タグ「大沢温泉」が付けられている記事

二相系いろいろ

 去る9月22日の夕方から23日の昼すぎまで、花巻に行ってきました。今年は21日の賢治祭は平日とあって参加することができず、22日の仕事を早めに終わらせて、伊丹空港を17時発の飛行機に乗りました。花巻空港には18時25分に到着し、それからタクシーで「宮沢賢治学会・参加者懇親会」が行われている「なはんプラザ」に向かい、会場にたどり着いたのは、終了間際の18時40分頃。

宮沢賢治学会・参加者懇親会

 とりあえず大いそぎで知り合いの方々にあいさつをして、少しだけ残っているお酒を「駆けつけ三杯」w。そうこうするうちに閉会の時間となりましたが、今年は懇親会の最後にみんなで歌うのが恒例の「精神歌」を、すでに最初に歌ったとのことで、あっさりとお開きでした。
 それからOさんの車に乗せてもらって、宿泊先の大沢温泉へ向かいました。

大沢温泉・自炊部

 温泉につかってから、賢治学会のお仲間とともに、懇親会の二次会。その晩は2時頃に就寝しました。

◇          ◇

 翌朝はあいにくの雨でしたが、またOさんに乗せていただいて、「宮沢賢治イーハトーブ館」で行われる「研究発表会」へ。
 今年は8題の発表がありましたが、会場が一つにまとめられていたので、すべての演題を興味深く聴かせていただきました。なかでも、原子内貢さんによる「江刺の地質と作品『十六日』『泉ある家』」は、作品中の細かい描写と地質学の知見や当時の地形図を照らし合わせ、それぞれの作で舞台となっている「家」は「ここにあった!」とピンポイントで特定した調査で、見ていて痛快でした。こういうことを教えていただくと、私としてはどうしても現地へ行ってみたくなってしまいます。

 神代瑞希さんの発表「化学の視点から捉える賢治作品のおもしろさ~なぜ雲はたよりないカルボン酸のイメージなのか~」は、応用化学を専攻しておられる立場から、『春と修羅』の「風景」という作品の一行目「雲はたよりないカルボン酸」という隠喩を取り上げ、なぜ賢治はここで「雲」を「カルボン酸」に喩えたのかということを考察したものでした。昔から親しんできた一節でしたが、たしかになぜ「カルボン酸」なのか、言われてみれば不思議です。

     風景

雲はたよりないカルボン酸
さくらは咲いて日にひかり
また風が来てくさを吹けば
截られたたらの木もふるふ
 さつきはすなつちに廐肥(きうひ)をまぶし
   (いま青ガラスの模型の底になつてゐる)
ひばりのダムダム弾(だん)がいきなりそらに飛びだせば
  風は青い喪神をふき
  黄金の草 ゆするゆする
    雲はたよりないカルボン酸
    さくらが日に光るのはゐなか風だ

宮沢賢治学会・研究発表会

 神代さんは、カルボン酸の説明や従来のこの部分の解釈を紹介した後、結局このイメージは、代表的なカルボン酸である酢酸から由来しているのではないかという考えを示されました。酢酸は融点が比較的高く、たとえば実験室に置いてある試薬も冬になると凍ったりすることから、「はっきりしない⇒たよりない」という印象が生まれたのではないか、「酢酸が凍ったり溶けたりする様子が高等農林の体験等から思い出されたのでは?」「雲ができたり消えたりするイメージ?」との推測です。
 また発表時のスライドでは、(1)過冷却状態にある液体の酢酸に、核となる微粒子を入れると見る見る固化して、液体と固体が共存した状態になる様子、(2)酢酸に炭酸塩を入れると二酸化炭素の泡が発生して、まるで雲が湧くように見える様子、という二種類の動画も見せて下さって、とても印象的でした。

