タグ「初音ミク」が付けられている記事

鈴木憲夫作曲「雨ニモマケズ」

  • 記事分類:

 しばらく前から打ち込んでいた鈴木憲夫作曲の混声合唱曲「雨ニモマケズ」が、やっとひとまず完成しました。ソプラノは「初音ミク」、アルトは「巡音ルカ」、テノールとバスは「Kaito」です。いろいろと難しかったです。
 お聴きいただいたらわかるとおり、この曲においては、「雨ニモマケズ手帳」の「11.3」と題されたテキストの後に続けて記入されている、

  南無無辺行菩薩
 南無上行菩薩
 南無多宝如来
南無妙法蓮華経
 南無釈迦牟尼佛
 南無浄行菩薩
  南無安立行菩薩

という略式の十界曼荼羅が、かなり重要なモチーフとして組み込まれています。作曲者の鈴木憲夫氏は、これについて次のように書いておられます。

 11月3日の日付けで手帳に書かれたこの「雨にも…」は<詩>というより、賢治の生き方そのものが綴られています。そして自筆の最後にはお経が書かれてあります。仏教の世界を通して自らの生活を自戒しつつ、激しくも、しかし大らかに生きた宮澤賢治。私はこの詩の最後にお経が入らなければ完結しないといつしか思うようになりました。そしてこの詩と永いこと私なりの付き合いをしていくうちに、賢治の生き方そのものこそを音楽で表現したいと思うようになりました。

 曲の始まりと終わりに、この略式十界曼荼羅に出てくる如来や菩薩の名が唱えられ、両端でフレームのようなような役割を果たしています。
 また、曲の冒頭が、「賢治…賢治…」という呼びかけで始まるのも独特ですし、賢治を象徴する音の一つとして、風の音も登場します。この風の音は、合唱団が歌う時にはテノールとバスの人が「phyu― phyu―」と無声音で模写するのですが、VOCALOID ではこのような声を出させることはできませんので、シンセサイザーの風の音を用いています。

 また近いうちに時間がとれれば、もう少し解説も付けて、「歌曲の部屋~後世作曲家篇~」にアップしたり、Podcasting でも公開したいと思っています。
 それでは、鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」をお聴き下さい。

download.gif 「雨ニモマケズ」(宮澤賢治詩/鈴木憲夫曲)MP3(10.1 MB)

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

  南無無辺行菩薩
 南無上行菩薩
 南無多宝如来
南無妙法蓮華経
 南無釈迦牟尼佛
 南無浄行菩薩
  南無安立行菩薩

鈴木憲夫作曲混声合唱曲「雨ニモマケズ」

グランド電柱 ver.2

  • 記事分類:

 長いと思ったお正月休みも、今日で終わりですね。

 今日は、林光作曲「グランド電柱」の、伴奏にクラリネットとヴァイオリンも入ったヴァージョンを作ってみました。歌も、'初音ミク'さんになっています。
 助奏の旋律のしゃれた感じが、林光さんらしいです。 

「グランド電柱 ver.2(林光作曲)」(MP3: 1.05MB)

あめと雲とが地面に垂れ
すすきの赤い穂も洗はれ
野原はすがすがしくなつたので
花巻(はなまき)グランド電柱(でんちゆう)の
百の碍子(がいし)にあつまる雀

掠奪のために田にはいり
うるうるうるうると飛び
雲と雨とのひかりのなかを
すばやく花巻大三叉路(はなまきだいさんさろ)の
百の碍子にもどる雀

 1924年(大正13年)4月に出版された『春と修羅』は、中央文壇で話題になることはほとんどなかったようですが、辻潤とならんで最も早期にこの風変わりな詩集を取り上げた人として、詩人の佐藤惣之助がいました。
 佐藤惣之助は、1924年(大正13年)12月刊行の詩誌『日本詩人』の、「十三年度の詩集」という一年を回顧するコラムにおいて、次にように書いています。

