タグ「中所宜夫」が付けられている記事

 もう1週間たちましたが、去る3月2日(日)に、「第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都」(能楽らいぶ『中尊』)が、無事終了いたしました。ご出演、ご協力いただいた方々に、ここに厚く御礼を申し上げます。
 日曜の夜にもかかわらず、多くの方々にお越しいただくことができました。ご参集いただいた皆様にも、心より御礼申し上げます。今回も、参加費から経費を除いた全額は、被災地における復興支援活動に寄付させていただきます。

 さて、法然院というお寺を巡ると、本当にたくさんの花が供えられているのを目にします。

 ご本尊の阿弥陀如来坐像の前には、人間の臨終の際に阿弥陀如来とともに浄土から迎えに来るという「二十五菩薩」を表す二十五輪の生花が、「散華」として毎日供えられています。

法然院・阿弥陀如来坐像と散華

 上の写真で、床の上に幾何学的に配置されている藪椿の花が、それです。この椿以外にも、たくさんの花が生けられています。

 廊下から手水鉢を見ると、ここにも生花が毎日浮かべられています。

法然院の手水鉢

 花がこんなにたくさん供えられているお寺で、しかもそのご本尊の阿弥陀様の前で、「花を奉る」という祈りを中心とした能が舞われるというのですから、こんなにうってつけの舞台が、他にあるでしょうか。
 今回、この場所で『中尊』が演じられるためのお手伝いができたことは、私たちにとっても願ってもない光栄でした。

 公演は、「第3回イーハトーブ・プロジェクトin京都」で「なめとこ山の熊」などのかたりを聴かせて下さった竹崎利信さんによる、「花を奉る」の朗読で始まりました。
 ここでまず、石牟礼道子さんによる「花を奉る」の祈りが、皆の心の底にくっきりと楷書体で刻まれます。

竹崎利信・朗読「花を奉る」

 そして静かに続けて、能『中尊』が始まりました。

能『中尊』

能『中尊』

能『中尊』

能『中尊』

能『中尊』

かへりみれば まなうらにあるものたちの御形(おんかたち)
かりそめの姿なれども おろそかならず
ゆへにわれら この空しきを礼拝す
然して空しとは云はず

能『中尊』

 シテとワキが徐々に「薄墨にとけ込んでゆくように」(by @flaneur51)退場すると、あらかじめ出演者の要望によって拍手はご遠慮いただくように皆様にお願いしてあったので、暗い本堂は、しばらく深い沈黙に包まれました。

 重く美しい言葉の連なる石牟礼さんの「花を奉る」の中でも、上に引用した「かへりみれば まなうらにあるものたちの御形(おんかたち)/かりそめの姿なれども おろそかならず・・・」という箇所は、本当に痛切に心に沁み入ります。

 「まなうらにあるものの御形」とは、今は亡き、大切な人々の面影ではありませんか。ここで私は、3年前の地震や津波で亡くなった人々のお顔を、それぞれの身内の方々が思い起こしておられる様子が浮かんでしまって、胸が締めつけられました。
 このような面影は、たとえそれがどんなに愛しいものであっても、仏教の正しい教えに従えば、「仮象」にすぎません。しかしまた一方、どんなに教えが尊くても、やはりそれは一人一人の生きている人間にとっては、「おろそかならず」なのです。
 だから人間は、「空し」とわかっていても、その「御形」をまなうらに浮かべて、礼拝します。
 そしてまた、理知の教えによって「空し」とわかっていても、あえて「空しとは云わず」と、石牟礼さんは静かに、はっきりと言うのです。

 「死」という現象にまつわるこの深い葛藤――死に対する理性的な認識と、人間的な感情との間の相克――は、宮澤賢治が「オホーツク挽歌」の旅において、妹トシの死をめぐって抱えていた苦悩に、ちょうどそのまま対応するものでしょう。
 その相克に、賢治と石牟礼さんがそれぞれ対峙した様子は、またかなり異なって感じられます。
 賢治は、《みんなむかしからのきやうだいなのだから/けつしてひとりをいのつてはいけない》(「青森挽歌」)と厳しく念じ、最終的には、「いとしくおもふものが/そのまゝどこへ行ってしまったかわからないことが/なんといふいゝことだらう」(「薤露青」)という心境へと、浄化されていきました。
 石牟礼さんは上に記したとおり、「ゆへにわれら この空しきを礼拝す/然して空しとは云はず」と、相克は相克のままに肯定しておられるようです。
 宗教的な意味合いはともかく、私個人にとっては、石牟礼さんのスタンスの方が「人間的」な感情を残してくれている分、わかりやすく感情移入しやすいものではあります。

 あらかじめ自分なりに謡本を熟読しておき、昨年9月の演能の一部を動画でも見て、そしてついにこの日、能『中尊』を直に拝見したわけですが、私にはその作品全体は、美しい一篇の詩のように感じられました。
 ・・・「悲しみ」があって、そこに再生の象徴となる「中尊寺蓮」があって、その「花」を、石牟礼道子さんの祈りとともに、「奉る」・・・。

 作中時間と同じ「3年目の春」を迎えようとしている私たちの心に、この作品は震災や原発事故のことを痛切に呼び覚ましましたが、上記のように研ぎ澄まされたシンプルなその「形」は、そのような具体的な文脈を超えて、「古典」のような美しさを静かに放っているように感じられたのです。

 一方、当日はこの「能楽らいぶ」と並行して、鈴木広美(ガハク)さんと恭子さんによる、「花を奉る」をテーマとした作品の展示が、本堂裏の「食堂(じきどう)」で行われました。お二人は、この催しのためにはるばる埼玉から作品を持って駆けつけて下さったのです。
 現在私の手元にはこの展示の様子を写した写真がなく、目に見える形でご紹介できないのがとても残念なのですが、「文殊菩薩像」が祀られている対面には、花の器を持つ「シバの女王」の彫刻が置かれ、イーゼルには7枚の油絵が、机の上には9枚の銅版画が飾られ、大広間全体は、精霊たちが踊るような空間になりました。
 この美術展の画像が入手できましたら、またあらためてご紹介させていただきたいと思っています。
 なお、展示していただいた作品の一部は、ガハクさんご自身のブログ記事「第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都」にて、ご紹介されています。

