タグ「〔いたつきてゆめみなやみし〕」が付けられている記事

あるものは火をはなつてふ(2)

 前回にひきつづき、「文語詩稿 五十篇」の「〔いたつきてゆめみなやみし〕」のことです。


いたつきてゆめみなやみし、(冬なりき)誰ともしらず、

そのかみの高麗の軍楽、  うち鼓して過ぎれるありき。


その線の工事了りて、   あるものはみちにさらばひ、

あるものは火をはなつてふ、かくてまた冬はきたりぬ。


 鉄道線路の工事が終わってしまうと、現場で働いていた多くの在日朝鮮人労働者は仕事を失います。長く病床に臥していた賢治が、やっと新聞を手に取れるようになって紙面を見てみると、失業した朝鮮人の中には、飢えて路頭に迷ったり、放火を行った者まであるという記事を目にしたというのです(「下書稿(一)」参照)。

 ここで、「朝鮮人が放火をする」という話を聞くと、否が応でも連想してしまうのは、関東大震災(1923)直後の戒厳令下の東京で、「朝鮮人が火を付けたり井戸に毒を入れている」などの流言蜚語が飛びかい、このために数千人(吉野作造調査で2711人、独立新聞調査で6415人)とも言われる在日朝鮮人や中国人が、軍や民間自警団によって虐殺されたという歴史です(参考サイト「日弁連勧告書」、「関東大震災・朝鮮人虐殺流言」)。
 賢治が、この作品のモチーフの一つとなった「新聞記事」を目にしたのがいつだったのか、具体的な年はわかりませんが、いずれにせよ関東大震災からまだ10年はたっておらず、「朝鮮人による放火の噂」や、「それに続いて起こった理不尽な大虐殺」の記憶は、まだ人々の脳裏に生々しかったはずです。そのような中で、「朝鮮人が放火をした」という事件は、どのようなスタンスで新聞報道されたのかということに、私は興味を抱きます。

 たとえば私が気になるのは、当時でも国内の放火犯は、朝鮮人よりも日本人の方が数としては圧倒的に多かったはずですが、犯人が朝鮮人だった場合の方が、ニュースとして取り上げられやすい傾向がなかったのかどうか、というようなことです。
 さすがに現代では、一般新聞が被疑者の民族によって露骨に扱いを変えるというようなことはないでしょうが、それでもなぜ私がこんなことにこだわってしまうのかと言うと、現代でこれと似た位置にあるものとして、犯罪報道における「精神科治療歴」の扱いというのがあるからです。何らかの被疑者が逮捕されて、その人が精神科にかかったことがあったとなると、犯罪との関連の有無は吟味せずに、その治療歴の情報が、さも意味ありげに報道されます。そうなるとニュースの受け手は、どうしても犯罪と精神障害を無意識のうちに結びつけてしまいがちで、「精神障害者は怖い」という偏見が助長されていきます。
 実際には、精神障害を持った人の犯罪よりもそうでない人の犯罪の方が圧倒的に多く、また内容的にも、精神障害でない人の犯罪の方が、統計的にはより「凶悪」であるにもかかわらず・・・です。
 この辺に、戦前の日本人の間に、「朝鮮人はつねに日本人への復讐を考えている」というような恐怖感が醸成されていったこととのアナロジーを、感じてしまうのです。

 ・・・と、かなり話が横道にそれてしまいましたが、いずれにせよ私は、賢治が「あるものは火をはなつてふ」と書くもとになった新聞記事とは、いったいどんなものだったのだろうかという点にちょっと興味があって、また暇があれば調べてみたいと思っています。


 それからあともう一つ、「あるものは火をはなつてふ」と直接は関係ないかもしれませんが、「岩手県内で鉄道工事に従事する在日朝鮮人労働者」の身の上に起こった出来事として、何か因縁めいたものを感じざるをえない一つの事件について、新聞記事の若干の抜き書きをしておきます。
 それは、1932年5月、大船渡線の工事の際に勃発した「矢作事件」と呼ばれる出来事で、その実態は、労働争議をきっかけとした、日本人の暴力団的組織による朝鮮人労働者への襲撃・虐殺でした。
 事件の内容については、「矢作事件 1932」というページに、簡潔に書かれています。