 ところで私はこの(1)の動画を見て、「二相系」ということを連想しました。「二相系」とは、液体と固体のような二つの異なった「相」が共存している状態のことで、賢治の作品にも何度か登場する言葉です。
 あの「永訣の朝」には、「雪と水とのまつしろな二相系をたもち・・・」として出てきますが、賢治は固体の「雪」とそれが溶けた「水」とを共存させたまま(=「みぞれ」の状態で)、慎重に妹の「さいごのたべもの」を採取しました。

 一方、「雲」というものも、空気や水蒸気という気体の中に、微細な水滴が浮遊している「二相系」です。
 「晴天恣意(下書稿(一)」には、

畢竟あれは
葡萄状した界面をもつ、
空気と水の二相系、
つめたい冬の積雲です

という雲の描写もあります。
 そして、神代さんが今回の研究発表会で動画によって示して下さったように、過冷却状態から固化しつつある酢酸も、固体と液体が共存する「二相系」を成しているのです。
 雲も酢酸も、どちらも「二相系」を形成する点においても、共通点があるわけですね。

 さらに帰宅してから調べてみると、賢治の作品で雲とカルボン酸が出てくるものとしては、「冬のスケッチ」第一七葉に、次のような箇所がありました。

     ※
きりの木ひかり
赤のひのきはのびたれど
雪ぐもにつむ
カルボン酸をいかにせん。

 この第一七葉には、「からす、正視にたえず」という、「恋と病熱」の元となった表現もあり、『春と修羅』ではその7つ後の作品である「風景」における雲とカルボン酸を結ぶイメージが、この箇所に由来している可能性は高いと思われます。
 そしてこの「冬のスケッチ」では、カルボン酸が「雪ぐもにつむ」と記されているのです。「つむ」と表現されるからには、このカルボン酸は液体ではなく固体であり、それが「つむ」という動的な変化を示しているということは、何らかの形でその固体カルボン酸が析出しつつある状況を、作者はイメージしていのではないかと感じられます。
 すなわち、今回の発表で神代さんが動画で示されたように、「酢酸が固化しやすく二相系を呈しやすい」という点が、賢治が「雲はたよりないカルボン酸」という隠喩を用いた具体的根拠として一つ考えられることです。

 あと、もう一つ考えられるのは、この「カルボン酸」は酢酸ではなく、より長鎖の(=炭化水素が長く連なった=高級)脂肪酸を指しているという可能性です。脂肪酸も、カルボン酸の一種なのです。
 高級脂肪酸は外見的に石鹸や蝋のような質感をしていますから、「雲」に喩えるのも十分ありえることで、『新宮澤賢治語彙辞典』の「カルボン酸」の項にも、「賢治作品でカルボン酸や脂肪酸が雲の形容に用いられるのは、(中略)高級脂肪酸特有の白蝋色から雲を連想した、と考える方が自然だろう」とあります。
 この場合は、上の「冬のスケッチ」第一七葉にある「雪ぐもにつむ/カルボン酸」という描写、すなわち「固体カルボン酸が析出しつつある状況」とは、油脂を鹸化してできた「石鹸膠」を塩析すると、石鹸成分(カルボン酸塩)が析出して浮かび上がってくる様子がイメージされているのかもしれない、などと考えたりもします。
 ちなみに、「石鹸膠」というものも、グリセリンなどの液体に固体のカルボン酸塩が懸濁した状態で、これも「二相系」なんですね。

 などと、神代さんが発表で提示して下さった動画は、いろいろと私の勝手な連想を刺激してくれました。

 最後に下の写真は、今回花巻に向かう飛行機から見た雲海、果てしなく眼下に広がる「二相系」です。正面の空の小さな白い点は、小さいけど仲秋の名月です。
 これはまるで氷山の浮かぶ南氷洋のようにも見えますが、海に氷山が浮かんでいる状態も、液体と固体の「二相系」・・・。
 『新宮沢賢治語彙辞典』によれば、「二相系は、(中略)たえず変化し運動してやまない現象としての賢治世界を、あるいは生成変化してゆく作品の様相を象徴しているキイワードだと言えるだろう」とのことでした。