 今回も、本当にたくさんの方々のお力添えのおかげで、素晴らしい催しを行うことができました。あらためて、皆様に御礼申し上げます。
 当日いただいた参加費と募金、それからガハクさんたちからは絵の売り上げの20%をご寄付いただきましたので、それらを取りまとめて、また被災地支援の活動に寄付させていただきます。
 寄付先はまだ決まっていないのですが、今回の能では福島に祈りが捧げられ、また岩手の中尊寺蓮もテーマとなっていたことから、何か所縁のあるところにお送りできればと、思っております。


《これまでの歩み》

第1回 2011年4月17日 「アートステージ567」にて
  岩手弁による賢治作品朗読: すがわら・てつお/いいだ・むつみ(フランスシター)
     ⇒京都新聞社会福祉事業団に、15万2610円を寄付

第2回 2011年9月4日 法然院本堂にて
  現代能「光の素足」らいぶ公演: 中所宜夫
     ⇒宮沢賢治学会「イーハトーブ復興支援義援金」に、16万0815円を寄付

第3回 2012年3月4日 京都府庁旧本館正庁にて
  かたり「なめとこ山の熊」他: 竹崎利信/友枝良平(揚琴)
     ⇒大槌町教育委員会および陸前高田市教育委員会に、12万円を寄付

第4回 2012年12月2日 龍谷大学アバンティ響都ホールにて
  歌でつづる宮沢賢治の世界: 大神田頼子(S) 浦恩城利明(Br) 小林美智(Pf)
     ⇒陸前高田市「にじのライブラリー」に、11万0819円を寄付

第5回 2013年7月28日 京都府庁旧本館正庁にて
  ひとり語り「よだかの星」他: 林洋子/梅津三知代(アイリッシュハープ)
     ⇒「福八子どもキャンププロジェクト」に、7万2279円を寄付

能『中尊』について

 来たる3月2日に法然院で演じられる新作能「中尊」が、福島原発事故を潜在的なテーマとしたものであることについては、前回も触れました。

 この能の作者である中所宜夫さんは、3年前の震災と原発事故を受けて、何とかして能という営みを通して、「原発の鎮魂」を行えないかという思いを、ずっと抱いてこられたのだそうです。
 「原発の鎮魂」とは、何ともまた常識的な論理では理解しにくい言葉ですが、こういうことを言い出したのはレヴィナス研究者の内田樹氏で、その辺の経緯は、3年前に出版された『原発と祈り』という本になっています。(その一端は、内田氏のブログの「原発供養」という記事でも読むことができます。)

原発と祈り 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス) 原発と祈り (ダ・ヴィンチブックス)
内田樹×名越康文×橋口いくよ

メディアファクトリー 2011-12-16
売り上げランキング : 303765
Amazonで詳しく見る

 この本は、内田氏ら3人の論者が、原発事故が起こってまだ3週間という時点で行った鼎談を収録しています。3年が経った現在から見ると、福島原発の行く末に対する当時の切迫感は半端なものではないですし、ちょっと言いすぎかなと思うところもなくはないのですが、しかしここで3人からにじみ出ている独特の高揚感、危機感、真摯さは、私たち日本中の皆が、2011年の3月から4月にかけては、総じて共有していたものです。
 3年後に読んでみると、私たちはある意味で少し冷静になったとも言えますし、原発の再稼働や放射能に対するあの頃の感性を、私たちが明らかに摩耗させて鈍感になっている、その現実をまた思い知らせてくれる文章でもあります。
 ここで内田氏らは、「原発供養」とか「原発の鎮魂」というコンセプトを呈示し、映画の『ゴジラ』ではゴジラの鎮魂のための歌を女子高生が歌う場面が出てくるとか、ウルトラマンというのはなぜか「仏像の顔」をしていて、怪獣の「荒ぶる魂」を「成仏」させているのだ、とかいうネタのような(?)話が展開されています。

 その内容については本そのものを参照していただくとして、いずれにせよ中所宜夫さんは、この「原発の鎮魂」というコンセプトを受け継いで、それが能という形に具現化できないかということを、模索して行かれたのです。
 その「具現化」のプロセスについては、中所さんご自身が、「『花を奉る』について」(能楽雑記帳)という文章に書いておられて、Web上で読むことができます。

 中所さんの「『花を奉る』について」にも記されているとおり、この『中尊』という能作品において、全体の「核」となっているのは、最後にシテによって舞われる石牟礼道子氏の詩、「花を奉る」です。
 この詩は、1984年に石牟礼氏が熊本県の無量山真宗寺における遠忌供養のために寄せた「花を奉るの辞」に由来しています。そして東日本大震災の翌月、作者自身がこれを改作して「花を奉る」とし、「大震災の翌月に」と末尾に記しました。

 下の『なみだふるはな』という本は、2011年6月に行われた石牟礼道子氏と写真家の藤原新也氏の対談を、収録したものです。この本の冒頭に、石牟礼氏は改作した「花を奉る」を掲げ、藤原氏は水俣と福島で撮影してきた花の写真を載せています。

なみだふるはな なみだふるはな
石牟礼 道子 藤原 新也

河出書房新社 2012-03-08
売り上げランキング : 249340
Amazonで詳しく見る

 対談の中で石牟礼氏が語っているように、水俣と福島という二つの究極の場所において、結局は日本の「国の嘘」が露呈しました。
 この「嘘」の背景にあるのは、潜在的危険性を帯びた化学工場や原子力発電所を、都市から離れた辺境に建設して、その地に住む人々の生命や生活を奪った、この国の差別的な構造です。この意味で、水俣と福島は同型なのです。
 中所さんの能『中尊』においても、シテの女性は「新潟阿賀野に生まれ」、「親を水銀の毒で失い」という設定になっているところに、この同型性が象徴されています。

 一読いただけばわかるとおり、「花を奉る」という詩の言葉は、もの凄く重たく、悲観的で虚無的です。それはまさに、原発事故後3年が経とうとするのに先の灯りも見えない、今の福島の状況に釣り合っています。
 しかし同時にこの詩には、そのような底知れない暗黒をも照射するような、強い希望も秘められています。

 中所さんは石牟礼道子氏のことを、「現代において賢治の精神を受け継ぐ人」と表現しておられますが、その言葉のしなやかさや奥深さにおいて、この二人は通底する詩人だと思います。
 ちなみに、この「花を奉る」のテクストが、まるで誂えたように能の舞にぴったりと当てはまっていった様子は、中所さんの「『花を奉る』について」に感動的に記されていますので、ぜひともご参照下さい。

