タグ「北上川」が付けられている記事

「下ノ畑」と北上川

 賢治は羅須地人協会時代に、独居生活をしながら北上川畔の畑で、白菜、キャベツ、当時としては珍しいトマト、アスパラガスや、ヒヤシンス、チューリップなどを作っていました。あの有名な、「下ノ畑ニ居リマス」という黒板の書き置きにちなんで、この畑はしばしば「下ノ畑」と呼ばれます。住んでいた家は河岸段丘の上にあって、畑へ行くには500mほど坂道を下りていくことになるので、「下ノ畑」なんですね。

 賢治の時代には、この畑から北上川の流れや、対岸の景色、さらにその向こうの旧天王山などが直接見渡せたことが、いくつかの作品から読みとれます。
 たとえば、「はるかな作業」(「春と修羅 第三集」)という作品では、

そらをうつして空虚(うつろ)な川と
黒いけむりをわづかにあげる
瓦工場のうしろの台に
冴え冴えとしてまたひゞき
ここの畑できいてゐれば・・・

という箇所があり、賢治は「ここの畑」から川を見ています。
 また「〔何かをおれに云ってゐる〕」(「口語詩稿」)では、北上川を工兵船に乗ってやってきた中隊長(陸軍工兵第八連隊)が、畑で作業をしている賢治(きみはいま何をやっとるのかね/白菜を播くところところです)に向かって、附近の地名などを尋ねています。作品中で「キーデンノー」と呼ばれているのは旧天王山で、「下ノ畑」からこの山も見えたことがわかります。

 その後、時代が下るにつれて北上川両岸の水辺には藪が生い茂り、賢治の「下ノ畑」から直接川の流れは見えなくなりました。
 当時と今とでは北上川の流れが変わっているため、現在「賢治自耕の地(下ノ畑)」という標柱が立っている場所が、その昔に賢治が耕していた場所そのものではないという指摘もありますが(「ロゴス古書」)、とりあえず下の写真は、2001年の秋に写した「賢治自耕の地」です。

下ノ畑(2001)

 畑の向こうの藪のすぐ後ろには北上川が流れているのですが、藪が目隠しになって、見えません。

 これに対して、ちょうど先週8月15日に、私はこの場所に行ってみたのですが、その時の様子が下の写真です。

下ノ畑(2010)

 標柱が移動したのではありません。畑の向こうの藪がきれいに取り払われて、北上川が直接見えるようになっています。この日は、前日から大雨が降っていただけに川も増水して、よけいに迫力がありますね。
 さらに川に近づくと、こんな感じ。

増水した北上川

 岸からはえている木が川の流れに浸されて、かなり水位が上がっていることを示しています。
 賢治の作品に「増水」(「春と修羅 第三集」)というのがありますが、その中の

悪どく光る雲の下に
幅では二倍量では恐らく十倍になった北上は
黄いろな波をたててゐる

という描写のようです。

 などと、私がこのあたりをウロウロしていると、この藪の刈り取りや畑の整備にあたっておられるというおじさんがやってこられました。

 その方は、この「下ノ畑」をできるだけ整備して、賢治を慕って訪れる人々に親しんでもらいたいということで、地元の6人ほどの仲間と一緒に、今年の4月から藪を切り開いたとのことでした。
 上の写真にはヒマワリが見えますが、これは今年初めて植えてみたとのこと。今後も毎年、いろいろな作物を植えていってみたいということでした。

 さらに下の写真は、畑の中に現在作りかけているという「涙ぐむ目」花壇。雨水が溜まって、あたかもちょうど「涙ぐんで」いるかのようです。

「涙ぐむ目」花壇造成中

 このあたりは、昔から下根子の「桜」と呼ばれ(現在は「桜町」)、かつては桜の木がたくさんあったとのことですが、今も残っているのは下の一本だけだということです。

下根子の「一本桜」

 一本だけというのは寂しいですが、天気がよい日には、この左側に遠く岩手山も見えるのだそうです。
 それでおじさんは、数年前にNHK朝ドラ「どんど晴れ」で有名になった「小岩井の一本桜」の向こうを張って、この「一本桜」も売り込もうか、と冗談ぽく笑っておられました。