南氷洋のような雲海と仲秋の名月

鈴木卓苗先生

 記事の更新が滞ってしまいまして申しわけありません。自宅のパソコンが壊れてしまい途方に暮れていたのですが、何とかハードディスクは取り外して、過去のデータは救い出すことができました(おかげで、この10年あまりの間に花巻などで撮ってきた写真も失わずにすみました)。
 しかしディスクはかなり傷んでいたので、やむをえず新しいパソコンにして、何とかブログを書ける程度の状態に設定できたところです。

 この間、9月5日には「第2回 京都・賢治の祭り」という催しで、「宮沢賢治の京都」という話をさせていただいたりしたのですが、その内容をご紹介するには、もう少し時間がかかりそうです。何分このパソコンには、まだ Word も PowerPoint もインストールしていないもので・・・。

 ところで、昨年の「京都・賢治の祭り」の際にも書いたのですが、この催しが行われている「アートステージ567」というイベントスペースを運営しておられるHさんは、賢治や花巻と不思議な絆をお持ちの方なのでした。
 その縁は、例えば「春と修羅 第二集」の「〔地蔵堂の五本の巨杉が〕」という作品に現れています。やや長い詩ですが、花巻の中根子という地区にある「延命寺」の名物、五本の巨大な杉を眺めつつ、賢治があれこれ思いを巡らせているところです。

  五二〇

               一九二五、四、一八、

地蔵堂の五本の巨杉(すぎ)が
まばゆい春の空気の海に
もくもくもくもく盛りあがるのは
古い怪(け)性の青唐獅子の一族が
ここで誰かの呪文を食って
仏法守護を命ぜられたといふかたち
   ……地獄のまっ黒けの花椰菜め!
     そらをひっかく鉄の箒め!……
地蔵堂のこっちに続き
さくらもしだれの柳も匝(めぐ)る
風にひなびた天台寺(でら)は
悧発で純な三年生の寛の家
寛がいまより小さなとき
鉛いろした障子だの
鐘のかたちの飾り窓
そこらあたりで遊んでゐて
あの青ぐろい巨きなものを
はっきり樹だとおもったらうか
   ……樹は中ぞらの巻雲を
     二本ならんで航行する……
またその寛の名高い叔父
いま教授だか校長だかの
国士卓内先生も
この木を木だとおもったらうか
  洋服を着ても和服を着ても
  それが法衣(ころも)に見えるといふ
  鈴木卓内先生は
  この木を木だとおもったらうか
    ……樹は天頂の巻雲を
      悠々として通行する……
いまやまさしく地蔵堂の正面なので
二本の幹の間には
きうくつさうな九級ばかりの石段と
褪せた鳥居がきちんと嵌まり
樹にはいっぱい雀の声
    ……青唐獅子のばけものどもは
      緑いろした気海の島と身を観じ
      そのたくさんの港湾を
      雀の発動機船に借して
      ひたすら出離をねがふとすれば
      お地蔵さまはお堂のなかで
      半眼ふかく座ってゐる……
お堂の前の広場には
梢の影がつめたく落ちて
あちこちなまめく日射しの奥に
粘板岩の石碑もくらく
鷺もすだけば
こどものボールもひかってとぶ

 で、この作品と「アートステージ567」のHさんつながりというのは、22行目に「いま教授だか校長だかの/国士卓内先生も」と登場し、27行目には「鈴木卓内先生は」として出てくる人物が、なんとHさんのお祖父さんにあたられるというのです。
 「鈴木卓内先生」は、正しくは「鈴木卓苗先生」です。花巻の言葉ではイとエが似ているので、賢治が「タクナエ」と「タクナイ」を間違ったのではないかという説もありますが、「下書稿(二)」の推敲過程では「卓苗」と書いている段階もありますから、賢治はわかった上で個人名をそのまま出すことを憚って、意識的に変えたのかもしれません。

