タグ「剣舞の歌」が付けられている記事

 昨年12月2日に行った「第4回イーハトーブ・プロジェクトin京都ー歌でつづる宮沢賢治の世界」においてソプラノの大神田頼子さんは、作曲家の青島広志氏の編曲による賢治歌曲も、何曲か歌って下さいました。
 実は私は、青島広志氏編曲による賢治歌曲集の楽譜『ポランの広場』を1999年から持っていて、このサイトに最初に「歌曲の部屋」を作る際には、いろいろMIDIに打ち込んだりしてDTMの勉強をしていました。その歌を実演で聴いたのは今回が初めてだったのですが、何かとても懐かしい感じがしました。

ポランの広場 宮沢賢治歌曲集 ポランの広場 宮沢賢治歌曲集
青島 広志

ハンナ 1998-12-10
売り上げランキング : 323830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 その懐かしさに惹かれて、年末頃から再び青島広志氏の編曲による賢治歌曲のDTM演奏を、作ってみていました。
 それでとりあえずできたのが、下記の「星めぐりの歌」と「剣舞の歌」です。

 青島氏による「星めぐりの歌」は、可愛らしく素朴な小品です。もともとこの曲は2拍子ですが、多くの人がこの歌を唄う時とは強拍・弱拍が逆になっていて、それがまた心地よい感じもします。
 原曲はピアノ伴奏ですが、ここではハープの音色にしてみました。

星めぐりの歌(青島広志編曲)

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。
オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、

アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。
大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。


 一方、青島氏による「剣舞の歌」は、勇壮な激しい音楽になっています。この前奏を聴くと、ハチャトゥリアンのバレー音楽「ガイーヌ」の中の有名な一曲「剣の舞い」を連想しますが、実際に譜面を見比べると、青島氏によるピアノ伴奏の左手は、「剣の舞い」におけるハープの動きと同一の音型になっていて、この編曲がハチャトゥリアンにインスパイアされたものであることが、はっきりとわかります。
 そこで今回は、青島氏によるピアノ伴奏に、ハチャトゥリアンのスコアに倣って簡易オーケストレーションを施し、オーケストラ伴奏による演奏を作ってみました。パーカッションではシロフォンとティンパニ、スネアドラム、あとトロンボーンのポルタメントや高音の木管が活躍します。
 まあ、余興のようなものと思ってお聴きいただければ幸いです。

剣舞の歌(青島広志編曲)

夜風とどろきひのきはみだれ
月は射そそぐ銀の矢並
打つも果てるも火花のいのち
太刀の軋りの消えぬひま
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah

太刀は稲妻萱穂のさやぎ
獅子の星座に散る火の雨の
消えてあとない天のがはら
打つも果てるもひとつのいのち
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah

伊藤卓美「剣舞の歌」
伊藤卓美氏の版画「剣舞の歌」

◇          ◇

 折口信夫は、『日本藝能史ノート』(中央公論社)の「念佛踊り」の章に、次のように書いていました(p.88)。

さて、少し話を念佛踊りの方へ向けたい。古は若い者の魂を後ほど怖れなかつた。まびくことも普通だつた。幼兒の死も、少年期から青年期にかけての人々の死も怖れなかつた。この信仰が段々變つて來た。御靈信仰は若くて恨みを呑んでゐる者の死靈であるといふが、若くてといふことは必須の條件ではない。もとは唯鬱屈した魂の祟りである。それが後に曾我兄弟や義經が出てくるに及んで、若さの観念がつきまとうて來るやうになつた。成年戒を受けずに死んだ者の魂は、里に残つてゐて他處へ行かぬので、次第にその扱ひに恐しさを感じて來て、それを祓ふ式を必要として來る。此が念佛踊りの一つの起原である。そして現存の大部分の田樂の基礎は、この念佛踊りである。

 岩手県地方に伝わる「剣舞(けんばい)」も、その起源は「念仏踊り」にあります。私は折口信夫の上の文章を読んだ時、はからずも賢治の「原体剣舞連」を連想してしまいました。

 賢治は地質調査で通りかかった江刺地方の原体村で、たまたま剣舞を目にして涙が出るほど心を動かされます。岩手で生まれ育った賢治ですから、それまでにも剣舞を見たことはきっと何度もあったはずなのに、この時にそれほどの感動をしたのは、原体村の剣舞はいわゆる「稚児剣舞」で、舞い手はみんな少年たちだったからでしょう。