 一方、中所さんのご友人でもある詩人の和合亮一氏は、震災後まもない福島から、ツイッターを通して詩の連続投稿を開始されました。『詩の礫』と題されたその営みにおいては、「花を奉る」とはまた違った具象的な迫真性を持った言葉が、リアルタイムに紡ぎ出されました。

詩の礫 詩の礫
和合亮一

徳間書店 2011-06-16
売り上げランキング : 37997
Amazonで詳しく見る

 私も震災後の一時期、暗い寝床で息をひそめるようにして、スマートフォンの画面でその投稿を見守っていたものです。それはたとえば、次のような詩句から成っていました。(『詩の礫』より抜粋)

放射能が降っています。静かな夜です。
                         2011年3月16日 4:30

ここまで私たちを痛めつける意味はあるのでしょうか。
                         2011年3月16日 4:31

この震災は何を私たちに教えたいのか。教えたいものなぞ無いのなら、なおさら何を信じれば良いのか。
                         2011年3月16日 4:34

屋外から戻ったら、髪と手と顔を洗いなさいと教えられました。私たちには、それを洗う水など無いのです。
                         2011年3月16日 4:37

明けない夜は無い。
                         2011年3月17日 0:24

あなたはどこに居ますか。私は閉じ込められた部屋で一人で、言葉の前に座っている。あなたの閉じ込められた心と一緒に。
                         2011年3月18日14:11

南相馬市の夏が好きだった。真夏に交わした約束は、いつまでも終わらないと思っていた。原町の野馬の誇らしさを知っていますか?
                         2011年3月18日14:14

福島は私たちです。私たちは福島です。避難するみなさん、身を切る辛さで故郷を離れていくみなさん。必ず戻ってきて下さい。福島を失っちゃいけない。東北を失っちゃいけない。夜の深さに、闇の広さに、未明の冷たさに耐えていること。私は一生忘れません。明けない夜は無い。
                         2011年3月20日 0:20

しーっ、余震だ。何億もの馬が怒りながら、地の下を駆け抜けていく。
                         2011年3月20日22:01

 ここに和合氏の言葉をいくつもわざわざ引用させていただいた理由は、能『中尊』でワキとして登場する「福島浜通りから来た旅の詩人」のモデルは、実はこの和合亮一氏なのだと、中所さんからお聞きしたからです。作中の「旅の詩人」の孤独は、ひょっとしたらこのような陰影を帯びているのかもしれません…。
 さて、中所さんはこの和合亮一氏と、福島県相馬市および岩手県北上市において、能楽らいぶ+詩の朗読というコラボレーション公演を行い、ここで「花を奉る」の謡いと舞いを、和合氏の詩と組み合わせるという試みがなされました。この時点では、まだ全体は能の形をとっていませんでしたが、次に中所さんが遭遇した運命が、この構想を最終的に能作品へと昇華します。
 それは、盛岡市で開かれる「復興の花 中尊寺蓮を愛で感謝と震災を祈る会」に、中所さんが招かれて演能をするというご縁でした。

 1950年、平泉の中尊寺金色堂内に納められている藤原氏の遺体4体が学術調査され、その際に第四代泰衡の首桶から、80粒ほど蓮の種が発見されました。
 1998年に、大賀一郎博士らはこの種を発芽させ開花させることに成功し、800年ぶりに甦ったその花は、「中尊寺蓮」と命名されます。その後この蓮は、岩手県内の各地に株分けされていきますが、2012年には震災復興を願って、平安時代に「前九年の役」で安倍氏が滅んだ地に建つ「一ノ倉邸庭園」に株分けがなされ、以後ここで毎年「中尊寺蓮を愛でる会」が開催されることとなるのです。(「中尊寺蓮」開花の経緯に関しては、世界遺産平泉の「中尊寺ハス」のページもご参照下さい。)

 震災以来ずっと東北のことを思い、「花を奉る」というテーマを温め続けてこられた中所さんが、1000年の東北の哀史が凝縮された特別の地で、その苦難を象徴する花とも言える「中尊寺蓮」を前に能を舞うことになったのですから、これを運命の巡り合わせと言わずして何と言いましょう。図らずもここにおいて、作品を構成すべき様々なピースが、すべて揃いました。
 能『中尊』の誕生です。

 この辺のプロセスについて、中所さんから話をお聴きしていると、この作品は中所さんという一人の人が「創作」したというよりも、何かもともと存在していたものが、中所さんという「器」を借りて、自分の方から姿を現わしてきたような感覚を、私は禁じ得ないのです。

 思えば「能」という芸能は、観阿弥・世阿弥によって完成されて以来、様々な事情で亡くなった人々の魂を鎮めるという役割を、色濃く担ってきました。
 たとえば、世阿弥の『敦盛』においては、一ノ谷の合戦においてまだうら若い平敦盛の首を刎ねた熊谷直実が、心痛に堪えかねて出家して蓮生と名乗り、敦盛の菩提を弔うために、須磨を訪れます。そこで笛の音とともに蓮生の前に現れた草刈男の一人が、実は敦盛の化身だったのですが、後場でその敦盛の霊は、蓮生の前で平家の栄枯盛衰を語り舞を舞った後、いったんは自分の敵である蓮生を討とうとします。
 しかし結局は、「終には共に。生るべき同じ蓮の蓮生法師」と悟って、蓮生に自らの回向を頼んで、去って行くのです。

 この一連の物語によって、まずは無念の思いを抱いたまま死んだ敦盛の魂が、仇敵を許す境地に至ることによって、浄化されます。またそれとともに、年若い少年を殺してしまった罪責感を抱える蓮生の苦しみが、相手から許されることによって、浄化されます。
 これに加えて、当時この能の観客であった南北朝時代の武士たち――彼らもまた各々が戦いをくぐり抜け、他人を殺したり自分が殺されそうになったりした――にとっては、舞台の上で繰り広げられる鎮魂のドラマを「共に体験する」ことは、各々が戦場PTSDとして心に抱えるトラウマを、浄化してくれる役割も果たすことでしょう。
 すなわち、能が演じられる時、そこではシテにとって、ワキにとって、そして見所(観客)にとって、という三つのレベルにおいて、魂の浄化が行われるのです。