 上の作品中の12行目に、「悧発で純な三年生の寛の家」とあるのは、農学校における賢治の教え子、桜羽場寛のことで、鈴木卓苗氏は寛の叔父(父の弟)にあたります。卓苗氏の元の名前は「桜羽場泰太」といいますが、次男で寺の跡継ぎになる必要はないため、鈴木家に養子に行きました。
 そして、師範学校を卒業してからは全国各地で教職を歴任し、新潟県の高田中学校、高知高等学校、栃木師範学校などで校長を務めた後、盛岡に私立岩手中学校が設立されるにあたり、創立者の三田義正氏に請われて初代校長として迎えられます。
 賢治が上の作品で「いま教授だか校長だか」と書いた時点では、栃木師範学校の校長をしていたことになるようです。

 さて、今回私がHさんからお聞きして感激したのは、この鈴木卓苗氏と賢治が、一緒に写っている写真が存在していたということです。下は、『新校本全集』にも載っている1906年(明治39年)8月9日、大沢温泉における「第八回仏教講習会」の記念写真です。

第八回仏教講習会(大沢温泉)

 写真中、(1)が賢治、(2)が父の政次郎、(3)が妹のトシ、(4)がこの年の講師の暁烏敏ですが、Hさんによれば左から2人目に写っている(5)の人物が、鈴木卓苗氏なのだそうです。
 あんまり小さいので、下にちょっと拡大しておきます。

鈴木卓苗

 他の大人たちはみんな浴衣の着流しなのに、一人袴をはき、「謹厳実直」という雰囲気が漂っています。後に校長先生を歴任するような威厳が、すでに感じられますね。
 「〔地蔵堂の五本の巨杉が〕」では、「洋服を着ても和服を着ても/それが法衣(ころも)に見える」と、ちょっとユーモラスに紹介されていますが、確かにそう言えなくもありません。
 鈴木卓苗氏(桜羽場泰太氏)の実家「延命寺」は、明治維新までは修験道、維新の神仏分離によって天台宗になりましたが、浄土真宗を基本とした「仏教講習会」にも、積極的に参加しておられたわけですね。お寺に生まれ、何を着ても「法衣に見える」というほどですから、教育者であるとともに仏教への信仰が篤かったのでしょう。
 そしてこの時に、まだ10歳ほどの賢治と出会っていたことは、きっとその後も2人お互いの記憶に残っていたのではないでしょうか。

(注:当初、写真に付けていた(5)の印が間違っていました。お詫び申し上げるとともに、ご指摘いただいたHさんに感謝申し上げます。)

 あと、賢治と鈴木卓苗氏の間接的なつながりとしては、斎藤宗次郎氏を介してのものがあります。
 花巻のキリスト者、斎藤宗次郎氏は、賢治の19歳も年長ですが、宗教は違っても賢治に一種の尊敬を払っていたようで、しばしば賢治が農学校に勤めていた頃には、職員室に賢治を訪ね、話をしたり、賢治の詩の朗読を聞いたりしたようです。斎藤宗次郎の日記的自伝である『二荊自叙伝』によれば、1924年(大正13年)8月26日、斎藤宗次郎氏は花巻農学校の職員室に賢治を訪ね、蓄音機でドヴォルザーク「新世界」のラルゴ(「種山ヶ原の歌」)、ベートーヴェン交響曲6番「田園」、8番などを一緒に聴いたようです。
 そしてその足で、斎藤宗次郎氏は夏休みで帰省していた鈴木卓苗氏を桜羽場邸に訪ね、教育問題などについて意見を聞いています。卒業後の道は大きく違う結果となりましたが、鈴木卓苗氏と斎藤宗次郎氏は、少年時代4年間(稗貫高等小学校?)の同窓生だったのです。
 『二荊自叙伝』によれば、すでに地元では名士となっていた鈴木卓苗氏が帰省している機会に、同窓生が氏を囲んで料亭で「懇親会」を開いたところ、飲酒に反対する斎藤宗次郎氏は出席せず、翌日の個別の面会となったようです。

 最後に下の写真は、2000年に写してきた延命寺の巨杉です。右下に小さく屋根が見えているのが、地蔵堂です。
 しかし現在は、この賢治も親しんだ杉は伐採されて、この地には切り株が残されているだけとなりました。このことは、京都に住むHさんも、残念がっておられました。

