タグ「信時哲郎」が付けられている記事

 信時哲郎さんの『宮沢賢治「文語詩稿 一百篇」評釈』(和泉書店)が、ついに出版されました。

宮沢賢治「文語詩稿 一百篇」評釈 宮沢賢治「文語詩稿 一百篇」評釈
信時 哲郎 (著)

和泉書院 (2019/2/28)

Amazonで詳しく見る

 信時さんは、2010年に上梓された『宮沢賢治「文語詩稿 五十篇」評釈』によって、翌年に「第21回宮沢賢治賞奨励賞」を受賞されましたが、それから9年の歳月が経ち、その後の厖大で緻密な研究の成果を、こうしてまた私たちの手元で利用できる形にして下さったのです。
 ちなみに、本文は744ページ、本の厚さは4.3cmあります。

 皆様もご存じのように、賢治の文語詩というのは、彼が最晩年に至ってそれまでの人生を回顧し、その生涯における様々な一コマを切りとって、その都度の自らの感慨とともに凝縮し、最後は単純で美しい珠玉のように「結晶化」させたようなテキストです。そこでは、言葉があまりにも圧縮され切り詰められているために、ちょっと読んだだけでは意味不明で難解なものが多いですが、その奥深い含意や賢治の感情が読み解けてくると、何とも味わい深い感動をもたらしてくれます。
 そのように、一見取っつきにくい賢治の文語詩の世界を旅してみる際に、この『一百篇評釈』は9年前の『五十篇評釈』とともに、最高の導き手になってくれるに違いありません。

 本書の構成は、101篇の各文語詩ごとに、作品「本文」の掲出に続き、「大意」、「モチーフ」、「語注」、「評釈」が記され、最後に「先行研究」の一覧が掲げられています。
 「大意」の項では、削ぎ落とされた賢治の表現を適宜補いながら、作品内容を簡潔な口語訳にしてくれていますので、何のことを言っているのかわからないような難しい文語詩も、ここを読むだけで「ああそういうことだったのか」と一瞬にしてわかるようになっています。
 次の「モチーフ」という項がまた秀逸で、作品の背景や、賢治の生涯との関連を、コンパクトにまとめてくれていますので、鑑賞のための最小限の基礎知識は、ここで得られるようになっています。
 たとえば、「岩手公園」の「モチーフ」の項目には、

賢治の文語詩は、岩手に生きる様々な人を登場させようとする、いわば「岩手ひとり万葉集」とでもいうものを編もうとする試みだったと思うのだが、定稿を書こうとした段階で、賢治はタッピング一家を思い出したということであったかと思う。

という一節もあって、この「岩手ひとり万葉集」という表現などは、これほどまで綿密に賢治の文語詩を読み込んでこられた、信時さんならではの視点から生まれた言葉だと思います。いにしえの「万葉集」が、この国土で生活している様々な人々の息吹や行いを記録しつつ抒情に高めたように、賢治の文語詩群にも、そのような時代を越えた普遍性が感じられます。
 さらに続く「語注」では、難解であったり解釈の分かれる語句を、文献も踏まえて丁寧に説明し、そして中心となる「評釈」では、厖大な先行研究や、出版されていないインターネット上の言説までも幅広く参照して、実に精密な作品分析が行われます。
 私事ながら、私のこのブログを参照していただいている箇所も、全部で実に10か所を数え、それぞれ丁寧に引用した上で、賛成であれ反対であれ真摯に評価をして下さっているのが、本当にありがたく存じます。

 「評釈」の例としては、たとえば「文語詩稿 一百篇」の最初の作品「」は、私も大好きな詩の一つなのですが、これについては作品が掲載された『女性岩手』という雑誌の創刊号の巻頭言やそこに掲げられた精神、また当時の社会情勢を論じて、最後は次のように閉じられます。

