タグ「どんど晴れ」が付けられている記事

草紫堂・平泉

 今回の旅行も終わりに近づいてきたので、お土産なども買っておくために、今日はまず盛岡にある紫根染・茜染の専門店「草紫堂」へ行くことにしました。

 まず、東北本線に乗って盛岡駅で降り、駅前から「盛岡都心循環バス・でんでんむし」に乗りました。これは100円で盛岡市内中心部を巡ってくれる便利なバスなのですが、確か以前は「岩手公園」だったバス停の名称が、今日見ると、きちんと(?)「盛岡城跡公園」に変更されていたので、去年のあのニュースを思い出しました。このバスは、「岩手県交通株式会社」という民間会社が運営しているのですが、公園の「愛称」使用について、盛岡市当局から「協力依頼」とか「圧力」とかあったのでしょうか?

井弥商店 それはさておき、「でんでんむし」を「上の橋町」バス停で降りて、少し西の方に行くと、黒漆喰でできた明治時代の「井弥商店跡」が見えてきました(右写真)。当主だった村井弥兵衛は、金田一勝定がのし上がってくる前に、岩手の財界を牛耳っていた人ですね。

 角を曲がってさらに南の方に歩いていくと、ちょっとハイカラな趣のある大正時代の「消防番屋」の交差点があり、その通りを渡ってすぐに、「草紫堂」がありました。

 明治時代になって、「南部紫根染」の伝統技法がいったん途絶えてしまっていたというのは、賢治の童話「紫紺染について」にあるとおりのようです。ただ、童話では「山男」がその技術を持っていたという筋書きであるのに対して、現草紫堂実には、秋田県花輪地方にかろうじて残っていた知識をもとに、大正時代に盛岡に設立された「南部紫根染研究所」が、実用的に復興したという経緯だそうです。そして、その研究所の主任技術者が創業したのが、この「草紫堂」だということです(右写真)。

 静かな雰囲気のお店に入ると、NHKの朝ドラ「どんど晴れ」を見て静岡からやって来たというお客さんもおられたりして、やはりテレビの影響はあなどれないようです。
 そのような中でも、お店の人は紫根染の実際の製法を説明してくれたり、とても親切に応対してくださって、お土産用の手提げ袋やブックカバーや、それからあの番組中でも見慣れた「のれん」を買いました。
 「草紫堂」のサイトには、紫根染の歴史の紹介とともに、「宮澤賢治と紫根染」というページもあったりして、興味深いさまざまな事柄が紹介されていますので、お奨めです。

 店を出ると少し南に歩き、今度は「盛岡バスセンター(中三前)」からまたバスに乗って、盛岡駅に戻りました。一つの用事を終えて、まだお昼前だったので、午後は平泉に行ってみることにしました。
 平泉の中尊寺には、賢治の詩碑を見るためにこれまでも行ったことはあったのですが、今回は、賢治の岩手中学時代の修学旅行にちなんだ場所を調べてみたかったので、中尊寺の「弁慶堂」や「鐘楼」、毛越寺の芭蕉句碑、高館義経堂などを訪ねてみました。

 この時に平泉で見た内容については、また日をあらためてご報告いたします。
 下写真は、高館の上から見た、束稲山と北上川です。束稲山では、明日の晩に「大文字の送り火」があるのですね。

束稲山と北上川

加賀美屋の「のれん」

  • 記事分類:

 先日、このサイトをご覧になった方から初めてメールをいただいて、「本日(8月6日)の『どんど晴れ』の最後のシーンに出てきた「のれん」は、どこで手に入れることができますか? ご回答を、お待ち致しております。」というお問い合わせをいただいてしまいました。
 4月にアップした「どんど晴れ」のエントリのコメント欄では、いろいろなご意見をいただいて、少し話が盛り上がったりもしていたのですが、私自身はこの番組の「通」でも何でもないので、どうやって調査したものか、考えあぐねておりました。
 問題の「のれん」は、加賀美屋の旅館部分と、帳場や女将たちの住居部分の仕切りになっているのれんなのですが、確かに私も以前から、これは賢治も童話の題材にしている「紫根染」なのではないかと、気になっていたものだったのです。

 そ「草紫堂」の暖簾こでまず、盛岡にある紫根染の専門店「草紫堂」のサイトの製品紹介のページを見てみると、幸運にも、ここであの「のれん」を見つけることができました!(右写真の左下のもの)
 やっぱり、これは「紫根染」だったのですね。(なお、賢治の表記では「紫紺染」。)

 ということで、メールでお問い合わせをいただいた方にも、何とか「回答」を差し上げることができた次第です。


 それから、お盆休みの明日12日からは、また少し花巻の方へ行ってみるつもりです。まだどこで何をするかも決めていませんが、その経過についてはこのブログで日々報告させていただくつもりですので、よろしければご覧下さい。
 「草紫堂」にも、行ってみましょうか・・・。

白菜の種子

 ミーハーな私は、先日横浜に行った際に、NHKの朝ドラ「どんど晴れ」のヒロインの彼氏が勤務しているらしいホテルに宿泊してみました。下写真のまん中あたり、帆船の「帆」をかたどったような白い半円形の建物がそれです。

横浜港から

 ドラマでは、家出したヒロイン夏美はすでに盛岡の旅館で厳しい仲居の修行を始めているのに、婚約者の柾樹は、まだこのホテルで残務整理をしているところです。

 そして下の写真は、水曜日の晩にホテルから見たの横浜港の夜景です。雨が降っていたので、風景はちょっと曇った感じで、左上の方に橋脚が光っているのは横浜ベイブリッジです。