 大船渡・気仙沼地区の地元紙である「大気新聞」は、1932年5月6日付けで、この事件の第一報を掲載しました。(以下引用は、西田耕三著『朝鮮人虐殺・矢作事件』,さんりく文庫,1984より。)

<大船渡線十三区で内地・鮮人土工大乱闘、即死三名、負傷者十数名>
 4日午後7時半ごろから、5日早朝にいたるまで、岩手県気仙郡矢作村有田組配下土工の飯場(大船渡線十三区)に、待遇問題から内地土工と鮮人土工とが、手に手に棍棒をもち、戦争さながらの大乱闘を演じ、内地土工一百余名に夜襲された鮮人側は、太田金一ほか2名の即死者、十数名の重軽傷者を出した。
(中略)
 この土工乱闘事件は、探聞するところによると、有田組配下における内鮮土工の差別待遇?から起きたらしく、最近かたっぱしから馘首された朝鮮人土工たちが生活の脅威から解雇手当を要求したのに対し、つねに朝鮮人土工を排撃がちの内地土工連が、右の要求を生意気とみなし、有田組に同情した結果、4日午後7時半、突如土工百余名が、有田組配下の山田飯場、竹本飯場(ともに朝鮮人飯場)を襲撃して大乱闘を開始し、死傷者十数名を出すにいたったものである。

 地元新聞には、翌日も事件の続報が多数掲載されますが、5月8日付け「大気新聞」では、次のように報じられています。

<乱闘のぶり返しを恐れて引続き警戒中>
 既報・大船渡線十三工区(気仙沼矢作)の土工乱闘事件は、殆ど鎮圧された状態にあるが、鮮人土工の復讐などが流言蜚語されているので、盛・千厩署員、それに応援の気仙沼署員が引続き十三工区全線にわたり乱闘のぶり返すのを恐れて警戒中である。一方有田組では、今回の事件に対してはなんら責任がないようなことを語っている模様であるが、鮮人土工の背後には全国的な大団体相愛会が控えているので事件の解決はなかなか容易でないとみられている。

 そして、5月9日付け紙面では、例によってというか、「鮮人襲来の流言」が地元に広がっていたことが報じられます。

<鮮人襲来の流言に戦々兢々の矢作村>
 三百人の鮮人土工が東京から押しよせるとか、相愛会本部に於ては、復讐戦の協議中であるとか、殺された鮮人の幽霊が出るとかいう種々の流言蜚語がさかんなばかりか、休業中の鮮人土工がそっちの山陰にこっちの日向にゴロゴロ昼寝などをしているので、事件発生地たる矢作村では、ワラビ取りなどの山入季節なのに誰一人として仕事に出るものもなく、また夜はもちろん昼間でも道路を歩く村人もなく、全く火の消えた有様である。隣村上鹿折にもこのデマが乱れとんでいるので、部落民は戦々兢々、これがため急遽夜警団を編成して事件のあった翌日から徹宵警戒の騒ぎを演じている。


 1932年5月というと、賢治は病床にありましたが、やっと歩ける程度には回復し、友人たちの訪問を受けていました。文語詩の創作・推敲作業も、進行していた頃と思われます。
 矢作事件の報は、もちろん花巻の新聞にもかなりの大きさで載っていたはずで、たとえば「下書稿(一)」で、「許されて新紙をとれば/かの線の工事了りて/あるものはみちにさらばひ/あるものは火をはなつてふ」と、朝鮮人労働者の身を案じていた賢治ならば、どのような気持ちでこのニュースを受けとめたのだろう、と思います。

 「〔いたつきてゆめみなやみし〕」の背後には、当時の在日朝鮮人が置かれていた、苛酷な環境や差別の問題があります。賢治は自らが病重かった時にその太鼓に力を与えられた縁から、彼らの身を案じ、心を痛めました。しかし彼自身は、もはやこの問題に対して何かをできる状況にはありませんでした。
 「かくてまた冬はきたりぬ。」という淡々とした結語には、そのような賢治の忸怩たる思いも、こめられているようにも感じます。

あるものは火をはなつてふ(1)