延命寺地蔵堂の巨杉

大沢温泉より南

 部屋の窓の下を、豊沢川が左から右へ流れています。けっこう深そうなところもある一方、流れはたくさんの岩のところで白い波と音を発しつづけていて、常に流量感が伝わってきます。「ザー」、あるいは「ドー」という持続的な音に、小さく「ザブン、ザブン」というような、水が脈打っているような音が混ざっているようです。
 「せせらぎ」と呼ぶにはもっとはるかに大きい感じで、「瀬」という言葉が当てはまるのかと思ったりしますが、しかし「早瀬」というほど急流でもないし、「深瀬」というのもピンとこないし・・・、と考えていると、「沢」がやはりぴったりだと腑に落ちました。これはまさに、「豊沢」であり「大沢」であり、そのように水が流れつづけている感じです。
 つねに動きつづけているものを、身のすぐそばに感じながら本を読むというのは、ちょっと不思議な感じです。

 さて今日は、朝食の後、大沢温泉から豊沢川に沿って、南の方へ歩いてみることにしました。

 宿を出てまず1kmほど行くと、すぐに到着するのが「渡り温泉」です。その名前は、この場所で道路が(そしてその昔は電車も)豊沢川を「渡って」、川の西側から東側に移ることに、由来します。川を「渡る」という一見ありふれたことが、地名にもなるほどの意味があったのは、この幅広く流れの強い川に橋を架けることが、昔はたいへんだったことによるのでしょう。
 そして、賢治の「風景とオルゴール」(『春と修羅』)も、ちょうどこの「渡り」のあたりを作品舞台としているんですね。この日賢治は、豊沢川西方の五間森という山から下りてきて、この「渡り橋」のあたりで、馬に乗った農夫とすれ違います。ちょうど正面には松倉山がそびえ、当時ここを走っていた電車の関係で、見事な電燈が山の手前に灯っていたようです。ちょうど月が出て、雲はせわしく空を走っていきます。
 賢治の心の中には、同日付作品「宗教風の恋」のテーマになり、この「風景とオルゴール」においても「(何べんの恋の償ひだ)」という言葉に表れているような、何らかの恋愛感情的苦悩があるようです。またもう一方で、なぜか彼はこの日に五間森で「木をきった」ようで、その淡い罪悪感も漂っています。作品においては、まさに幻想的な、じっくりと研ぎ澄ましたような描写が、緊張をはらんで展開していきます。ロジャー・パルヴァースさんなどは、この作品を、「20世紀日本の不朽の名詩」とまで呼んでおられます(「宮沢賢治は日本人に生まれて損をしたのか」)。

渡り橋と松倉山
渡り橋と正面の松倉山

 「渡り橋」を渡って、断崖のようになっている松倉山の西麓を過ぎると、しばらく右手には五間森が台形の形を表します。それにしても、賢治がこの日、なぜ五間森の「木をきった」のかは謎ですね。何かの目的があっての行動なのか、偶発的なことだったのか・・・。

 渡り温泉からまた1kmあまり行くと、こんどは志戸平温泉です。「「文語詩篇」ノート」には、「漆ヲヤム、志戸平」との記載があり、賢治が中学生時代に漆にかぶれて療養に来たのは、この志戸平温泉だったようです。現在、ここには「イーハトーブ病院」というけっこう大きな病院もあったりしますが、いわゆる老人病院のような外観です。

志戸平温泉(後ろは五間森)
下流から望む志戸平温泉・後ろは五間森

 志戸平温泉から、さらに南に2kmほど歩くと、松倉温泉があって、もう少し行くと道の西側に、「花巻の電気発祥地」という説明版が立っています(下写真)。賢治の時代はここに発電所があって、この日の賢治の次の作品「風の偏倚」の「ダムを越える水の音」という言葉を文字どおり解釈すると、賢治はこの発電所の堰堤あたりまで歩いてきて、「松原」電停から電車に乗ったのかと推定されます。
 この日の賢治の次の作品「」は、もう電車の中の情景です。