 これらの作業は、市から補助が出るわけでもなく、地元の方の自発的なボランティア的取り組みなわけですが、こういう方々のおかげで、賢治のゆかりの地が守られていることを、実感しました。
 帰り際に、「車で来られてたらカボチャの一つも分けてあげたのに」と言っていただいた言葉に、また心が温まりました。

◇          ◇

 最後に、賢治の畑と北上川の一体感を感じさせてくれる作品、「水汲み」(「春と修羅 第三集」)。

 七一一
     水汲み
               一九二六、五、一五、

ぎっしり生えたち萓の芽だ
紅くひかって
仲間同志に影をおとし
上をあるけば距離のしれない敷物のやうに
うるうるひろがるち萓の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
つめたい風の海蛇が
もう幾脈も幾脈も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに溯って行く
   ……水を汲んで砂へかけて……
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子(たね)をあつめてゐる
   ……水を汲んで砂へかけて……
岸までくれば
またあたらしいサーペント
   ……水を汲んで水を汲んで……
遠くの雲が幾ローフかの
麺麭にかはって売られるころだ


 そして、この詩に、高田三郎が曲を付けた混声四部合唱曲。

♪「水汲み」(高田三郎作曲, VOCALOID演奏)MP3: 3.29MB

岩手丸

 時間がなくて、なかなか新たな記事の書き込みもできないうちに、日々が過ぎていきます。
 ところで、このブログトップページの右カラムの下の方に、「賢治関連ブログ」という欄を新設して、「イーハトーブ・ガーデン」、「壺中の天地」、「「猫の事務所」調査書」、「宮沢賢治と「アザリア」の友たち」という4つのブログへのリンクを載せさせていただきました。すでに、ご存じの方も多いかもしれませんが、いずれも個性的でとても興味深いブログで、お薦めです。

 あと、たまたま先日、『岩手県の百年』(山川出版社)という本を見ていたら、北上川に就航していた蒸気船「岩手丸」の写真が載っていました。

岩手丸(狐禅寺の船着場に停泊)

 『【新】校本全集』年譜篇によれば、1912年(明治45年)5月27日、賢治たちは盛岡中学の修学旅行に出発します。

五月二十七日(月)修学旅行に出発。町田、後藤、森田教諭引率、四年生八四名。午前三時三〇分盛岡駅発。一関へ出、北上川畔狐禅寺まで徒歩四キロ、川蒸気外輪船岩手丸七〇トンにのり、石巻へ向かい、下船後、日和山に登り海を見る。石巻一泊。

 上写真の「岩手丸」は、「北上廻漕会社」が明治18年に発足して、その年の5月に新造された、まさに出来たての姿です。後ろに延びる橋は、狐禅寺村の「千歳橋」ということで、まだご覧のように欄干は船に載った「船橋」になっています。写真の岩手丸が、賢治が乗ったものと完全に同一なのかはわかりませんが、やはり立派な「蒸気外輪船」ですね。
 小川達雄著『盛岡中学生 宮沢賢治』(河出書房新社)には、「しかしその船便も明治二十三年に通った鉄道(東北線)の集客力に負けて、この修学旅行の翌年には運航中止に立ち至った。従って賢治たちはその航路が間もなく閉じようとする頃の船旅を経験したことになる」と書いてありますが、実際にはこの北上川航路は、運行会社を転々と変えながらも、蒸気船は1921年(大正10年)頃、その後は発動機船によって1936年(昭和11年)頃までは、細々と続いていたようです。

 ところで、1887年(明治20年)には、当時20歳の幸田露伴が、やはりこの「岩手丸」で狐禅寺から石巻へ川を下ったことを、今回検索しているうちに知りました。当時、電信技師として北海道の余市に勤めていた露伴は、突然に職を放棄して東京に逃げ帰るのですが、その道中を記したのが、「突貫紀行」(青空文庫より)という彼の最初期の作品です。
 見る物聞く物、好き勝手に評したり、あるいは一日読書をしていたり、歩きすぎて足が痛くなって弱音を吐いたり、妙に調子がよくてどこかやけになったような面白さがあります。盛岡には一泊滞在して、「久しぶりにて女子らしき女子をみる。…中学は東京の大学に似たれど、警察署は耶蘇天主堂に似たり。」などと書いていますが、花巻は車であっという間に通りすぎてしまいます。
 そして「岩手丸」に乗るところは次のように描写されています。