うす月にひらめきいでし踊り子の異形を見ればわれなかゆかも 593
若者の青仮面の下につくといきふかみ行く夜をいでし弦月     605

 剣舞のルーツである念仏踊りが、もとは若くして死んだ者たちの霊を鎮めるための儀式だったとは、賢治はまったく意識していなかったでしょうし、彼が原体村の剣舞を見た際の感動と、このような由緒とは、関係のないことです。

 しかし、亡くなった少年たちの鎮魂のために、健やかな少年たちがけなげに踊る・・・。そのような情景を想像した時、私には「打つも果てるもひとつのいのち」という、「原体剣舞連」の最後の一行が、否応なく心に浮かんだのです。

 (今日の文章は、理屈のない連想のかけらでした。)

◇          ◇

   原体剣舞連(はらたいけんばひれん)

   dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
こんや異装(いさう)のげん月のした
(とり)の黒尾を頭巾(づきん)にかざり
片刃(かたは)の太刀をひらめかす
原体(はらたい)村の舞手(おどりこ)たちよ
(とき)いろのはるの樹液(じゅえき)
アルペン農の辛酸(しんさん)に投げ
(せい)しののめの草いろの火を
高原の風とひかりにさゝげ
菩提樹(まだ)(かわ)と縄とをまとふ
気圏の戦士わが朋(とも)たちよ
青らみわたるこう気をふかみ
楢と掬(ぶな)とのうれひをあつめ
蛇紋山地(じゃもんさんち)に篝(かゞり)をかかげ
ひのきの髪をうちゆすり
まるめろの匂のそらに
あたらしい星雲を燃せ
   dah-dah-sko-dah-dah
肌膚(きふ)を腐植と土にけづらせ
筋骨はつめたい炭酸に粗(あら)
月月(つきづき)に日光と風とを焦慮し
敬虔に年を累(かさ)ねた師父(しふ)たちよ
こんや銀河と森とのまつり
(じゅん)平原の天末線(てんまつせん)
さらにも強く鼓を鳴らし
うす月の雲をどよませ
  Ho!Ho!Ho!
     むかし達谷(たった)の悪路王(あくろわう)
     まっくらくらの二里の洞
     わたるは夢と黒夜神(こくやじん)
     首は刻まれ漬けられ
アンドロメダもかゞりにゆすれ
     青い仮面(めん)このこけおどし
     太刀を浴びてはいっぷかぷ
     夜風の底の蜘蛛(くも)おどり
     胃袋はいてぎったぎた
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
さらにただしく刃(やいば)を合(あ)わせ
霹靂(へきれき)の青火をくだし
四方(しほう)の夜(よる)の鬼神(きじん)をまねき
樹液(じゅえき)もふるふこの夜(よ)さひとよ
赤ひたたれを地にひるがへし
雹雲(ひゃううん)と風とをまつれ
  dah-dah-dah-dahh
夜風(よかぜ)とどろきひのきはみだれ
月は射(ゐ)そそぐ銀の矢並
打つも果(は)てるも火花のいのち
太刀の軋(きし)りの消えぬひま
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
太刀は稲妻(いなづま)萱穂(かやほ)のさやぎ
獅子の星座(せいざ)に散る火の雨の
消えてあとない天(あま)のがはら
打つも果てるもひとつのいのち
  dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah

◇          ◇

 賢治はこの詩の最後の10行に節を付けて、「剣舞の歌」として唄っていたということで、劇「種山ヶ原の夜」の中でも劇中歌として使用されます。
 下のファイルは、その節回しで宮澤清六さんが唄っていたソノシートをもとに、私が以前に編曲したものです(「歌曲の部屋」より)。

♪「剣舞の歌」(MP3:2.17MB)

 

スタジオジブリ「種山ヶ原の夜」

 スタジオジブリと言えば、今月29日から公開予定の「ゲド戦記」が話題になっていますが、これより一足お先に、先日DVDで出た、「種山ヶ原の夜」を買ってみました。 

 種山ヶ原の夜  種山ヶ原の夜
 宮沢賢治

 ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-07-07
 売り上げランキング : 6937

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 30分弱の短い作品ですが、まず何よりも、登場人物たちの方言による会話が、絶品です。
 ほぼ忠実に賢治の原作のとおりしゃべっているのに、文字で読むのでは私などにはわからないような微妙なニュアンス、歌うようなやさしい言葉の響きが、山で暮らす人たちの生活感と種山ヶ原の自然を浮かび上がらせてくれます。