 だとすれば、まだ母としての自覚、大人としての自覚の薄い母親が、本当は自分の方が大きな声を出して飛びつきたいくらいの瓜を、黙ってわが子に譲るというシーン、すなわち子どもが大人になり、女の子が女になる瞬間の記述として、賢治は興味深いものとして書き留めたかったのではないか、というようにも読めてくる。そしてそれは、大正六年の感動であるに留まらず、昭和七年に至っても、永続していたのではないかと思えるのである。世に欠食児童が増えていた時期であったからこそ、新しい岩手の生活と文化を担う女性たちへの期待を込めて、賢治はこうした作品を書いたのだと考えたい。

 「定稿」になってしまえば、たった4行の小さな作品で、そこには秋空と雲と風と山とススキと、二人並んで歩く母子の微笑ましい遠景が見えるだけですが、そのさらに奥には、こんな厳しい世相や、女性運動に向かう希望や、暖かい賢治の思いも込められていることが、じんわりと浮かび上がってきます。

 賢治の文語詩というものが、見かけは小さな美しい「結晶」の中に、実は「一つの世界」を宿しているということを、わかりやすく紐解いて教えてくれる、この本は素晴らしいガイドブックだと思います。

文語詩稿五十篇評釈 十

 甲南女子大学の信時哲郎さんが、この10年にわたって積み上げてこられたお仕事、「宮澤賢治「文語詩稿 五十篇」評釈」が、ついにこのたび完結しました。その最新稿は、Web 上において「宮澤賢治「文語詩稿 五十篇」評釈 十」で、読むことができます。信時哲郎さん、お知らせもいただきまして、ほんとうにありがとうございました。

 今回とりあげられた作品は、「〔玉蜀黍を播きやめ環にならべ〕」、「〔うからもて台地の雪に〕」、「〔残丘(モナドノック)の雪の上に〕」、「民間薬」、「〔吹雪かゞやくなかにして〕」の5篇です。これによって、賢治の文語詩の「第一集」というべき「文語詩稿 五十篇」が、すべて信時さんの評釈によって、読めるようになりました。じつに何という力強い「道案内」が完成したことでしょうか。(以前の評釈は、信時さんの「近代文学ページ」の「論文」のリンクから、読むことができます。)

 ご存じのように賢治の文語詩というのは、難解なものはとことん難解です。それを信時さんは慣れた手さばきで「順番に」俎板に載せ、まずは先行研究を能う限り踏まえ、またそこに信時さん独自の視点からの分析を加え、さらに時には実地調査も行って、背景の事情をつぶさに明らかにして行かれます。
 賢治の文語詩は、「定稿」の段階ではほんの小さな宝石のような形に凝縮されていますが、これらの「研究的」評釈の助けによって、私たちはその宝石の内部をのぞき込むことができ、するとその中には「貝の火」のように美しい光が彩をなして、一つの「世界」が広がっているのを見ることができるのです。

 Web 上で、このようなすぐれた評釈が無料で読めるというのも幸せなことですが、完結を期して、この『五十篇』の評釈集がぜひ単行本として刊行されることを、一賢治ファンとしては心から願うところです。
 そして、信時さんへのもう一つの(私の勝手な)期待は、次には「文語詩稿 一百篇」(実際には101篇)の「評釈」が、また Web 上にて着々と公開されていくこと、です。

 時々、神戸の方角を伏して拝みながら、じっくりとお待ち申しあげたいと思います。

文語詩稿五十篇評釈 九

 甲南女子大学の信時哲郎さんからメールがあり、「宮澤賢治「文語詩稿五十篇評釈 九」を Web 公開したと、お知らせいただきました(「近代文学ページ」内)。
 今回取り上げられているのは、「〔血のいろにゆがめる月は〕」、「車中〔一〕」、「村道」、「〔さき立つ名誉村長は〕」、「〔僧の妻面膨れたる〕」、の5篇です。

 難解な賢治の文語詩を読む上で、私のような素人にとってはこのシリーズが貴重な導きとなっているのですが、「評釈 一」から合計すると、今回で全50篇中45篇まで到達したことになります。「文語詩稿 五十篇」については、ついに次回で完結の予定ですね。
 信時哲郎さんのお仕事に、心から尊敬と声援をお送り申し上げます。