 十八日、朝霧いと深し。未明狐禅寺に到り、岩手丸にて北上を下る。両岸景色おもしろし。いわゆる一山飛で一山来るとも云うべき景にて、眼忙しく心ひまなく、句も詩もなきも口惜しく、淀の川下りの弥次よりは遥かに劣れるも、さすがに弥次よりは高き情をもてる故なるべしとは負惜みなり。登米を過ぐる頃、女の児餅をうりに来る。いくらぞと問えば三文と答う。三毛かと問えばはいと云い、三厘かといえばまたはいと云う。なおくどく問えば怫然として、面ふくらかして去る。しばらくして石の巻に着す。

 文章は流麗でも、餅売りの少女をからかっているところなど、まだ20歳の、やはりこっちも「男の子」ですね。

 先日アップした「大正期花巻の鉄道路線図」において、青い線で表した「岩手軽便鉄道」が右上の方向へ走っていくのを追って、画面をマウスでたぐり寄せるようにドラッグしていってみて下さい。「イギリス海岸」のちょっと上流あたりから、しばらく線路が北上川に沿って、直線的に走る箇所があります。距離にしたら、だいたい800mくらいでしょうか。
 ここを列車が走る時は、さぞ気持ちよかっただろうなと以前から私は思っていて、そして「岩手軽便鉄道の一月」という作品は、このあたりの情景を描いたものだろうかと、とくに根拠もなくぼんやり考えたりしていました。
 すると、伊藤光弥氏の『森からの手紙 宮沢賢治 地図の旅』(洋々社)に、この作品の舞台に関する詳しい考察が載っていました。

 まず、下記が作品の全文です。

  岩手軽便鉄道の一月
               一九二六、一、一七、

ぴかぴかぴかぴか田圃の雪がひかってくる
河岸の樹がみなまっ白に凍ってゐる
うしろは河がうららかな火や氷を載せて
ぼんやり南へすべってゐる
よう くるみの木 ジュグランダー 鏡を吊し
よう かはやなぎ サリックスランダー 鏡を吊し
はんのき アルヌスランダー [鏡鏡鏡鏡]をつるし
からまつ ラリクスランダー 鏡をつるし
グランド電柱 フサランダー 鏡をつるし
さはぐるみ ジュグランダー 鏡を吊し
桑の木 モルスランダー   鏡を……
ははは 汽車(こっち)がたうたうなゝめに列をよこぎったので
桑の氷華はふさふさ風にひかって落ちる

  注:7行目の[鏡鏡鏡鏡]は、一文字分に「鏡」の字が2列2段に計4個書かれたもの。

 この作品の舞台に関して、佐藤寛氏は、次のように書いておられました。

 私の想像にして誤りなければ、この詩は鳥谷ヶ崎駅と似内駅の中間 ―国鉄になってからはこの区間の路線変更で、まったく違った方向を走っていますから、その当時の情景を車窓に再現することはできなくなった訳です― 即ちあの四十分の一勾配を下って瀬川を渡り小舟戸からイギリス海岸の付近に差しかかかった風景を詠んだものと考えられます。(『四次元』昭和26年3月号)

 これは、私がぼんやり想像していたこととだいたい同じような感じなのですが、これとは異なって、伊藤光弥氏は次のような考察をされます。

 「岩手軽便鉄道の一月」には、「ぴかぴかぴかぴか田圃の雪がひかってくる」の次に「河岸の樹がみなまっ白に凍ってゐる」情景が詠まれています。このとき、賢治は花巻に向かう上り線(西行きの列車)に乗っていたのではないでしょうか。最初に目にした光景が田園風景であり、次に北上川の風景が詠まれているからです。また、もし反対の下り線(東行き)に乗っていたとすれば、北上川は前方に見えてくるはずで、「うしろは河が……ぼんやり南へすべってゐる」では状況に合わないと思うのです。