 「〔いたつきてゆめみなやみし〕」は、「文語詩稿 五十篇」の冒頭を飾る作品です。


いたつきてゆめみなやみし、(冬なりき)誰ともしらず、

そのかみの高麗の軍楽、  うち鼓して過ぎれるありき。


その線の工事了りて、   あるものはみちにさらばひ、

あるものは火をはなつてふ、かくてまた冬はきたりぬ。


 病重く、夢とうつつの境をさまよっていた冬、そしてその記憶の中の、朝鮮風の太鼓の音・・・。
 前半の二行は、まさに夢のように残っている記憶を追想し、後半の二行は、一転して現実の厳しさを慨嘆します。

 賢治の詩には、口語詩の時代から、声にして読んだ時の「音」への細心のこだわりがありましたが、その感覚は文語詩になってさらに研ぎ澄まされていきます。この作品においても、冒頭の「いたつきてゆめみなやみし」という言葉には、まるで呪文のような不思議な響きと効果を感じます。
 例えば「いたつきて」では、tやkのような硬い子音が病気の苦痛を示すようで、また対照的に次の「ゆめみなやみし」では、yやmやnという柔らかい子音が、夢のような朦朧とした雰囲気を漂わせていると考えてみたりもしますが、そのような生半可な分析で、すくいとれるものでもなさそうです。
 しかし、「いたつきてゆめみなやみし」・・・と口ずさむ時、私たちの脳裏には、即座に一つの世界が広がってきます。

 内容的には、この凝縮された「定稿」だけでは意味のわかりにくいところもあるので、その「下書稿(一)第一形態」や、先駆形である口語詩「鮮人鼓して過ぐ」とあわせて読むと、状況がもう少し見えてきます。
 賢治は、この「鼓者」の様子を直接目にしたわけではなかったようで、「鮮人鼓して過ぐ」に出てくる「まっしろに雪をかぶった/巨きな山の岨みちを/黄いろな三角の旗や/鳥の毛をつけた槍をもって/一列の軍隊がやってくる」という描写は、病床における想像の情景でしょう。
 「下書稿(一)」には、「いま白き飴をになひて/異の邦をさまよふなれよ」と出てきますから、賢治は、表を通り過ぎる太鼓の音を病床で聞いて、それを「朝鮮飴売り」の打ち奏でるものと考えたと思われます。
 後半の、「その線の工事了りて」とは、鉄道線路の敷設工事が終わって、それまで現場で働いていた労働者が職を失ってしまうことを心配したものですが、賢治の時代の岩手県では、下記のようにたくさんの鉄道工事が行われていました。

・岩手軽便鉄道: 1912年着工~1915年11月完成
・横黒線: 1915年着工~1924年11月完成
・花輪線: 1912年着工~1931年10月完成
・山田線: 1921年着工~1934年9月完成
・大船渡線: 1920年着工~1935年9月完成

 そして、これらの工事には、1910年の「日韓併合」以後、日本へ出稼ぎに渡航してきた朝鮮人労働者が、数多く従事していたのです。
 しかし、同じ「在日朝鮮人」のことであるにしても、「朝鮮飴売り」と「鉄道工事労働者」との間に、どんなつながりがあったというのでしょうか。

 この点については、『論集・朝鮮近現代史』(明石書店,1996)という本に収められている、堀内稔著「在日・朝鮮飴売り考」という論文が、多くのことを教えてくれます。
 堀内氏によれば、在日朝鮮人による「飴売り」が最初に登場したのは、1907年の後半から1908年頃、神戸においてだろうということです。初期の「朝鮮飴売り」について、「大阪毎日新聞」の1909年3月11日付け記事では、

長き煙管を口に咥へてずばりずばりと青き煙を吹出しながら、牛の唾涎のノラリクラリ朝鮮人の飴売は、ツヒ近頃の新出来にて昨今神戸に其の多くを見る

と書かれ、「神戸新聞」の1909年9月3日付け記事では、

此頃になって段々人数が増し此頃では市内を歩いて居ると必ず二三人の飴屋に出喰す程になった

と書かれているということです。同じ「神戸新聞」の記事では、朝鮮飴売りをしている金燭という青年にインタビューし、「一年前に…この神戸には金儲けが多いと云ふので参りました」、しかしその後日本語が話せずに困っているうちに持ってきた金を使い果たし、帰ることもできないでいたところ、「飴売なれば日本語を知らないでもできると云ふので自分等よりも先に来て飴屋を始めて居る者があったので愈々飴の商ひをすることになりました」という話を載せています。

