タグ「【新】校本全集」が付けられている記事

瀬川貞蔵あて書簡

 『【新】校本宮澤賢治全集』の『[別巻]補遺』に新たに収録された資料の一つに、盛岡中学時代の同級生だった瀬川貞蔵あて書簡[60a][102b]があります。これらはすでに2003年に、瀬川氏の遺族によって公開されていたものですが、賢治が仲良かったはずの同級生で、縁戚でもある瀬川貞蔵にあてて出した書簡が、初めて全集に収録されたことになります。
 『[別巻]補遺』p.37に、「受信人略歴」として掲載されている瀬川貞蔵のプロフィールは、次のようなものです。

瀬川貞蔵(せがわ・ていぞう)
[60a][102b]
明29・3・1~昭28・4・2
出身は花巻町四日町。三代瀬川弥右エ門の次男(賢治母イチの末妹コトが兄周蔵と結婚した)。明42県立盛岡中学校入学。一年の一学期には寄宿舎で賢治と同室だった。金田一他人と親しみ、野球に熱中した。大3卒業、帰花して兄周蔵に代り家業に専念。後、家業のかたわら東北電力株式会社に勤務し、花巻営業所長を務めた。

 書簡の内容は、[60a]が、貞蔵がおそらく祖母の希望を受けて、高等農林学校卒の賢治に花の種苗を依頼した手紙への返事(大正7年5月10日付)、[102b]は、大正8年の年賀状です。全体の雰囲気や、他の書簡は見つかっていないことからすると、二人は頼み事などをできる関係ではあるが、「親友」としてつねに平素から交流が続いている、というほどの関係でもないようです。

 [60a]の文中には、貞蔵の「御親父様」という言葉が出てきますが、貞蔵の父である瀬川弥右衛門は、大正11年前後には花巻のみならず岩手県下トップの多額納税者でした(八木英三『花巻町政史稿―花巻市制施行記念』1955)。
 大正5年時点で、岩手軽便鉄道会社の持株数は、瀬川弥右衛門が648株、梅津東四郎が539株、宮澤善治が358株となっており、この三つの家が当時の花巻の「御三家」と言うべき存在だったのかと思います。きっと瀬川家と宮澤家の縁組みというのは、たいそう立派なものだったでしょう。それにしても、瀬川弥右衛門の「648株」というのは、当時の岩手軽便鉄道社長の金田一勝定が保有していた「600株」よりも多いものです。

 で、なぜ私が瀬川貞蔵のことにとりわけ関心があったかというと、牛崎敏哉さんも「宮沢賢治における金田一京助」(『北の文学』第50号)において触れられているように、金田一京助の「啄木と賢治」という文章に、次のような一節があったからです。

 賢治は、法華経の信者でその苦心の「国訳妙法蓮華経」の一本は私なども恵投に預かったが、それよりも、盛岡高等農林卒業後、上京して田中智学師の法華経行者の一団に投じ、ある日上野の山の花吹雪をよそに、清水堂下の大道で、大道説教をする一味に交り、その足で私の本郷森川の家を訪ねて見えた。中学では私の四番目の弟が同級で、今一人同じ花巻の名門の瀬川君と三人、腕を組んで撮った写真を見ていたから、顔は知っていたのだが、上野でよもやその中に居られようとは思いもかけず、訪ねてみえたのは、弟がその頃法科大学にいたから、それを訪ねて見えたかと思ったが、必ずしもそうではなかった。(『四次元』号外―宮澤賢治思慕特集(1957)より)

 「私の四番目の弟」というのが、上の瀬川貞蔵略歴にも出てきた金田一他人(きんだいち・おさと)で、彼と、瀬川貞蔵と、賢治の3人が、腕を組んで撮った写真があったというのです。このような写真を撮影したとすれば、盛岡中学でまだ低学年の頃でしょうか、あればぜひ見てみたいと思うのですが、残念ながらまだ発見されていません。

 上記の金田一京助の回想では、「弟がその頃法科大学にいたから、それを訪ねて見えたか」と書いてありますが、賢治が金田一京助を訪ねたのは、田中智学の一団で大道説教の一味に交わっていたというからには1921年(大正10年)の家出上京中のことに違いありません。
 一方、京助の弟の他人が服毒自殺をしたのは、1920年(大正9年)11月26日のことで、この事実を賢治が知らずに訪ねたとは、思えないのです。これが金田一京助氏の回想の不思議なところです。