 さらに伊藤氏は、大正時代の「五万分の一地形図」をもとにして、次のように推理を続けられます。

 旧版地図(五万分の一地形図「花巻」)では、小舟渡付近で軽便鉄道の線路が電信柱の列と交叉するところがあり、電線が小舟渡から北上川を越えて対岸の旧矢沢村役場の方向に延ばされていたことがわかります。
(中略)
 賢治の時代には、軽便鉄道上り線(西行き)の列車は小舟渡付近で電線の下をくぐってから瀬川鉄橋を渡り、鳥谷ヶ崎駅に向かいました。地図を見ると、瀬川鉄橋の下には桑畑が広がっています。ということは、軽便鉄道が電柱の列(フサランダー)をくぐったあとで桑畑(モルスランダー)を横切ったことになり、これは「岩手軽便鉄道の一月」に描かれた電柱や桑畑の順序と一致しています。(『森からの手紙』p.217-218)

 で、下の図が、大正時代の五万分の一地形図「花巻」の該当部分です(同書より)。

大正時代の五万分の一地形図「花巻」

 文中で出てくる「電線」とは、「花巻町」の「町」の字の下あたりから、右に向かって細い線が出て、岩手軽便鉄道と北上川を越え、対岸ではやや右下向きに角度を変えて走っている線のことですね。また、「瀬川鉄橋の下には桑畑が広がっています」というのは、小さくてちょっとわかりにくいのですが、「花巻川口町」の「花」の字の周囲に、3つほど「桑畑」という記号がありますが、これが桑畑の地図記号です。

 というようなわけで、伊藤光弥氏の考察は、当時の地図に基づいた実証的なものであり、とても説得力があるのですが、私には何となく残念さというかさびしさが残ってしまうのです。
 というのは、作品を読んでいくと、その2行目には「河岸の樹がみなまっ白に凍ってゐる」とあって、北上川の河岸に並んでいる樹々が、列になってみんな白く凍っている情景がまず目に浮かんできます。そして、4行目から10行目にかけて、列車が走るにしたがって次々と作者の目の前に現れる木(と電柱)に、作者は陽気にあいさつを贈りつづけます。
 2行目で描かれた「河岸の樹」が頭にあると、最後から2行目の、「汽車(こっち)がたうたうなゝめに列をよこぎった」という箇所に出てくる「列」とは、北上川の河岸に並ぶ樹々の「列」なのだろうと感じるのではないでしょうか。少なくとも私は、これまでそう思ってきました。

 しかし、伊藤氏の解釈では、賢治が順々にあいさつしている樹々は、河岸に沿って並んでいるのではなくて、北上川から少し離れた内陸部に立っていることになるのです。ずっと河岸でないといけないなんていうことはないのですが、樹々が河岸に列をなして並んでいた方が、私としては何となく楽しい気がしていたのです。
 でも、伊藤氏が書いておられるように、たしかに列車が川に沿って走っていたのでは、「うしろは河がうららかな火や氷を載せて/ぼんやり南へすべってゐる」という描写に合わないような気がしますね。

 ここでこの問題について考えていて私がふと思ったのは、この「うしろは」という言葉は、伊藤氏が解釈されたように「作者が乗った列車の背後では」という意味なのではなくて、前の2行目にある「河岸の樹がみなまっ白に凍ってゐる」を受けて、「樹の背後では」という意味なのではないかということです。車窓から見て、まず河岸の凍った樹の列があり、その向こうを川が流れている、という情景です。
 考えてみると、伊藤氏の解釈では、列車の背後にある川は、現在の作者の目には見えていないはずで、その川が「うららかな火や氷を載せて/ぼんやり南へすべってゐる」と現在形で具体的に描写するのは、ちょっと不自然な感じもしてきます。

 また、「グランド電柱 フサランダー」について伊藤氏は、地図に記されている送電線と軽便鉄道が交叉する場所を考えておられますが、このような地形図に記載される「送電線」とは、普通に町で見かける電線(や電柱)ではなくて、もっと大規模な高圧線なのではないかと思うのですが、どうでしょうか。賢治の時代にどうだったか詳しくはわからないのですが、現在なら鉄骨で組み立てられた巨大な「鉄塔」が電線を中継していて、「電柱」とはまた別のような気もします。
 ちなみに、「グランド電柱」という作品では、「花巻大三叉路」と賢治が呼んだ、向小路のあたりの電柱が登場しますが、上の地図ではこのあたりには送電線は記載されていません。
 つまり、少なくとも地形図上に送電線が記入されていない箇所にも、賢治の言う「グランド電柱」は存在したわけですから、「グランド電柱 フサランダー」の位置について、「送電線と軽便鉄道の交叉点」に限定する必要はないと思われます。