 このような重層構造は、『中尊』にも織り込まれています。
 シテの「女性」は、親を水銀の毒で亡くし、第二の故郷となった福島でも被災し、その後また息子に去られます。差別や疎外によって傷ついた女性は、詩人の前で東北の地霊と一体化し、祈りの徴に古代の蓮を奉られることによって、何らかの変容を遂げます。
 ワキの「旅の詩人」は、おそらくこの度の災厄の現状をつぶさに観察しながら、その過酷な有り様を、詩として言葉に刻む旅をしています。この時期に詩人が一人、「福島浜通り」から、「いいはとおぶ日高見の国」へと抜けるという道行きをしている目的としては、それ以外に考えられません。
 このような役割を担う者は、惨状を目撃し感情移入をすればするほど、自らの心をも大きなストレスに曝すことになります(=代理受傷)。そのような詩人にとって、東北の地霊の供養を務めることは、自らが被災地で共に震えつつ抱えこんだ苦しみを、ともに癒してくれることにもなるでしょう。

 このようにして、シテもワキも、「花を奉る」という行為によって、それぞれに浄化されるのです。
 さらに上にも触れたように、この仕儀は、女性に憑依した東北の「地霊」に対して捧げられるという形をとっています。そこでは、古代蝦夷のアテルイや奥州藤原氏に象徴される東北の豊饒さと、中央政府によるその収奪という構造が浮き彫りにされ、そしてこのたび東北を襲った震災や原発事故、そしてその後に再び露呈した中央政府との歪んだ関係も、自ずとそこに重なり合います。
 この歴史の同型性を貫通するのが、奥州藤原氏滅亡の時に藤原泰衡の首桶の中に入れられた蓮の花から、800年ぶりに現代に甦って花を咲かせた、「中尊寺蓮」なのです。

 詩人によって地霊の前に「中尊寺蓮」が捧げられることによって、傷ついた「東北」の回復には、一点の希望が灯されます。
 しかし、この希望が果たして日本という国全体の救いになりうるかどうかは、観客である私たちの行動の如何に懸っていることでしょう。
 水俣と福島に象徴されるこの国の構造を、今なお支えているのは、私たち自身だからです。

 ということで、私がこの能『中尊』について自分なりにあれこれ思いめぐらせたところを、徒然なるままに書かせていただきました。もちろん、『中尊』は多面的な深い作品ですから、もっと様々な別の解釈がありうるのは当然で、これはあくまで私個人の見方にすぎないことを、ご了承下さい。

 それでは最後に、私の勝手な要約による能『中尊』のあらすじと、石牟礼道子「花を奉る」のテキストを、下に掲載しておきます。

能『中尊』(あらすじ)

 福島浜通りからやって来た旅の詩人が、日高見の地で一人の女性に出会った。
 この女性は新潟阿賀野に生まれ、親を水銀の毒で亡くしたが、縁あって福島飯坂に嫁ぎ、子を成したという。しかし後に、親の病気を夫に告げていなかったことを責められ、その子と一緒に家を出て、文知摺観音のもとで二人暮らしていた。そこにまた《この度の災厄》があり、彼女は我が子を守りたい一心で幼い手を引き、日高見へと逃げた。

 それから三年目の春を迎え、いつしか大人びた子は、母に暇を乞うて言った。福島に戻って父とともに、生まれ故郷のために働きたい、と。母は、我が子の成長を喜びつつ、かつ涙をこらえつつ、寂しい笑顔で見送った。
 それ以来、日高見に一人残された女性は、立ち枯れの松のように、孤独の日々を送っているという。

 そう言うと女性は、中尊寺蓮を見るようにと、詩人を池の端に迎え入れた。美しい蓮に感嘆した詩人がその由来を尋ねると、女性はまるで何ものかに憑かれたかのように、東北の悲しみの歴史を、滔々と語り始めた。
 古来数多の血が流されたこの地に、奥州藤原初代清衡は、輝く浄土を築こうとした。都の圧政を離れ百年の安寧が謳歌されたが、四代泰衡に至り、また時の覇者により滅ぼされた。この中尊寺蓮の種は、泰衡の首桶の中で、浄土の夢とともに一度滅びたものである。しかし如何なる縁の賜物か、八百年の時を経て、この花は再び今の世に蘇り咲いた…。
 いつしか女性には、この地の霊が憑依していたのである。驚く詩人に対して、今やその霊は本性を明かし、自らに蓮の花を捧げるよう促した。詩人がその一本を手折って渡すと、女性は白い衣を纏った神々しい姿となって、花を持ち舞いながら、一篇の祈りの詩を詩人に謡い聞かせた。

春風萌(きざ)すといえども われら人類の劫塵(ごうじん)
いまや累なりて 三界いわん方なく昏し
まなこを沈めてわずかに日々を忍ぶに なにに誘わるるにや
虚空はるかに 一連の花 まさに咲(ひら)かんとするを聴く
ひとひらの花弁 彼方に身じろぐを まぼろしの如くに視(み)れば
常世(とこよ)なる仄明りを 花その懐に抱けり
常世の仄明りとは あかつきの蓮沼にゆるる蕾のごとくして
世々の悲願をあらわせり
かの一輪を拝受して 寄る辺なき今日の魂に奉らんとす
花や何 ひとそれぞれの 涙のしずくに洗われて 咲きいずるなり
花やまた何 亡き人を偲ぶよすがを探さんとするに
声に出(いだ)せぬ胸底の想いあり
そをとりて花となし み灯りにせんとや願う
灯らんとして消ゆる言の葉といえども
いづれ冥途の風の中にて おのおのひとりゆくときの
花あかりなるを
この世のえにしといい 無縁ともいう
その境界にありて ただ夢のごとくなるも 花
かえりみれば まなうらにあるものたちの御形(おんかたち)
かりそめの姿なれども おろそかならず
ゆえにわれら この空しきを礼拝す
然して空しとは云わず
現世はいよいよ 地獄とやいわん
虚無とやいわん
ただ滅亡の世せまるを待つのみか
ここにおいて われらなお
地上にひらく一輪の花の力を念じて 合掌す
                              (石牟礼道子「花を奉る」)

