タグ「ラジオ番組」が付けられている記事

 「賢治おたく被害者の会」という会がありまして(というのは嘘で、本当はありませんが)、会員はおもに私の妻やその友人の方などで構成されています。
 私自身は、何も人に「害」を与えるつもりはまったくないのですが、それでも現実に会員の方に現れている「症状」としては、私が賢治のことを並外れて好きだと知っていただいているばっかりに、新聞の記事の片隅や、本屋の棚の端っこに「賢治」という単語をふと見つけると、「ドキッ」としてしまって、このことを知らせてあげなければと思ってしまうのだそうです。被害者の方々には、心からお詫び申し上げます。
 私としては感謝と恐縮をしていたところ、下記はその「会員」のお一人から教えていただき、妻が今日買ってきてくれた本です。標題の下に、小さいですが「私の大好きな宮沢賢治/ロジャー・パルバース」という文字が見えます。

ラジオ深夜便 2009年 09月号 [雑誌] ラジオ深夜便 2009年 09月号 [雑誌]

NHKサ-ビスセンター 2009-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 皆さんは、NHKラジオ第一放送で、だいたい深夜11:20から翌朝5:00まで放送されている「ラジオ深夜便」という番組をご存じでしょうか。私は、以前は仕事が遅くなって終電がなくなり、タクシーで帰宅する時に車内でよく耳にしたものでしたが、静かな独特の雰囲気が心地よかったものです。この頃は、ずっと聴いたこともなく記憶の彼方に去っていたところ、本年の5月17日・18日の放送の4時台の「こころの時代」というコーナーに、「私の大好きな宮沢賢治」と題して、昨年度「宮沢賢治賞」受賞者のロジャー・パルヴァースさんが出演しておられたんですね。
 私は放送当時はまったく知りませんでしたが、パルヴァースさんの公式サイトの「掲示板」に、聴取者からのメッセージが投稿されていたので、後から知って、聴けなかったことを悔やんでいました。

 そうしたところ、最近刊行された上記の『ラジオ深夜便 2009年 09月号』に、パルヴァースさんが鈴木健次アナウンサーを聞き手として話された内容が、掲載されたのです。
 パルヴァースさんと日本との出会い、そして賢治との出会いとなぜ彼に傾倒していったのかという経緯、高度経済成長後の日本になぜ「賢治ブーム」が起こったのかという分析、それから賢治の作品の今後の地球全体にとっての意義など、奥深い話がパルヴァースさん独特のユーモアを持って語られています。1968年、日本へ来たばかりの若いパルヴァース青年が、京都・円通寺の縁側で有名な庭園を前に正座をしている写真が載っているのも、私にとってはお宝でした。
 パルヴァースさんのお話は、雑誌の中の一つの記事ではありますが、値段は350円と安いのが嬉しいです。

 それから Web の方では、「ラジオ深夜便」の公式サイトで、この時のパルヴァースさんのお話の録音の一部と、パルヴァースさん自身による「雨ニモマケズ」の英訳(Strong in the Rain)の朗読を聴くこともできます。これは、ぜひ一度お聴き下さることを皆さまにお奨めします。

 以下、「ラジオ深夜便」におけるパルバースさんのお話の最後の部分の引用。

――「雨ニモマケズ」は賢治の願望だったのでしょうか。
パルバース まさにそうです。もっと丈夫な体を持ちたい、そうすればもっと人のために尽くすことができるのに、ということですね。「雨ニモマケズ」の英訳はいくつかあるのですが、そのどれもが、「マケズ」をそのまま否定形で訳していて、「ちょっと違うな」と思っていました。だからぼくの訳は、“Strong in the rain”で始まっています。「強い」という意味の“strong”で、「よし、やるぞ」という感じを出したかったんです。それは賢治の願望であり、祈りでもあったから。
――最後に、パルバース訳の「雨ニモマケズ」を紹介していただけますか。
パルバース 喜んで。声に出して読んで、音のリズムを感じていただければうれしいです。                (2009年5月17日・18日放送)

Strong in the Rain: Selected Poems Strong in the Rain: Selected Poems
Kenji Miyazawa
Translated by Roger Pulvers