 画像は、男鹿和雄さんという画家・アニメーション美術監督による、「紙芝居映像」という趣向になっています。アニメのような動きはないのですが、ゆったりとした自然や人々の描写にはぴったりですね。
 とりわけ、ジブリの「種山ヶ原の夜」公式ページ冒頭のフラッシュにも出てくる、種山の山頂から周囲を見渡したパノラマ映像は、本物の種山ヶ原に立った時の感覚を、まざまざと甦らせてくれるような素晴らしいものです。

 それからこの劇には、賢治作の音楽もいろいろと出てきますね。「牧歌」「種山ヶ原」をはじめ、「応援歌」「剣舞の歌」も聴くことができます。「牧歌」を歌っているのは、アンサンブル・プラネタという女性ア・カペラユニットで、夢のような美しい声でした。

「剣舞の歌」新編曲アップ

 「歌曲の部屋」に、「剣舞の歌」の新しい編曲をアップしました。
 この編曲は簡単に言うと、「宮澤清六氏による朗唱の旋律を、伝統的な剣舞のお囃子のリズムに乗せて、一つの曲にする」というコンセプトにもとづいて作りはじめました。

 「宮澤清六氏による朗唱」とは、「有信堂マスプレス」という出版社から1960年に発行された『現代詩集(3)宮沢賢治詩集』に附録のソノシートに収められた、清六氏による「原体剣舞連」の朗読において、その終結部の「剣舞の歌」歌詞相当部分が、節を付けて歌われる箇所のことです。「【新】校本全集」の楽譜のもとになっていますが、最近では桑島法子さんの朗読でも聴くことができます。私は、今年の1月にイーハトーブ館を訪ねた際に、図書館でこの清六氏の歌を録音させていただいていました。
 「剣舞のお囃子」に関しては、今年5月に北上市の「鬼の館」を訪ねた際に、剣舞の記録ビデオからいくつかを録音していました。
 今回、これらから採取したエッセンスを融合させ、一つの曲にしようとしてみたわけです。

 清六さんの歌や、本物の剣舞の囃子からすると、その表面的な真似事にしかすぎませんが、一度お聴きいただければ幸いです。
 曲の最後は、「獅子の星座」や「天のがはら」にちなんだ「おまけ」です。

花巻(3)

 昨夜はホテルの部屋からうまくネットにつながらず、結局ブログの更新のために、 パソコンをホテル近くの公衆電話まで持ち出したりしていました。すると、更新中にその公衆電話に入れる硬貨が足りなくなるので、 お釣りが目的で近くの自動販売機で飲み物を買ったり・・・、ということで、昨日アップされていた文章を書いた後にも、 いろいろと苦労もあったのです。そのあとでまた続きの読書をしていたので、寝るのがだいぶ遅くなってしまいました。
 で、何が言いたいのかというと、今朝はかなり寝坊をしてしまって、「朝食はどうなさいますか」 とフロントから部屋に電話がかかってきました。カーテンを開けるともう日は高くなっていましたが、まあお休みの日ですから、 これも一つの過ごし方かと思っておきます。

「セロ弾きのゴーシュ」碑 チェックアウトをすませると、新花巻駅前の「セロ弾きのゴーシュ」 の碑のところへ行きました。この碑は、人が近づくと自動的に「星めぐりの歌」と「トロイメライ」 のチェロ演奏が鳴るようになっており、石碑のページでこれも聴けるようにするため、ICレコーダにこの音楽を録音しました。 これは近日中に公開したいと思いますので、少しお待ち下さい。

 この後の行動については、いくつか案はあったのですが、結局お隣の北上市にある「鬼の館」という博物館に行ってみることにしました。 「剣舞」のお囃子が、どうしても聴きたかったからです。
 北上駅からタクシーに乗ってずうっと西へ、「岩崎鬼剣舞」で有名な岩崎地区に向かうと、目の前には駒ヶ岳や焼石岳の連峰が、 雪をかぶってならんでいました。