 このように謡って舞い終えると、女性はその花を恭しく奉った。

ガハク『800年の夢』
ガハク『800年の夢』

 3年前の東日本大震災以来、宮澤賢治をテーマとして京都で行ってきたチャリティ企画「イーハトーブ・プロジェクトin京都」の第6回を、来たる3月2日(日)に、京都市左京区にある法然院本堂で開催いたします。
 今回は、第2回でも「光の素足」を演じていただいた能楽師の中所宜夫さんが、福島の原発事故を潜在的テーマとして書き下ろされた新作能「中尊」を、<能楽らいぶ>という形式で演じていただきます。

第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都
  中所宜夫「中尊」(能楽らいぶ)
    シテ: 中所宜夫
    ワキ: 安田登

日時: 2014年3月2日(日)午後6時開演(午後5時半開場)
場所: 法然院 本堂(京都市左京区鹿ヶ谷)
参加費: 2000円(必要経費を除き被災地の活動に寄付します)

 下記チラシは、クリックするとPDFで拡大表示されます。

「第6回イーハトーブ・プロジェクトin京都」チラシ

 これまでの企画とは違って、今回は賢治の作品は採り上げていないのですが、その内容には、賢治の精神が息づいています。
 この「中尊」という能のクライマックスの部分では、石牟礼道子氏の詩「花を奉る」が謡い舞われます。ここにおいて中所宜夫さんは、「賢治の精神を受け継ぐ石牟礼道子」という視点も持ちながら、"東北の今"を描こうとされました。また、ワキ(旅の詩人)の語りの中には、「いいはとおぶとも呼ばれし日高見の地…」という言葉さえ登場します。
 このような能「中尊」は、「イーハトーブ・プロジェクト」という私たちの催しの趣旨にもぴったりとかなうものでしたので、是非ともと中所宜夫さんにお願いした結果、チャリティ企画へのご協力を快諾いただいたのです。

 この能は、遠く阿弖流為(アテルイ)の時代から、奥州藤原氏の滅亡を経てはるか現代まで、東北がずっと背負ってきた重い歴史を、私たちに垣間見せてくれます。そして、彼の地において「救い」を模索した人々の系譜に、宮澤賢治その人も連なっていることを、あらためて浮かび上がらせてくれるものです。

 当日は、まず能が始まる前に、私どもの第3回公演で賢治作品の「かたり」をしていただいた竹崎利信さんに、石牟礼道子の詩「花を奉る」を朗読していただいて、導入とします。
 それから、「中尊」の<能楽らいぶ>が始まります。シテ(=福島で原発事故に遭い幼子とともに岩手へ逃げてきた女性)を中所宜夫さんが、ワキ(=福島浜通りから来てその女性と出会う旅の詩人)を安田登さんが、それぞれ務められます。

 終了後には、中所さんと私とで、簡単な対談をさせていただきます。中所さんがこの能に込められた思いや、石牟礼道子や宮澤賢治との関わりについても、お聞きしたいと思います。

 思えば、南北朝の戦乱が続いた観阿弥・世阿弥の時代から受け継がれてきた能という芸能は、亡くなった人々、失われたものへの「鎮魂」という役割を、色濃く帯びていました。現代の能「中尊」は、そのような伝統の力を受け継ぎ、今なお福島の現実によって胸を突き刺されたままの私たちに、何かを示唆してくれるのではないかと思います。

 あとそれから、この3月2日の能公演には、もう一つ素晴らしい企画も連動しているのです。
 当日は法然院において、上のチラシの原画も描いて下さった画家・鈴木広美(ガハク)さんによる「蓮の花」の連作の展示も行われるのです!
 上のチラシ原画は、縦1mほどの作品だということですが、これよりさらに大きな作品も含め、当日は数枚の油絵や版画が、法然院の古式ゆかしい空間に並べられます。そして、輝かしくも神秘的な「ガハク・ワールド」が出現する予定なのです。私も今からワクワクしているところですが、皆様もどうかご期待下さい。
 ということで、遠く埼玉から私どもの催しのために、素晴らしい作品群をお寄せ下さるガハクこと鈴木広美さんには、この場を借りてあらためて厚く御礼申し上げます。

 会場となる法然院本堂は、ふだんは一般公開されておらず、なかなか中を拝見することはできないのですが、そういう意味でも、今回は貴重な機会となります。
 この3月2日の法然院公演にご来場ご希望の方は、075-256-3759(アートステージ567: 12時ー18時, 月曜休)にお電話いただくか、または当サイト管理人あてメールにお名前と人数を明記して、あらかじめご予約下さい。

 能「中尊」の内容については、近日中にもう少し詳しくご紹介をさせていただこうと思っています。

 その後もばたばたしていたのでご報告が遅れてしまいましたが、去る9月4日に、「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都 ― 能『光の素足』」を、無事とり行うことができました。
 当日は、台風が通り過ぎた後にもまだかなりの雨が降り続く、あいにくの天候でした。しかし、100名近くの方々が夕暮れの法然院に集まって下さいました。心より、御礼申し上げます。

 今回は、観世流シテ方能楽師・中所宜夫さんに、創作能「光の素足」を、法然院本堂の阿弥陀様の前で、お一人で舞い謡っていただくという試みでした。
 プログラムは、まず能に先立って、中所さんによる賢治の童話「ひかりの素足」の一部の朗読です。一郎と楢夫が、「うすあかりの国」で鬼に責められながら彷徨う場面、そしてそこに「にょらいじゅりょうぼん」という言葉とともに不思議な白い素足の人が現れる場面が、朗々と読まれました。途中、「にょらいじゅりょうぼん」と一郎が繰り返した瞬間、奥に控えていた日蓮宗のお坊様による如来寿量品の読経が始まり、中所さんの朗読と重なり合って進行しました。

 朗読が終わると切れ目なく、「ダーダーダーダーダースコダーダー」という地鳴りのような謡が始まりました。童話「ひかりの素足」から数年後の一郎が、山中で一人で剣舞を舞っているのです。私たちは、能の「舞い」と「謡い」が持っている凄いエネルギーの中に、引き込まれていったのでした・・・。

開演前の法然院本堂
開演前の法然院本堂

 早いもので、もう9月になりました。

 来たる9月4日(日)の午後6時から、法然院本堂で行う「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」まで、あと3日です。台風の動きがちょっと気がかりですが、このまま行ってくれれば4日にはもう日本海に抜けていて、「台風一過」の清々しい空が広がってくれると期待しています。
 先日の日曜日に、打ち合わせのためにちょっと法然院に行ったのですが、午後6時には山門の前から西山の上に美しい夕日が望めました。東山の麓の高台にある法然院から眺めると、京都盆地のちょうど向かい側に、日が沈んでいくのです。