 ただ、最後から2行目の「汽車(こっち)がたうたうなゝめに列をよこぎった」にある「列」というのを、河岸に並ぶ樹々の「列」と考えると、それを汽車が「よこぎ」るのは、上の地形図で言えばいちばん右上の端のところ、軽便鉄道が北上川を渡る直前ということになろうかと思います。そうなると、冒頭に挙げた「北上川併走箇所」からは、そこまでの間に「似内駅」も存在することになり、ちょっと距離が遠いように思われることがやや難点です。


 まあこれは、簡単に結論は出ない問題ですね。ただ私としては、北上川と河岸に並ぶ樹の列に沿って、作者が乗った列車が走るという情景の方に、愛着を感じるということを申し上げたかったのです。


 中途半端な議論になってしまいましたが、最後にお口直しに、林光作曲による「岩手軽便鉄道の一月」をどうぞ。

林光作曲「岩手軽便鉄道の一月」(MP3: 1.51MB)

この砂はみんな水晶だ

 ・・・そして間もなく、あの汽車から見えたきれいな河原に来ました。
 カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌にひろげ、指できしきしさせながら、夢のやうに云ってゐるのでした。
「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えてゐる。」
「さうだ。」どこでぼくは、そんなことを習ったらうと思ひながら、ジョバンニもぼんやり答へてゐました。・・・

 「銀河鉄道の夜」において、銀河の岸の河原の砂を描写した有名なところですが、最近出た『宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか』(堀秀道著,どうぶつ社)という本は、この箇所に関連して、素晴らしいことを教えてくれました。

 宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか  宮沢賢治はなぜ石が好きになったのか
 堀 秀道

 どうぶつ社 2006-12
 売り上げランキング : 23349

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 著北上川の中洲者の堀秀道氏は、ある博物館が「宮沢賢治展」を開催するにあたってパンフレットに一文を書くよう求められ、生まれてはじめて花巻にやって来ます。新花巻駅でレンタカーを借りて、当てずっぽうに北上川に出ると、川岸に降りて一つの中洲に「上陸」し、ハンマーを取り出して作業を開始しました。
 まもなく、著者のリュックには、黄緑色の蛇紋岩、緑黄色のエピドート(緑廉石)、青黒い角閃石、水晶、黄鉄鉱の結晶など、十数個の石が収められました。専門家から見ても、「半時のうちに、これほど多様な鉱物が集まる河原はめずらしい」とのことです。

 これに続く感動的な一節は、下に引用させていただきます。

 そのうち春の太陽は次第にかたむき、斜めにさしかかるようになる。すると、中洲の先端の方の、逆光の中に、何かピカピカ光るものがたくさん見えてきた。はて何だろう。輝きの正体を見届けるべく、すこし水中に踏み込んで探すと、数ミリ大、無色透明の粒があちこちで光っている。手に取ると、ガラスのようだが、結晶面に囲まれ、そのぬれた面が斜めの日光を反射していた。それは小さい水晶で、柱面がほとんどない、コロッとした形になっている。
 「これは高温水晶だ!」と私は瞬間的に理解した。・・・

 著者がさらに調べていくと、中洲の中のある箇所には、かなり広い範囲でこの水晶の粒のみで出来た白い浅瀬があることも判明したのだそうです。


 河原の「水晶の砂」というのは、本当にあったのですね。実在していたのならば、「石コ賢さん」とまで呼ばれた賢治が、北上川の浅瀬に集まって輝くこれらの小さな水晶の粒を、少年時代に目撃していたのは確かでしょう。
 そしてその美しさに見とれ、掌に取ってみた体験が、後に「銀河鉄道の夜」の一景として昇華されたのでしょう。

 下の写真は、まさにこの時に著者が北上川の中洲で採集した、「高温水晶」の粒たちだそうです(上掲書口絵より)。

北上川で採集された高温水晶

たゝかひにやぶれし神(2)