(前略…有名な詩人の動きについて概観したあと)
 とまあ、一口評ですませば以上である。が、僕の云ひたいのは、渡辺渡と宮沢賢治である。前述の人人は相応に評価され詩集も分布されてゐやう。しかし「天上の砂」と「春と修羅」はあまりに読まれてゐない。
 僕は再度、その二詩集を繙いた。今日の読書が収穫の喜びに代る。
(中略…渡辺の「天上の砂」評)
 それに「春と修羅」。この詩集はいちばん僕を驚かした。何故ならば彼は詩壇に流布されてゐる一個の語彙も所有してゐない。否、かつて文学書に現はれた一聯の語藻をも持つてはゐない。彼は気象学、鉱物学、植物学、地質学で詩を書いた。奇犀、冷徹、その類を見ない。以上の二詩集をもって、僕は十三年の最大収穫とする。そして僕の貧しい書架を覆して、今日は独り詩集祭を修した。よし、日もたけた。気も倦むだ。より己れに鞭打つて、裏の枯野を歩くとしやう。(十一月六日)

 また、佐藤惣之助は1928年(昭和3年)3月発行の『詩之家』においても、次のように書いています。

  「銅鑼」はよき詩人をもつ
 草野心平君の主宰する「銅鑼」はよき詩人をもつ。最近坂本遼君を出したが、まだ宮沢賢治君をもつ。同君の氷のコロナの詩を久しぶりで読むだが異色あるものだ。宮沢賢治を讃するに吝ならざれ。

 この時に佐藤が読んだ作品は、「氷のコロナ」という言葉から察するに、『銅鑼』第十三号(1928年2月1日発行)に掲載された、「氷質のジヨウ談」のようですね。
 賢治全集の「年譜」には、1926年12月に賢治が上京した際、「川崎の佐藤惣之助のもとも訪れたか。」との推定記事が記されています。詩壇における自分の数少ない理解者に、会ってみたかったのでしょうか。


 さて、佐藤惣之助は、『正義の兜』『狂へる歌』という二冊の詩集を刊行した正統派の詩人でしたが、後年には、「赤城の子守歌」や「人生劇場」など、大流行した歌謡曲の作詞者として、より知られるようになります。

 そして、彼が作詞した曲の中で、21世紀の現代に最もよく歌われている歌としては、実は「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」があるのです。昨夜もこの歌は、関西地方を中心として、たくさんの人に歌われたでしょう。
 ということで、昨夜、阪神が今シーズン初めて首位に立ったことを記念して、この歌をアップします。歌手は、一番が初音ミク、二番が Kaito、三番がミク+Meiko+Kaito です。

「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」(MP3: 2.87MB)

阪神タイガース                    作詞/佐藤惣之助
                   作曲/古関 裕而

一、六甲颪に颯爽と 蒼天翔ける日輪の
   青春の覇気美しく 輝く我が名ぞ阪神タイガース
   オゥオゥオゥオゥ 阪神タイガース フレーフレフレフレー

二、闘志溌剌起つや今  熱血既に敵を衝く
   獣王の意気高らかに 無敵の我等ぞ阪神タイガース
   オゥオゥオゥオゥ 阪神タイガース フレーフレフレフレー

三、鉄腕強打幾千度び 鍛えてここに甲子園
   勝利に燃ゆる栄冠は 輝く我等ぞ阪神タイガース
   オゥオゥオゥオゥ 阪神タイガース フレーフレフレフレー

「星めぐりの歌」 by 初音ミク

  • 記事分類:

 クリプトン・フューチャー・メディア社から最近新たに発売された、VOCALOID2 シリーズの日本語版第一弾として、「初音ミク」という名前の「バーチャル・アイドル歌手」が登場しました。

初音ミク(はつね・みく) そこで今日はミクさんに、「星めぐりの歌」を歌ってみてもらいました。まだ私自身、新しいソフトの操作に慣れていませんが、これまでの Meiko さんよりはだいぶ若い(幼い?)声ですね。
 発表されている「プロフィール」では、年齢は16歳、身長158cm、体重42kg、得意ジャンルは「アイドルポップス/ダンス系ポップス」だそうです。

「星めぐりの歌(by 初音ミク)」
          (MP3: 1.43MB)

あかいめだまのさそり
ひろげた鷲のつばさ
あをいめだまの小いぬ
ひかりのへびのとぐろ
オリオンは高くうたひ
つゆとしもとをおとす

アンドロメダの雲は
さかなのくちのかたち
大ぐまのあしをきたに
五つのばしたところ
小熊のひたひのうへは
そらのめぐりのめあて