 当日は会場で、能「光の素足」謡本中所宜夫さんによる能「光の素足」の「謡本」(右写真)も販売していただけることになりました。
 私などは、もちろん「謡い」なんかできるわけはないのですが、昨年末に購入したこの謡本を眺めているだけで、見事に散りばめられている賢治のテキストに、胸がワクワクしてきます。
 ここでちょっと、能「光の素足」に引用されている賢治の作品を順に挙げてみると、まず冒頭で少年一郎が舞いを舞っているところでは「原体剣舞連」(『春と修羅』)、不思議な山人が登場した後の地謡には「春と修羅」(『春と修羅』)、山人が退場する場面で「白い鳥」(『春と修羅』)、という具合で前半が終わります。
 後半では、一郎が山人こと実は賢治の霊である「光の素足の人」に出会う前の場面では、「銀河鉄道の夜」よりジョバンニが天気輪の柱の丘へ登る情景が、それとなく使われています。そして、現れた「光の素足の人」の語りの中では、「農民芸術概論綱要」、「永訣の朝」(『春と修羅』)、「〔雨ニモマケズ〕」、「鼓者」・・・といった作品で、賢治の思想や内面が示されます。
 さらに能の最後は、「銀河鉄道の夜」でジョバンニが銀河の旅を終えて夢から醒める場面の描写がほのめかされて、幕を閉じるのです。
 結局、一郎が山の中で「光の素足の人」に出会った後半部の体験は、「夢幻能」の公式どおりに一郎の夢だったということになるのでしょうが、この「夢」は、「銀河鉄道の夜」でジョバンニが銀河旅行の夢を見る直前と直後の描写を、「額縁」のように伴っているのです。さらにこの夜は、村の星祭りにあたっていた・・・。

 つまり、この能は内容的には童話「ひかりの素足」を下敷きとしたものではありますが、その構成においては、「銀河鉄道の夜」の設定を「本歌取り」しているように見えるわけですね。そう考えるとすれば、少年一郎はジョバンニに、死別した弟楢夫はカムパネルラに対応することになり、後半で一郎を導く「光の素足の人」は、初期形第三次稿まで登場していた「ブルカニロ博士」だということになります。

 とまあ、思わず想像をたくましくしてしまいました。実際はこんなことは私が勝手に考えただけのことで、どうやら中所宜夫さんは、こんな風に意図して創作されたわけではないようです。しかし、以前に「なぜ往き、なぜ還ってきたのか(1)」という記事に書いたように、双子のような構造を持った二つの賢治の作品が、自然にこの能作品においてつながっているように見えるというのは、とても不思議な感じです。

 最後に、宣伝です。9月4日の「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」は、法然院の広い「本堂」のおかげで、まだ会場にある程度の余裕が残っています。
 もしも当日になって、「行こう!」という気になられた方は、直接来ていただいても十分に入れると思いますので、ぜひお越し下さい。
 お待ちしています。

法然院山門から境内の眺め
法然院山門から境内の眺め

 4月に行った「第1回イーハトーブ・プロジェクトin京都」に続いて、来たる9月4日(日)の午後6時から、京都市左京区の法然院にて、震災復興支援企画「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」を開催します!

 今回は、現代の新作能「光の素足」を、作者である能楽師(観世流シテ方)の中所宜夫さんに、「能楽らいぶ」という形式で上演していただきます。この能は題名からお察しのとおり、賢治の童話「ひかりの素足」を下敷きとして、その「後日譚」という趣向で創作されたものです。

 下画像は、第1回よりもグレードアップした、今回のチラシです。クリックすると拡大表示されます。

「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」チラシ表

「第2回イーハトーブ・プロジェクトin京都」チラシ裏

 私は中所さんの能「光の素足」を、昨年の暮れに国立能楽堂で初めて拝見しました。
 その冒頭は、「ダーダーダーダーダースコダーダー」という地謡に乗って、若い舞い手が激しく舞う場面から始まります。以下、『光の素足(謡本)』収載の「あらすじ」から・・・。

 舞台は、とある山里近くの山中。ひとりの少年が剣舞を舞っている。その舞には勢いがあり、吹き抜ける風と響きあって、あたりの空気を揺るがすようである。舞が一段落した時、ひとりの老人が少年に言葉をかける。山人の姿をしており、相当な高齢にもかかわらず、背筋は伸び足腰もしっかりしている。二人は言葉を交わし、少年は自分の抱えている悩みを山人に打ち明ける。他の誰からも理解してもらえない自分の問題を、何故か山人はわかってくれそうな気がしたのだ。
 山人は、少年の苦しみは自分で解決しなければならないと説き、今夜この場所にひとりでやってきたなら、その手助けをしてあげようと言って、姿を消す。
 夜、再び少年がその場所へやってくると、にわかに白い光に包まれて、童子の姿をした「光の素足」が現れる。その人は、少年にさまざまな言葉を語り、最後に、今の苦しみは必ず将来の大きな力となるのだと言い残して姿を消す。

 昨年末に、私が初めてこの能を観た時の印象は、「現代能「光の素足」」という記事をご参照下さい。
 東日本大震災の後というこの時期に、肉親の死という物語を後ろに背負ったこの能を演じていただくことには、私なりの思いもあります。ただ、もともと中所さんは、「賢治の精神世界を能舞台上に再現する」ことを目ざしてこの能を創作されたということで、まず何より一人でも多くの方とともに、その幽幻として奥深い世界を共有できたら、と考えております。

 今回の公演は、「能舞台」ではなく、法然院の本堂で行われます。地謡も囃子もなく、中所宜夫さんが能装束や面も付けずに一人で舞い、謡われるという形で、これは中所さんが以前からさまざまな会場で実施しておられる「能楽らいぶ」という様式です。
 終了後には、不肖私が中所さんと対談させていただき、この能がいかに誕生したのかという経緯、また賢治への思いなどを伺いたいと思っています。

 参加費は2000円で、これは「第1回」と同じく被災地への義援金とさせていただきます。参加ご希望の方は、当サイト管理人あてメールか、または電話 075-256-3759 (アートステージ567:受付12時~18時,月曜休)までお申し込み下さい。