北上市立「鬼の館」 「鬼の館」(左写真)は、5月5日ということで子供は無料という企画になっていたため、 家族連れの人々でいっぱいです。ホールに据えられたテレビでは、鬼剣舞のビデオが流されていますが、 さすがにこのあたりで生まれ育った子供たちは、剣舞のお囃子に合わせて足を踏み鳴らしたり、お父さんが「もう行こう」と言っても 「もうちょっと」と言ってずっと踊りに見とれていたり、しっかりと風土を受け継いでいる感じです。
 このビデオの前に私もしばらく座って、笛と鉦と太鼓によるお囃子のいろいろなパターンを、またICレコーダに録音しました。賢治の歌曲 「剣舞の歌」を、こんな響きと融合させて編曲できたら素晴らしいと思いました。

 館をあとにすると、また花巻に戻って、お昼はマルカンデパートの大食堂でカレーを食べました。予想されたことですが、 ここもやはり家族連れでいっぱいです。
 あと飛行機までしばらくの時間があきましたが、羅須地人協会跡の賢治詩碑前で過ごすことにしました。

 詩碑前の広場に着いた時には、ロード用の自転車を停めた若者が一人いただけで、すぐに誰もいなくなりました。 広場の北東の角のベンチに腰かけて、またおとといからの読みかけの本の続きです。途中、観光バスの団体が2度、 にぎやかに訪れては去っていきました。

 今日は曇っていましたが、早池峰山は花巻市内からも比較的よく見えました。この広場から望むと、ちょうど旧天王山の奥にそびえているのですね。 前回来たときにはほとんど雲に隠れていたので、今日はじめて位置関係をはっきり把握しました。
早池峰山系

 それから傾いた木塔、広場の南東の隅に立っている「われらに要るものは銀河を包む透明な意志巨きな力と熱である」 という木塔のことですが、 以前から少しずつ傾いているような気はしていたものの、今日見ると、右写真のようにかなり斜めになってしまっています。 根もとのあたりを見ても、急に動いた形跡はなさそうなのですが、このままだと何となく倒れてしまいそうで、 どうにかして対策をとってほしいものです。

 3時になったので、なごり惜しいですが広場を後にして、また花巻駅に戻り、空港に向かいました。
 飛行機の中でも、またモノレールと阪急電車の中でも、村上龍の続きです。

 阪急電車を降りる時点で、小説はまだ100ページほど残っていたので、家に着いてから夕食をとり、 それから残りをやっと読み終わったので、今このブログを書いています。

 村上龍の「半島を出よ」は、とても面白かったです。作者が意識して書いたのかどうかはわかりませんが、これは二重の意味で、「解離」 という心のメカニズムに深く関わった小説だと感じました。しかしこれは、宮澤賢治とはまた別の話です。

80年目の「異途への出発」(2)

 朝起きると、窓の外は雪景色でした(右写真)。知らないうちに、 夜のあいだにかなり降っていたようです。

 朝食をとってロビーで待っていると、8時30分に、花巻農業高校の阿部弥之さんが来られました。阿部さんとは、昨年後半から 「普代村に賢治歌曲のチャイムを作る計画がある」ということでご相談を受けて以来、花巻のりんごを送っていただいたり、 いろいろとご懇意にさせていただいていました。今回、私が三陸地方を旅行すると申し上げると、さまざまな便宜をはかっていただき、 本当に恐縮してしまうほどでした。

 今日はまず、阿部さんの車に乗せてもらって、イーハトーブ館に向かいました。 雪はまだどんどん降り積もっていくので心配になりますが、阿部さんによれば「今日はまだ優しい雪でよかったですね」ということです。 自動車は、昔の岩手軽便鉄道の跡に沿って走っていき、ここが昔の郡役所、稗貫農学校跡、女学校跡、などと阿部さんの解説つきです。 猿ヶ石川が北上川に注ぐあたりでは、木々はまさに「岩手軽便鉄道の一月」を彷彿とさせ、 「鏡を吊し」たように一本一本真っ白になっていました。
 イーハトーブ館の玄関前の石段は除雪してありましたが、一部は凍結してつるつるになっています。気をつけるように、 と阿部さんに言われながら館に入りました。2階の事務所に上がると、牛崎敏哉さんにお願いして、かなり昔に出ていた「原体剣舞連」 の宮澤清六さん朗読によるソノシートを聴かせていただき、ICレコーダに録音しました。朗読の最後の部分が、独特の節回しで歌曲 「剣舞の歌」 になっていくので、今度いつかこの曲を編曲する時の参考にするためです。
 2階の図書室から階下に降りると、「賢治曼陀羅展」というガラス絵の展覧会をやっていたので、しばらく見ていました。BGMとして、 私が昔に寄贈したCDが流れていて、 うれしいような恥ずかしいような変な気持ちです。