 今回の評釈では、4つめの「〔さき立つ名誉村長は〕」において、モデルとなった会合・人物についても鋭く肉迫して興味深いですし、また最後の「〔僧の妻面膨れたる〕」では、当サイトの「僧の妻面膨れたる」詩碑の解説まで先行研究の中に含めつつ引用していただき、恐縮の至りです。


 ただ、この「〔僧の妻面膨れたる〕」という作品に関して、信時さんは「賢治が教浄寺の住職に対する批判意識はなかったように思われる」と書いておられますが、私にはどうしても、住職に対しても賢治の皮肉な視線が注がれているように感じられてならないのです。

 信時さんも引用しておられる「「文語詩篇」ノート」の、「一月 教浄寺」の項は、この作品の題材にされたと思われるのですが、そこには次のような言葉が書かれています。

     教浄寺の老僧
鐘うち鳴らす朝の祈り、
光明偏照十方世界、
次には鳴らす銅の鐃
おはりに法師声ひくく
つひに mammon をこそ祈りけり。

 ‘mammon’とは、Webster によれば「(1)富と強欲の邪神」であり、「(2)崇拝および貪欲な追求の対象としての富」ということで、聖書の用語に由来します。
 この言葉どおり解釈すれば、教浄寺の老僧は、朝のお勤めの最後に、例えばお寺にたくさんの寄進や布施が集まるように、などと祈ったということであり、賢治がわざわざこれを書きとめたのは、そのような僧の行動に驚いたからでしょう。
 よりによって‘mammon’などという忌まわしい言葉が使われているのは、僧に対して批判的な思いが賢治にあったからに違いないと私などは思うのですが、どんなものでしょうか。

「〔僧の妻面膨れたる〕」詩碑(教浄寺)
「〔僧の妻面膨れたる〕」詩碑(盛岡市北山 教浄寺)

「文語詩稿 五十篇」評釈七

 神戸の信時哲郎さんから、「近代文学ページ」の「文語詩稿 五十篇」評釈を更新したと、ご連絡をいただきました。今回はその「」として、「著者」「〔ほのあかり秋のあぎとは〕」「〔毘沙門の堂は古びて〕」「雪の宿」「〔川しろじろとまじはりて〕」という5つの作品について詳細な解説が付され、これで50篇のうち35篇までの評釈が、サイト上で読めるようになりました。

 私のような素人が、難解な賢治の文語詩を曲がりなりにも鑑賞できるのは、このような専門家の方々のお仕事があってのことで、その困難な峰々をお一人で着々と踏査して行かれる姿は、麓から仰ぎ見ても頼もしいかぎりです。

 たいへんな作業と思いますが、「五十篇」「一百篇」の完成を、楽しみにお待ち申し上げています。

六神丸

六神丸 もうすぐ4月ですが、通りがかりに自宅の近くで右写真のようなお店を見つけました。「六神丸」 というのは、「山男の四月」 に出てくる薬の名前ですね。

 春に浮かれて町へ出てきた山男は、支那の商人にだまされて六神丸をのまされ、 すると自分が一箱の六神丸そのものに変わってしまうのです。そして行李の中でまわりを見まわすと、支那人が売っている六神丸は、 みんなもとは人間だったのにこうして薬に変えられてしまった人ばかりではありませんか・・・。
 最後には、これは山男の夢だったということになりますが、支那人の怪しさと気弱さの対照、山男の素朴なキャラクターがおもしろく、 さまざまな情景の描写には賢治独特の幻想性もいっぱいです。
 しかし、このお話でとりわけ賢治らしいのは、薬に変えられて最初は悲しんだり怒ったりしていた山男が、 支那人のおろおろしている様子を見ると急に気の毒になって、「おれのからだなどは、支那人が六十銭まうけて宿屋に行つて、 鰯の頭や菜つ葉汁をたべるかはりにくれてやらう」と思ってしまうあたりです。

 ところで上の写真でも、薬の箱には行李のような物をかついだ(?)中国人らしい絵が描かれていて不思議な感じです。これを機会に、 ちょっと六神丸という薬について調べてみました。