花巻の電気発祥地

 私たちは、このあたりの喫茶店で昼食をとってから、バスに乗って大沢温泉まで帰りました。帰ってきても、まだ午後1時頃でした。


 ところで、そもそも大沢温泉と言えば、賢治の少年時代に父政次郎氏などが中心となって、「夏期仏教講習会」が毎年開催されていた場所でした。その中でも下の写真などは、風情もあって印象的なものです。

1911年第13回花巻仏教講習会
1911年(明治44年)第13回花巻仏教講習会

 上の写真の場所が現在のどこなのかということは興味を引かれますが、これが大沢温泉の「曲り橋」という橋の上だったということが温泉側の記録にあることから、現在もある「曲り橋」に対して、下のような角度で眺めたところなのかと思ったりします。あちこち撮影場所も試してみたのですが、これは現在の大沢温泉・自炊部の1階廊下の窓から写したものです。

大沢温泉・曲り橋

 現在は、当時になかった木の枝が張り出していますし、奥の萱葺きの建物も、変わってしまっています。素敵だった当時のガス燈も、今はありません。

 でもまあ、ちょっと似た感じはすると思うのですが、どうでしょうか。

緑の町に舞い降りて

 連休前にはよくあるように、昨夜は夜更かしをしてしまったので、今朝はなんとか頑張って起きて、伊丹空港に向かいました。国内線のロビーには、まだマスクをしている人もほとんど見られませんでしたね。
 9時50分に離陸すると、少し居眠りなどしているうちに、1時間ほどで花巻の上空まで来ていました。

 豊沢川を越え・・・、

豊沢川

城址の上も飛んで・・・、

花巻上空

まもなく花巻空港に降り立ちました。

 花巻空港のターミナルビルは、これまでは滑走路の西側にあったのが、先月に東側に、全く新しい建物として完成していました。
 手荷物を受け取ると、あの松任谷由実「緑の町に舞い降りて」のレリーフを見るために、2階出発ロビーに行きました。

「緑の町に舞い降りて」レリーフ

 翼を思わせるような銀色のステンレスのオブジェに、松任谷由実さん自身の筆跡で、「緑の町に舞い降りて」の歌詞が刻まれています。この歌は、1975年に松任谷由実さんが盛岡におけるコンサートのために花巻空港に着陸した時の印象にもとづいて作られたのだそうで、それが、このたび花巻空港のイメージソングに定められた由縁です。

緑の町に舞い降りて(初音ミク版:MP3)

 私も、今回を含めこれまで何回か5月の連休の花巻空港に降りたことがありますが、本当にこの季節の花巻は、牆林(ヤグネ)の緑、周囲の山々の緑が美しく感じられます。

 さて、空港をあとにすると、新花巻駅から釜石線に乗って土沢駅に向かいました。

土沢駅

 駅前の通りから、一つ北の旧釜石街道に入ると、今日は「第29回萬鉄五郎祭」の開催に合わせ、土沢商店街では「アーツ&クラフト フリーマーケット<土澤>」という催しが行われていて、たくさんの人と活気でいっぱいでした。街道は歩行者天国になって、両側店の前には、いろいろな手作りの品物を並べた露店が出ています。まさに、「にぎやかな土沢の市日」(「冬と銀河ステーション」より)という様子でした。

土沢商店街

 このほっこりした雰囲気の露店を眺めながら西へ歩くと、花巻市東和総合支所の駐車場に、去年の11月に完成した「冬と銀河ステーション」の詩碑があります。

「冬と銀河ステーション」詩碑

 これを私なりに鑑賞してカメラに収め、国道沿いの「篠亭」という食堂でお昼を食べて、また釜石線で花巻に戻りました。

 今回の宿泊は、あこがれの大沢温泉です。もう3時前に宿に着くと、たたみの上でひと眠りしてから、露天風呂に入りました。