Bloodaxe Books Ltd 2008-04-15
売り上げランキング : 9916

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 以前にここでもご紹介した、栗原敦さんによる「NHKカルチャーアワー文学探訪『宮沢賢治』」が、この4月1日の放送(と今日の再放送)で終了しました。
 なかなか毎回は聴けないことも多かったのですが、そのテキストはこの半年間、ずっと座右に置かせていただきました。
 そして実際にラジオの放送を聴けた時には、やさしい語り口で、賢治の世界の全貌を真摯に伝えようとしてくださる栗原さんの姿勢が、いつも心に残りました。半年間の素晴らしい講義を、ありがとうございました。

 最後の第26回は、「「屈折率」と晩年の詩―むすびにかえて―」と題して、『春と修羅』冒頭に置かれた「屈折率」と、「文語詩稿 五十篇」の冒頭に置かれた「〔いたつきてゆめみなやみし〕」の2作品をとりあげて評釈し、さらに賢治の仏教的世界観についても解説を施そうという、盛り沢山なものでした。

 詩人としての賢治の出発点を記念する「屈折率」(1922)、死の直前の夏(1933)に定稿に書きつけた「〔いたつきてゆめみなやみし〕」、どちらも短い作品ではありますが、限りない奥深さと清冽なリリシズムをたたえています。
 1922年から1933年までの11年間、これはあらためて引き算をしてみるとたった11年間、という気がするのですが、この期間に、宮澤賢治の莫大な詩業のすべてが行われたのですね。

透明な気圏の中から

 ちょうど先日放送された「NHKカルチャーアワー 宮沢賢治」第15回において、この間私がここで取り上げていた「産業組合青年会」「〔夜の湿気と風がさびしくいりまじり〕」の二作品について、栗原敦さんが解説をされました。栗原さんのお仕事には、今回も大変にお世話になっています。

 その放送と当ブログについて、「透明な気圏の中から」というサイトの「徒然の思い 1月」でご紹介していただいています。このサイトの管理者さんには、昨年夏の札幌セミナーにおいて初めてお会いできたのですが、それ以後折に触れて眺めては、美しい北国の写真を楽しませていただいています。

NHKカルチャーアワー「宮沢賢治」 この10月から、毎週土曜日の午後9時30分、NHKラジオ第二放送の「NHKカルチャーアワー」で、「宮沢賢治」の講座が放送されています。講師は、実践女子大学教授で『新校本宮澤賢治全集』の編集委員でもある栗原敦さんです。

 すでに全26回のうち12回が終わったのですが、賢治の詩作品を中心として、とてもわかりやすく丁寧な、しかしその本質を鋭く突いた解説を聴くことができます。
 テキスト(右写真)は、現在書店などで販売されていますが、毎回放送の内容とともに、写真や資料もいろいろ入っていて893円(税込)、これだけでもとてもお買い得だと思います。放送の前半部を聴き逃したという方にもお勧めですね。

 放送予定は、下の表のようになっています。本放送が下の各土曜日の午後9時30分から10時まで、再放送がそれぞれ2日後の月曜日の午前11時から11時30分まで、という時間帯です。

放送日
題名
1
10月 1日
 <詩>はどこにあるか
2
10月 8日
 最も短い詩、その次の長さの詩
3
10月15日
 <まことの世界>の姿・「有明」の場合
4
10月22日
 短歌にはじまる―宮沢賢治の短歌・詩・童話
5
10月29日
 もうひとつの「有明」から
6
11月 5日
 「春と修羅」・<まことのことば>―世界とモラル(1)
7
11月12日
 <無声慟哭>三部作―世界とモラル(2)
8
11月19日
 <風景とオルゴール>の章―世界とモラル(3)
9
11月26日
 <イーハトーブ>とは何か
10
12月 3日
 夢想としての<イーハトーブ>―郷土の再発見と理念化
11
12月10日
 連作と群と構成と―「詩集」の編み方と推敲の推移
12
12月17日
 歌うための詞
13
12月24日
 大宇宙と内界
14
1月 7日
 理念と現実(1)
15
1月14日
 理念と現実(2)
16
1月21日
 法楽のかたち
17
1月28日
 教師と農民の間
18
2月 4日
 農村生活(1)
19
2月11日
 農村生活(2)
20
2月18日
 時代と状況―昭和三年の認識
21
2月25日
 <疾中>詩篇
22
3月 4日
 「銀河鉄道の夜」―「午后の授業」・「活版所」・「家」の章加筆の意義
23
3月11日
 回顧から再構成へ―「文語詩稿」(1)
24
3月18日
 まなざしの位置―「文語詩稿」(2)
25
3月25日
 個と世界―「文語詩稿」(3)
26
4月 1日
 「屈折率」と晩年の詩―むすびにかえて