大橋のあたりで、相撲取りのような男にからまれそうになるところです。相撲取りが、「こつとらは今三条の編笠屋から出て來たものじや」と言っています。
 思わぬところで、思わぬ由緒に遭遇するものですね。

 三条小橋商店街振興会では、このようなエピソードもあること、そしてこの地が江戸時代には京都の「玄関口」であったことにちなんで、三条大橋のたもとに、弥次郎兵衛と喜多八の銅像を建てています(右下写真)。
弥次喜多像 二人の後ろに見えるのは、鴨川と三条大橋です。


 1921年4月のある日の午後、下坂本の港で汽船を降りた賢治ら父子は、840mもある比叡山を、歩いて滋賀県側から京都府側へ越え、おそらく夕闇の中を三条大橋を渡って、ここにあった「布袋館」という旅館に、荷を解いたのです。
 賢治は24才、政次郎氏もまだ47才とはいえ、二人の健脚には感心させられます。

 下の写真は、二人が越えてきた比叡山(画面中央)を、三条大橋から望んだところです。
 三条大橋から比叡山を望む

(今回の私の問い合わせに対し、ご親切にお答えいただいた三条小橋商店街の大西弘太郎さんに、感謝申し上げます。)

西ヶ原など

富士山 今日は昨日とはうってかわってよい天気で、ホテルの窓からは富士山も見えました。ふだんあまり東京に来ない私にとっては、都内から見る富士山など初めての経験で、ちょっと感激です。

 都内は、どこも桜が満開、というかもうかなり散り始めていました。永田町で地下鉄を降りると、このあたりの地面にも桜の花びらがいっぱいです。

 今回、国会図書館でコピーしたのは、あの『漢和対照 妙法蓮華経』(「赤い経巻」)の島地大等による解説部分、エルンスト・ヘッケル『生命之不可思議』の一部分、『北上市史』の飯豊森に関する部分などです。
 あと、昭和9年に「旅館新聞社」というところから国会図書館前の桜出版された『全国旅館名簿』というものも閲覧を申し込んだのですが、現在製本準備中とのことでコピーはさせてもらえず、別室で係員の監視の下でおそるおそる見せてもらいました。

 賢治が宿泊した旅館については、東京に関してはほとんど調べつくされた感がありますが、他の地域の宿に関しても、もう少し知りたかったのです。結局、大したことはわかりませんでしたが、そのなかで1921年に父親と京都へ来た際に泊まったのは、『【新】校本全集』の年譜では「三条小橋の旅館布袋屋」と記されていますが、この『全国旅館名簿』では「三條小橋東詰」に「布袋館」が載っており、はたしてどちらが正式の名称だったのだろうかと思いました。
 賢治の京都における宿については、盛岡高等農林時代の修学旅行で泊まったとされる「西富家」ともども、またいずれレポートをしたいと思っています。

 午後2時ごろに図書館を出ると、地下鉄に乗って北区の西ヶ原に向かうことにしました。ここは、賢治の時代には国立の農事試験場があったところで、彼は盛岡高等農林学校時代の修学旅行の際にこの試験場を見学し、1921年の家出出京中にも、恩師関豊太郎博士に会いにここを訪れたようです。後に関豊太郎氏は、下記のように書き残しています。

 大正九年の秋、私は盛岡を辞して東京に帰つて、農林省農事試験場で引続き仕事をし、傍ら東京農業大学で教鞭を執つてゐる。大正十一年のことだと思ふが、宮沢氏は木綿袴をつけ朴木歯の下駄をはき、突然と試験場へ来訪されたので、四方山話で退庁時間となつたから、自宅へ伴ひ話の続きを進行させた。(関豊太郎「宮沢賢治氏に対する追憶」より)

 上記で、賢治が訪ねてきたのを「大正十一年のことだと思ふ」と関博士が記しているのは、上にも書いたように現在は大正十年の家出中のことと解釈されています。

農事試験場記念碑 西ヶ原にあった農事試験場は、現在は移転してしまって跡地は「滝野川公園」などになっていますが、公園の一角には、「農業技術研究発祥の地」と刻まれた右のような立派な石碑が建てられていました。ここは、賢治自身が科学者として専攻した分野の、当時の全国一のメッカだったわけですね。
 この左横にある副碑には、「明治26年にこの地に農事試験場が創設されて日本における農業研究が始まってから、昭和55年の筑波研究学園都市への移転まで87年間、「西ヶ原」は常に近代農学を先導し 我が国における農業関係試験研究機関の母体として 多くの輝かしい業績により農業の発展に寄与してきた」と刻まれていました。

北区立飛鳥中学校 賢治が関博士を職場に訪ねた後に、お邪魔したという博士の自宅は、奥田弘さんの調査によって、現在は区立飛鳥中学校のある場所にあったということがわかっています。試験場跡から歩いて10分ほどのところにさしかかると、ふいに住宅地の只中から吹奏楽の練習の音が聞こえてきて、この中学校が現れました。

 さて、桜の季節とあって、この後はこの近くで隅田川の川べりに出てみようと思いました。
 賢治に「隅田川」という文語詩がありますが、これは、1921年の上記のような師弟の出会いの折に、どこかで「花見」をした際の情景だろうと推測されています。この辺のことは、当サイトの「滝廉太郎「隅田川」」というページにも書きましたが、私としては、関博士と賢治が隅田川に行くとすれば、この西ヶ原のすぐ近くの川べりだったのではないかと、なんとなく思っていたのです(最下段の地図参照)。

 ところが、実際に行ってみると、このあたりはお花見をするような雰囲気ではなく、また「泥洲」というものがある様子でもなかったのです。
 下写真は、西ヶ原の対岸の方から(下の地図では「隅田川」の「隅」の字の上あたりから)、東の方を見たところです。白い大きな建物は、日本製紙や読売新聞の工場ですね。

隅田川1

 また、下の写真は、同じ場所から西南の方を見たところです。

隅田川2

 宮沢俊司氏は、『宮沢賢治文語詩の森 第二集』に収められた評釈の中で、作品「隅田川」の舞台を、この近くの「荒川放水路」(当時)の方ではないかと推測しておられますが、そもそもこの問題の難しさは、同じ川の流れのうちで「隅田川」と呼ばれる範囲が当時と今とでは大幅に違ってしまっていること、「泥洲」や「芦生へ」がどこにあったかということについても、おそらく状況は全く変わっていること、などを考慮に入れなければならないところにあります。
 私のような他所者には、とても手に負えそうにありませんが、最後に花の季節にちなんで、替え歌「隅田川」をどうぞ。

「隅田川(滝廉太郎曲)」(MP3: 1.44MB)

西ヶ原と隅田川