 現在、日本で「朝鮮飴」と言えば、「朝鮮飴 - Wikipedia」にあるように、「熊本県銘菓」で、「16世紀、園田屋の開祖、園田武衛門により作られた当初は長生飴と呼ばれていたが、文禄の役・慶長の役での朝鮮出兵の際、当時の城主加藤清正の軍はこれを携行して篭城中の兵糧として役立てた為朝鮮飴と呼ぶ様になった」という飴を指すのが一般的のようです。しかし、これは本日の作品に出てくる「朝鮮飴売り」が売っていた飴とは、また別のものでしょう。
 また、すでに江戸時代にも、「飴売りが子供たち相手に太鼓をたたき、歌い踊りながら売り歩く姿」が見られたそうです(「飴の話」)が、これも「太鼓をたたいて」いるとは言え朝鮮人のはずはなく、賢治が聴いたものとは違ったリズムだったでしょう。


 さて、この在日朝鮮人による飴売りと、土木労働者との関係について、堀内氏の「在日・朝鮮飴売り考」には、次にように書かれています。

 一方、鉄道工事や水電工事の労働者が、集団的に朝鮮飴売りに転身した例もある。1910年11月に広島に現れた20名ほどの飴売りは、もともと岡山の宇野鉄道敷設工事で働いていた労働者であった。新聞記事(「中国新聞」1910.11.18)によると、彼らは釜山近辺出身で10年春に行商目的で日本に来たが、「其当時恰ど宇野鉄道敷設で人夫を募集していたから人夫を働いていたが、工事落成後岡山の奉還町に合宿して飴売を思ひ付いた」という。
 また、滋賀県の水電工事に従事していた一労働者が、脚気のため工事場を離れ、神戸にきて朝鮮飴売りを始めた例もある。…これとは逆に、朝鮮飴売りをしていて、土木工事の労働者になったと推定される例もある。この辺のところは流動的だ。後に、工事がある間は肉体労働者として働き、工事がなくなると飴売りとして生活するという在日朝鮮人のひとつの形態の原形が、このあたりにありそうだ。

 すなわち、賢治が「朝鮮飴売り」から、「鉄道線路工事終了後の労働者の生活」に思いをはせたことには、当時の在日朝鮮人の就労形態からして、十分な根拠があったのです。もちろん、ある冬に飴売りをしていた人(鼓者)が、その後鉄道工事が終わったからといって失業したとはかぎりません。むしろ、飴売りの経験や人脈を持っている人ならば、肉体労働の場がなくてもまた飴売りに戻れる可能性は高いでしょう。
 しかし賢治は、新聞で「あるものはみちにさらばひ/あるものは火をはなつてふ」という記事を見た時に、「異の邦」で暮らす鼓者の同胞たちのことを、連想せずにはいられなかったのでしょう。

 ただ、堀内氏の論文には、飴売りが「太鼓を叩いて歩く」という記載は見つけられませんでした。宇都宮黒龍著『食物史』(1923)には、「朝鮮飴屋は屋台店の様な箱に布の屋根をした箱を両手に捧げ、金具を叩きつゝ売り歩く」とあり、大阪の方の朝鮮飴屋は、「打楽器のシンバルを小型にしたような金属鋏を勢いよく鳴らしながら」売っていたのだそうです。

 以前にここでもご紹介した、栗原敦さんによる「NHKカルチャーアワー文学探訪『宮沢賢治』」が、この4月1日の放送(と今日の再放送)で終了しました。
 なかなか毎回は聴けないことも多かったのですが、そのテキストはこの半年間、ずっと座右に置かせていただきました。
 そして実際にラジオの放送を聴けた時には、やさしい語り口で、賢治の世界の全貌を真摯に伝えようとしてくださる栗原さんの姿勢が、いつも心に残りました。半年間の素晴らしい講義を、ありがとうございました。

 最後の第26回は、「「屈折率」と晩年の詩―むすびにかえて―」と題して、『春と修羅』冒頭に置かれた「屈折率」と、「文語詩稿 五十篇」の冒頭に置かれた「〔いたつきてゆめみなやみし〕」の2作品をとりあげて評釈し、さらに賢治の仏教的世界観についても解説を施そうという、盛り沢山なものでした。