 下の写真は、一昨日に訪ねてきた法然院山門です。法然上人が鎌倉時代に念仏の別行を修した草庵に由来する法然院は、京都東山の麓の深い林に抱かれるように、ひっそりと佇んでいるお寺です。ぜひ、初秋の京都へお越し下さいませ。

法然院山門

【謝辞】
 今回の催しのために、平素は公開されていない「本堂」の使用を快くご許可いただいた、法然院貫主・梶田真章様のご厚意には、ここにあらためて心より感謝を申し上げます。
 従来より、梶田貫主様は「法然院サンガ」という形で、法然院という由緒ある宗教空間を、さまざまな社会・芸術活動のために提供し、また環境保護活動を主宰してこられました。東日本大震災の後も、先頭に立って救援活動を繰り広げておられます。そのようなご縁のおかげで、今回の企画を、またとない場所で開催させていただける運びとなりました。

 また、油絵作品「白い人2」を、チラシの原画として使用することをお許しいただいた、埼玉県在住の画家・鈴木広美さんに、厚く御礼を申し上げます。この絵は、外見的には能舞台とは異なっているものの、その精神において、賢治作品や能「光の素足」の世界と深く通ずるものを個人的に感じたため、お願いして今回の企画広報のために使わせていただいているものです。

現代能「光の素足」

現代能「光の素足」

 先日の日曜日に、現代能「光の素足」公演を見に行ってきました。
 比較的最近、当ブログで「晩年文語詩と「離見の見」」という記事において、柄にもなく「能」に触れたことも、関心を抱いた一つのきっかけでしたし、またその記事でも書いたように、賢治が「臨死体験」をくぐり抜けたと思われることと、今回の中所宜夫氏による能舞台化のコンセプトが、どこか通じるように感じたことも、個人的に興味を惹かれたところでした。

国立能楽堂

 初めて訪ねた東京の「国立能楽堂」は、コンサートホールのような華麗さとはまた違って、威厳と格式のある建物でした。

国立能楽堂・能舞台

 この日、ここで上演された演目は、まず観世喜之氏による舞囃子「山姥」。観世喜之氏(矢来観世家・観世九皐会四世当主)は、今回の舞台を主宰する中所宜夫氏の師でもあります。
 室町時代に観阿弥・世阿弥が能を大成するにあたり、当時流行していた曲舞(クセマイ)を取り入れたことは芸術的に大きな飛躍だったということですが、中所氏が今回の能「光の素足」の後半において、賢治の世界を舞台上に描く際には、この「山姥」の曲舞を手本としたのだそうです。
 観世喜之氏の舞は、さすがに威厳に満ち洗練されたもので、まず最初に圧倒されました。

 次の演目は、山本則重、山本則秀の兄弟による、狂言語り「童話『ひかりの素足』より」。
 舞台上に文台を置いて、賢治の「ひかりの素足」のテキストが、狂言の語りで朗読されます。一郎と楢夫が、すでに地獄で恐ろしい鬼たちに追い立てられながら尖った瑪瑙の原を歩いている場面から始まり、一郎が無意識のうちに「にょらいじゅりゃうぼん。」と唱えることによって、「まっ白なすあしの大きな人」が現れるところまでが語られます。それにしても、この箇所で一郎が幼い楢夫を思いやる様子は、思わず涙がこぼれそうになりますね。
 そしてお話としては幻想的に答えが出ないままにこの語りは終わり、休憩の後、本篇の能「光の素足」に続きます。しかしこの狂言語りが、本篇のための背景を設定してくれているわけです。

 さて、現代能「光の素足」は、山の中で少年が一人、剣舞を踊っている場面から始まります。

「光の素足」台本冒頭

 八名の「地謡」が、地の底から湧き出るような声で、「ダーダーダーダーダースコダーダー・・・」と謡い出し、舞台に現れた少年は、「こんや異装のげん月のした・・・」と「原体剣舞連」の一節を高らかに唱えつつ、一人で勇壮な剣舞を踊りつづけます。この舞の中には、中所宜夫さんが岩崎鬼剣舞保存会から伝授された「型」も取り入れているのだそうで、その意味では「能」の舞としても、斬新な試みなのでしょう。
 するとそこに、不思議な「山人」が現れ、「おう見事なり見事なり若き人。されど何故この山中に。御身ひとりにて舞い遊ぶか。」と尋ねます。「御身ここにて舞いし有様。山の風をも轟かす勢い。まことに気圏の戦士と見えたり。」と・・・。

 この少年こそ、「ひかりの素足」において弟の「楢夫」を失った後も、一人生き延びた「一郎」だったのです。「我ハこの山里に一郎と云う者なるが。幼い日に弟と二人山に入り。吹雪に道を失い死に臨む。我一人のみ助かり。弟を地獄に残す。その日より我が眼にハ。異相の世界が映り。異界の者たちと言葉を交す。里の人我を狂人の如く思いなし。以って親しく交わらず されど我ハ狂人にあらず。ただ人の見ることかなわぬ。異相の世界を。我ハ見るなり。」
 一郎は、里人に狂人と思われ疎外されている孤独を、一人山中で剣舞を舞うことによって紛らそうとしていたわけです。ここで思い起こされるのは、宮澤賢治自身も、様々な「異相の世界」を見る人で、ことあるごとに「変人」扱いされていたことですね。賢治の具体的な異界体験は、『春と修羅』やその「第二集」にも記録されています。その意味で、ここに登場する「一郎」は、若き宮澤賢治の分身とも言える存在なのでしょう。
 この間、能舞台では、「心象の。はいいろはげねから。あけびの。つるハ蜘蛛(ママ)にからまり・・・」などと、一郎の「心象」が地謡で流れています。

 一郎は、目の前に現れた山人が、自分だけにしか見えないと思っていた「異相の世界」を見る人だと知り、何とかして自分のこの苦しみを逃れさせ給え、と懇願します。しかし山人は、「いや御身の心の苦しみハ。御身自らにて越え給え。」と諭し、ただ最後に、「さりながら。今夜星の祭りの時。再びここに来り給わば。我もまたここに来りてその助けともなり申さん。」と言い残して姿を消します。
 そして中入前の地謡。ここには、賢治が妹の死を哀しむ「白い鳥」の状況も投影されています。