 岩手県の地図を広げると、中央西寄りを北上川が南北に流れ、その両側に平野部が開けています。一括して「北上盆地」と呼ばれる領域ですね。
 県内の人口密集地の多くは、この平野部に連なっているのですが、おもしろいことに、川に沿った市や町のほとんどは、北上川の西岸にかたよっています。左右対称ではないのです。

北上川の東西 右の図のように、盛岡から一関までの間、北上川に面した市町のうちで主要部が東岸にあるのは盛岡市と江刺市だけで、あとはすべて西岸に街の中心があります。
 このようなことになっている理由は、たまたま西岸の方に、より農耕に適した平地が存在していたということなのでしょうが、それでもここまできれいに並んでいると、不思議な感じがします。

 そして、これらの街並みと川をはさんでちょうど相対するような形で、北上川の東岸には、平安時代にまでさかのぼる古寺群が並んでいるのです。
 水沢の黒石寺は、伝承では行基が創建したと言われますが、蝦夷征伐戦で焼失して坂上田村麻呂が再建したと伝えられています。江刺の智福毘沙門天像は、坂上田村麻呂その人の姿を模したものと伝えられています。
 また、9世紀中頃に創建された極楽寺は、準官寺としてこの地域の仏教文化の中心をなしていたと考えられていますが、その後失われ、もともとここにあった毘沙門像は、現在は少し北にある立花毘沙門堂に祀られています。
 賢治の「祭日〔二〕」に出てくる成島毘沙門天像は室町時代の作とされていますが、寺そのものはやはり坂上田村麻呂による創建という伝承を持っています。
 そして、賢治記念館のすぐ上にある胡四王神社も、807年に坂上田村麻呂が自分の兜の中に納めていた薬師如来像を祀ったのが最初の由来と伝えられており、江戸時代までは「胡四王寺」というお寺でした。

 このように、北上川東岸に古寺が分布している現象については、黒石寺の住職が直々に「北上川東岸の仏教文化と黒石寺」というページで解説しておられます。また、この問題について佐藤弘夫氏は、『霊場の思想』(吉川弘文館)において、次のように述べておられます。

・・・田村麻呂は硬軟両策を駆使して平定を進め、胆沢地方を完全に掌握してその地に胆沢城を築いた。延暦21年(802)のことである。田村麻呂は最終的には盛岡の北にまで進出を果たした。勧告に応じて降伏したアテルイは、田村麻呂の助命嘆願にもかかわらず京都で処刑されている。
 黒石寺は、対蝦夷戦争の最前線であった胆沢城を去ることわずか十数キロの距離にあった。しかも黒石寺が創建されたという平安時代の初期は、まだ戦火の余燼のくすぶる時期だったのである。
 黒石寺をはじめとする仏像群は、中央政府の支配の最前線に沿って建立された朝敵降伏のシンボルだった。それはまた、蝦夷の抵抗の根拠地であった北上川東岸地域に深く打ち込まれた文化的なくさびだった。矛を手にし、仏敵を砕破すべく四周を見渡す毘沙門天像の鋭いまなざしは、同時に朝廷にあだなす蝦夷にも向けられたものだったのである。(強調は引用者)

 すなわち、ある時期まで「北上川より東側」は、「蝦夷」の世界を象徴するものだったのです。789年「巣伏村の戦い」において、官軍が北上川西岸の駐屯地から東岸へ渡河しようとした時、アテルイの奇襲によって壊滅的な打撃を受けた記憶は、その後も征服者たちの脳裏に残っていたのでしょうか。
 また、このような歴史を考えると、冒頭に述べたように川の西岸に農耕的な「ヤマト」文化が定着していったのも、たんなる偶然ではないような気もしてくるのです。

 ということで、私のイメージの中では、北上川の東に連なる山地と準平原は、上記の戦争における「たゝかひにやぶれし神」を追悼する場所としてふさわしく感じられ、これが「〔水と濃きなだれの風や〕」に対する個人的な思い入れにつながる、というお話でした。


 ところで「北上川の東と西」ということに関して言えば、『春と修羅』の舞台は、花巻の町、岩手山、小岩井農場、松倉山など、北上川の西側の世界が多く目につくのに対して、「春と修羅 第二集」では、種山ヶ原、五輪峠、早池峰山、三陸、岩根橋など、「川の東側」の世界が増えてくるということを、どなたかが指摘しておられたように思います。