雨の横浜港


 それはさておき、横浜開港資料館で閲覧してきた「横浜植木株式会社」の「大正十五年度秋季臨時園芸要覧」の冒頭には、下写真のような「白菜」の種子も載っていました。

『園藝要覧1926秋季臨時』表紙

『園藝要覧1926秋季臨時』2

 この年の10月に、賢治は「白菜畑」(「春と修羅 第三集」)を書いていますが、作品中に出てくる「芝罘白菜」も、「包頭連白菜」も、カタログに出てきます((2)と(4))。

 そしてとりわけ興味深いのは、ここで「芝罘白菜」の説明として、「葉は稍緑色を帯び強健粗剛なり球の先端尖り砲弾状をなす球葉純白にして軟く甘味に富む」と書かれているところです。
 作品「白菜畑」の中で賢治は、「千の芝罘白菜は/はぢけるまでの砲弾になり」と書いていて、この品種の形状をやはり同じく「砲弾」になぞらえているのです。

 賢治が白菜の種子を「横浜植木」から買ったかどうかはわかりませんが、先日ご紹介した「横浜植木」からのメールのお返事に、「(賢治が)当社から野菜の種子をお買い求めになった納品書は残っているようですが…」という一節があったことは気になります。

 現在でこそ、白菜の形の形を分類する際には、「円筒型(包被型)」「砲弾型(抱合型)」という用語が使われますが(野菜図鑑「はくさい」)、結球する白菜の種子が日本で採れるようになったのは、1916年(大正5年)の松島白菜が最初のことで(板倉聖宣『白菜のなぞ』)、大正末にはまだ一般には、白菜の「砲弾型」という呼称はなかったでしょう。
 「横浜植木」のカタログなどと関係なく、賢治が独自に「砲弾」と形容した可能性も否定はできませんが、似た形の白菜の品種がたくさんある中で、とくに同じ「芝罘白菜」に対してこの言葉を用いている点は、注目すべきではないかと思います。

 もしも賢治が「横浜植木」から買ったのなら、「白菜畑」に登場する白菜の種子は、時期的にはこの号を見て注文したことになります。

 ちなみに、賢治と白菜については、最近「壺中の天地」でも考察をされています。

 (追記: 「当時、花巻で白菜の種子が販売されていたかどうか」ということについては現時点では何とも言えず、とりあえずその部分は削除いたしました。)

どんど晴れ

  • 記事分類:

 昨日から「どんど晴れ」始まったNHK朝の連続テレビ小説「どんど晴れ」は、昨日の初回の視聴率では関東14.9%、関西14.2%で、歴代の朝ドラの最低だったということですが、舞台は岩手盛岡で、岩手山の美しい風景や、宮澤賢治にまつわるエピソードなどもちらちら顔を出すということですから、今のところ私は録画して見てみることにしています。
 NHKの朝ドラを初回から見るなんて、おそらく生まれてはじめてですが。

 横浜のケーキ屋の家に生まれてパティシエを目ざしていた娘が、ある事情によって、婚約者の生家である盛岡の老舗旅館の「お女将」を継ぐことになる、という大胆な(!)お話です。そこでこのヒロインが、「ざしき童子」のようなトリック・スター的な性質を秘めているというのが話のポイントで、それが「遠野物語」に代表されるような岩手の民俗的風土と重ね合わされていくという趣向のようです。(上の写真でヒロインが箒を持っているのも、「座敷を箒で掃く音がする」というざしき童子の伝承を下敷きにしているのでしょうか?)
 今日の第二回では、ヒロインの婚約者が自分が生まれ育った旅館について、「あの宮澤賢治も泊まったことがあるんだよ」と自慢げに紹介しているシーンがありました。
 年譜的に明らかな「賢治が泊まった盛岡の旅館」としては、1909年(明治42年)3月31日~4月初旬の間、盛岡中学受験のために、母親とともに紺屋町の「三島屋」に宿泊したという記録があります。

 この「三島屋旅館」は実際に由緒ある老舗旅館で、野村胡堂の『随筆 銭形平次』には、日詰町出身の野村がやはり盛岡中学を受験しに父親と盛岡に出てきた折のことが、次のように書かれています。

 「宿はお前が勝手に探せ、明日昼頃、肴町の角へ荷物をつけた馬をやるから」こう父からいい渡されて、泣きたいような――でも非常な冒険に臨む勇士のような誇らしい――心持で盛岡へ出て来ました。これがその頃最も賢明な親の態度だったのです。もとより、下宿の見当も何もつかなかったので、以前父と一緒に泊ったことのある、紺屋町の三島屋の店へきて、のれんのかげからそっと、「お頼もうす」といっておりました。幸い女将が私の顔を記憶していたので、大した不自由もなく、階下の往来に面した室へ通されて、親類の児のようにいたわってもらった事を知っております。

 賢治とはだいぶ違った受験状況ですね。
 この旅館の跡地は、今は「三島内科医院」になっているそうですが、盛岡市内でも古い町並みの残るあたりです。

 ところで「どんど晴れ」では今後、ヒロインは盛岡市内の喫茶「イーハトーブ」に下宿することになり、そこの主人は、「宮澤賢治をこよなく愛する」人という設定なのだそうです・・・。