 イーハトーブ館をあとにすると、いよいよ三陸へ向かいます。そもそも今回の旅行で私は、 昨年秋に普代村にできた詩碑を見学するとともに、 ちょうど80年前の今ごろの賢治の旅の跡に、 ちょっとでも触れてみたかったのです。
 賢治のルートとは少しだけ違いますが、まず在来線で盛岡へ、盛岡からは新幹線で二戸まで行き、ここから太平洋岸の久慈まで、 バスに乗りました。雪に覆われた峠道を、バスはくねくねと進んでいきます。しかし天候は徐々に回復して、雪もやんできているようでした。
 久慈からは、三陸北リアス鉄道に乗って、南へ走ります。左手に見える海は、さすがに一面とても深い紺色をして、いかにも冷たそうです。 いくつかの鉄橋を渡り、午後4時頃に普代駅で列車を降りると、郵便局の職員の方が車で迎えに来てくれていました。 これも阿部さんからのご配慮の一環です。

 昨年の秋に建立された「敗れし少年の歌へる」詩碑は、 普代郵便局長の金子功さんが中心になり尽力して実現されたものですが、これからその金子さん運転の車で、北三陸海岸のドライブを楽しんだ後、 詩碑へも案内していただけることになったのです。
 ドライブは、まず「発動機船 一」に 「雑木の崖のふもとから/わずかな砂のなぎさをふんで/石灰岩の岩礁へ・・・」とある通称「ネダリ浜」(右写真) の白壁を黒崎の展望台から眺め、さらに夕暮れの北山崎海岸の展望台へと続きました。車の外に出ると、 とにかく北から吹きつける風がすごかったです。道路に電光表示される温度計には、マイナス5度と出ていました。

 金子さんのお話を聞きながらのドライブに、しばし時のたつのを忘れていましたが、さすがに北山崎海岸から国道に戻る頃には、 あたりは暗くなってきたので、この辺で引き返して堀内漁港の詩碑に向かいました。金子さんが詩碑を建立しようと思い立たれたいきさつや、 その後の苦労話についてもいろいろうかがいましたが、これはまた「石碑の部屋」で詩碑紹介のページを作成する時に、ご紹介することにします。
 漁港脇の「まついそ公園」にある詩碑に着いた時には、もう日はとっぷりと暮れて、フラッシュをたいて撮影するのがやっとでした。 しかし建立者じきじきに案内していただけるとは、詩碑フリークとしてこれに勝る光栄はありません。
 さて、ドライブはまだ終わりません。賢治が1925年1月6日の夜に宿泊し、「文語詩篇ノート」に「寒キ宿」として登場するのは、 野田村下安家にある現在の「小野旅館」の前身であるというのが現在の一応の通説となっていますが、「金子説」ではそうではなくて、 もう少し奥に入った「島川家」という旧家だったのではないかということで、その家の前にも車を走らせていただきました。少なくとも賢治は、 その家の裏手の旧道から山を越えて、下安家の集落に入ってきたのです。

 それから安家川の河口をまわって、今晩私が泊まる宿、問題の「小野旅館」に送り届けてもらいました。 金子さんには多大な感謝とともに、阿部さんからもらった花巻のりんごも、おすそ分けさせていただきました。
 今日のスケジュールはまだ最後にあと一つ、金子さんが帰られてからしばらくたった午後7時に、普代村の合唱団のメンバーの方が3人、 わざわざ宿に訪ねて来られました。お茶を飲みながら、詩碑の除幕式における合唱のこと、 そして賢治歌曲を題材とした普代村のチャイムの選考計画などについて、お話を聞きました。

 今日は最初から最後まで、本当にいろいろな方にお世話になり、イーハトーブの人情の暖かさに触れさせていただいた一日でした。 それに引きかえ80年前の賢治の旅は、まるでみずから進んで孤独を求めたようにさえ思えます。