山の日早く傾きて。山の日早く傾きて。あからみ渡る空に。樺の木の影も黒くなり。時に似合わぬ白い鳥の。大きな二疋が啼きかわし。そのかなしさに空を仰げばかの。山人ハひかりとなりて姿もみえずなりにけり姿も見えずなりにけり。

 それから、舞台は変わって「星の祭り」にちなみ、「間狂言」として賢治の童話「双子の星」のエピソードが演じられます。今度は狂言ですからちょっと面白おかしく、チュンセ童子とポウセ童子と、大烏、蠍のドタバタが繰り広げられるのです。衣装も、二人の童子は青と緑のチャイナ服のような感じ。
 それにしても、「あかいめだまのさそり、ひろげたわしのつばさ・・・」と、狂言調で謡われるところは、なんとも可笑しかったです。

 さて、この「間狂言」が終わると、一郎が再び登場します。「今夜星の祭りと。里の人が浮かれ騒ぎ。剣舞の声も盛んに上れど。それより離れてこの身一人・・・」
 そこに、昼間の山人が「光の素足」の姿で登場します。「不思議やな白き光に包まれるかと。思えば遠くに金色の。輝きあるかと見るうちに。巨きなる人来るかと見れば。白く大きな素足の人の。童子の如き面影あり。これは如何なる人やらん。」
 そこで山人こと「光の素足」は語ります。「これハ日の如く虚空に住む者なり。先に語りし言葉の如く。今ここに来り君にまみえ。君の苦しみ和らげん。さてもそも御身の舞いし剣舞の。詩(ウタ)も賢治の言葉なれば。今ハ賢治の魂となりて。君に言葉を交すなり。」
 つまり、前半で不思議な山人と見えた人物は、ここで宮澤賢治の「魂」となって舞台上に登場してきたわけです。

  そもそも「夢幻能」というものは、「晩年文語詩と「離見の見」」でも引用させていただいたように、「死者の世界から生者の世界を見る」という形式を取っており、多くの場合、亡霊や神仙、鬼といった超自然的な存在が主役(シテ)として登場し、生身の人間である脇役が彼の話を聞き出すという構造を持っています。ここでは、山人=光の素足が「シテ」として現れ、「ツレ」でありかつ若き日の賢治の面影も漂わせる一郎少年に、「賢治の魂」を語り聴かせるという形になっているのです。
 舞台において「光の素足」が語る「賢治の魂」は、主には「農民芸術概論綱要」に記された様々な言葉であり、その最初と最後は、「まづもろともに輝く宇宙の微塵となりて無方の空にちらばろう」というフレーズで締められ、そして真ん中のクライマックスでは、あの「雨ニモマケズ」が「曲舞」で舞われます。
 そもそもこの部分は、能全体の中で最初に出来上がっていた箇所なのだそうです。以下、プログラムに記された中所宜夫氏の解説から。

 新作曲舞「雨ニモ負ケズ」は、賢治という人に対する私の疑問から生まれました。有名な「雨ニモ負ケズ」にしろ「農民芸術概論」にしろ、所詮実現不可能な理想論にしか思えない、まして「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」などと言われてしまっては、ささやかな幸福で満足しようとしている私などは一体どうすれば良いのでしょうか。しかし、そのあたりを自分なりに納得させて、賢治の抱えていた負のイメージである「前障いまだ去らざれば・・・」の言葉と妹トシ子への思いをつないでやれば、「雨ニモ負ケズ」と「概論」は表裏一体のものとなって、私の前に立ち現れて来ました。この過程を描くにあたり、曲舞という形式の持つ力は、それをそのまま一つの作品にしてしまったのです。この曲舞「雨ニモ負ケズ」を色々な場所で演ずるうちに、多くのお客様から賛同の言葉と、是非これを能にして下さいという励ましを頂戴しました。

 そのような人々の励ましを受けて、曲舞「雨ニモ負ケズ」を核として出来上がった能が、この「光の素足」だったわけですね。
 能に関してはまったく造詣のない私ですが、それでもこの「雨ニモマケズ」の部分の舞には、言いしれぬ迫力を感じました。

 最後に、「ともに銀河の塵となり無方の空にちらばらん・・・」に続く、締めくくりの地謡。

山の風をも轟かす。舞のちからを持つならば。言の葉の陰にも宿る。その力をも信じ給え。御身の今の苦しみハ。みずからこころを閉ざす故なり。いつか鎖を解き放れ。必ず大きな光となると。言うかと思えば光ハ失せて。眼を開けばもとの丘の草の。しとねの露に濡れて。遠く祭の声も響き満天に。銀河ハ溢れけり銀河の波ハあふれけり

 という言葉とともに消えていくシテ・光の素足を、ツレ・一郎は見送り、次いで一郎も退場していくのでした。
 ところで上の地謡の情景は、ジョバンニが銀河鉄道の旅を終えて、「丘の草」の中で目覚める場面にもなっているわけです。「ひかりの素足」も、「銀河鉄道の夜」も、二人が死の世界に赴き、一人だけが帰還する物語でした。そうするとこの能に登場する山人=光の素足は、ブルカニロ博士でもあったわけですね。

 賢治自身が「臨死体験」をしていたのではないか、という中所宜夫氏の直観と同様のことは、僭越ながら私も「晩年文語詩と「離見の見」」に書いてみたことでした。私は、それが彼の晩年の文語詩に現れる独特の(死者からのような)視点に関係しているのではないかと感じたのでしたが、中所氏は、童話「ひかりの素足」における臨死体験の生還者である「一郎」を生者の代表に据え、<賢治>に死者の側から語らせるという趣向を、夢幻能の次元で実現されたわけです。

 また私が少し前に、「『宮澤賢治イーハトヴ学事典』あるいは賢治データベース」という記事において勝手に考えてみた舞台に載せれば、この現代能も、広い意味で賢治の「世界」を土台とした、稀代の「二次創作」と言えるのかもしれません。

 まあそんな余談はさておき、とにかく素晴らしい体験をさせていただきました。

能「光の素足」謡本

【注】当初の記事では、一郎のことを誤って「ワキ」と記していましたが、中所宜夫様のご指摘により、「ツレ」と訂正いたしました。お詫び申し上げるとともに、中所宜夫様のご教示に感謝申し上げます。