 詩人としての賢治の出発点を記念する「屈折率」(1922)、死の直前の夏(1933)に定稿に書きつけた「〔いたつきてゆめみなやみし〕」、どちらも短い作品ではありますが、限りない奥深さと清冽なリリシズムをたたえています。
 1922年から1933年までの11年間、これはあらためて引き算をしてみるとたった11年間、という気がするのですが、この期間に、宮澤賢治の莫大な詩業のすべてが行われたのですね。

そのかみの高麗の軍楽

 「〔いたつきてゆめみなやみし〕」は、「文語詩稿 五十篇」の冒頭を飾る作品です。

いたつきてゆめみなやみし、 (冬なりき)誰ともしらず、
そのかみの高麗の軍楽、   うち鼓して過ぎれるありき。

その線の工事了りて、     あるものはみちにさらばひ、
あるものは火をはなつてふ、 かくてまた冬はきたりぬ。

 病床にあった晩年の賢治を、まさに象徴するような静かな世界ですね。

 賢治に強い印象を与えた「高麗(こま)の軍楽」というのが、実際にどのような響きだったのか、たいへん興味をひかれるところですが、これについて宮澤清六さんは『兄のトランク』所収の「賢治の世界」において、次のように書いておられます。

・・・亡くなる半年ぐらい前ですが、私は側におりました。粉雪がちらちら降ったり、陽がきれいにさしたり、ひじょうに寒い日でした。その時、遠くの方から不思議な太鼓の音が聞えてきたのでした。
   ドンガドンガ     ドンガドンガ
   ドンガラドンガラ   ドンガラドンガラ
というように――。それはずうっと続いて聞えてきて、表の道路を通りすぎて行きました。それを賢治はじっと聞いておりました。私と二人は暫くの間、ものも云わずに聞いておりました。
 その中に賢治は、「ずいぶん、たいした人なんだなあ」というようなことをいいました。

 これを受けて、今回もまた信時哲郎さんの「文語詩稿五十篇評釈一」のご教示を仰ぐと、この「軍楽」について、下記のような説明があります。

朝鮮の農村では「農者天下之大本」と書いた旗を先頭にした農楽隊が編成される。その起源として、戦時に農民軍を組織的に動かすための訓練であったという説がある。また「農楽隊が広い地域を巡る場合、彼らは乞粒隊つまり乞食、門付と同じ身分になる」(『朝鮮を知る事典』平凡社・昭和六一年)という。

 ここで、「Yahoo! Korea」に「農楽」(農楽)という単語を入れて検索してみると、いくつかそのビデオを視聴できるサイトがありました。
 こちらのページには、「農楽」に関する解説が載っていますが、上端の画像の右側にあるビデオカメラのアイコンの付いたリンクをクリックすると、農楽の様子が見られます。上のリンク()からは、「農者天下之大本」という立派な旗が見え、下のリンク()からは行進の場面が見られます。その中には、「鮮人鼓して過ぐ」に出てくる「鳥の毛をつけた槍」のようなものも見えます。解説文の中には、太鼓や鉦や銅鑼などの楽器の絵もあります。
 また、このファイルは、慶尚北道清道郡角北面という村の農楽団が慶尚北道の大会に出場した時の記録のようで、農楽の様子がたっぷりと視聴できます。
 こちらのページからは、「金中子国楽芸術団」という韓国のプロの舞踊団体による農楽公演の様子が見られます。少しですが、日本語の説明も付いています。
(いずれも、ブロードバンド環境でないとちょっと視聴は苦しいと思いますが、ご容赦ください。)

 これらを聴くと、確かに「ドンガドンガ、ドンガドンガ」という感じですね。そして、朝鮮の農楽に使われている「太鼓」は、腰の前に横向きに付けた太鼓を踊りながら両手で叩くというもので、岩手の「鹿踊り」の「太鼓踊り系」の流派で使われる太鼓とそっくりです。
 自らも、鹿踊りのまねをして踊ることがあったという賢治にとって、この太鼓のリズムは心の奥底に響くものだったのかもしれません。