 ちなみに、下の新聞記事は、金田一他人の葬儀を伝える『岩手日報』大正9年12月5日の記事です。賢治も、その昔に一緒に写真を撮ったこともある友人に関して、このようなニュースを知らないはずはないのです。

『岩手日報』金田一他人訃報

[関連記事]
身も魂も ~賢治と金田一家の人々(3)~ 他人篇
遮られた記憶 ~賢治と金田一家の人々(4)~ 京助篇

[参考文献]
近代化過程における地方都市商業者の関わり―岩手県花巻地方のインフラ整備を中心に

「宮澤賢治全詩一覧」追補

 今日は、「大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団 第15回東京定期公演 -宮沢賢治の世界-」を聴きに行くつもりだったのですが、疲労蓄積のために中止して、家にいました。日中はほんとうにいい天気で、部屋の中にいても気持ちよかったです。

 ところで、1995年から刊行が開始された『【新】校本宮澤賢治全集』が、ついに完結しましたね。私の手元にも、数日前に Amazon から最後の配本となる『[別巻]補遺・索引』が届いて、何となく感無量です。
 前回配本の『第十六巻(下)補遺・資料』が出てから7年あまりが経過しましたが、今回配本までの年月の長さは、この最終巻の編集がいかに大変だったかということを物語ってくれているようで、その重さを噛みしめながら手にとって見ています。

 新校本 宮澤賢治全集〈別巻〉索引 (単行本)  新校本 宮澤賢治全集〈別巻〉索引
 宮沢 清六 入沢 康夫 栗原 敦

 筑摩書房 2009-03-04
 売り上げランキング : 23561

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 二分冊のうち厚さのほとんどを占める「索引篇」の巻は、当たり前ですが500ページの一冊すべてが索引になっていて、これだけを見ると不思議な感じの「本」です。でも、索引だけを眺めていても、賢治が作品中でどんな単語を使っているのか、またその使用頻度などもうかがわれて、面白いものです。これから、いろいろな場面で重宝させていただくことになりそうです。

 それからもう一分冊の「補遺篇」で今回最大の目玉は、「〔停車場の向ふに河原があって〕」という新たな口語詩の収録です。今日は、そのテキストを入力して、「宮澤賢治全詩一覧」の表にも追加しました。私自身、この表に手を加えるのもじつに久しぶりです。
 作品は、ちょっと諧謔味があって面白い語り口ですね。舞台となっている「停車場」については、いちはやく「賢治の事務所」の加倉井さんが「緑いろの通信 3月9日号」において考証をして、大船渡線の「陸中松川駅」ではないかとの説を提出しておられます。その推理の迅速さと適確さに敬意を表しつつ、私もその「陸中松川駅」に一票を投じさせていただきたいと思います。
 作品中の地名「横沢」については、私も少し調べてみましたが、現在の「一関市東山町田河津字横沢」以外に適当なところは見つからず、加倉井さんと同意見です。
 なお、作品中に登場する「佐藤猊ガン(猊巌)先生」については、「げいび観光センター」サイトの「歴史と渓内」に簡潔な解説があります。

 さらに加倉井さんは、賢治がいつこの作品を書いたかという問題についても、1925年秋に「岩手県農業教育研究会」が千厩で開催された際のことではないかと、興味深い推測をしておられます。この研究会に県視学として参加した新井正市郎が、作品中に出てくる「きみ」ではないかという説には、その後の「銀どろ」の縁もあって、私もぜひ賛成したいところです。
 ところで加倉井さんも引用しておられる新井氏の「銀どろの思い出」には、「宮沢さんは薄衣で下車され千厩までの乗合バスが横転して桑畑に落ちたが、誰も怪我がなかったことや…」と書かれています。「薄衣」は当時の川崎村薄衣で、薄衣地区そのものには停車場はありませんが、最寄りの「陸中門崎駅」で下車して、薄衣まで歩いてそこから乗合バスに乗ったということなのかと思います。
 下の図のように、大船渡線の陸中門崎から千厩までの区間は大きく迂回していて、陸中門崎から千厩へ直接向かった方が、距離的にははるかに近いのです。

大船渡線
Wikimedia より

 薄衣地区と、陸中門崎駅の位置関係は下の地図のとおりで、マーカーの付けてあるあたりが、薄衣です。地図をマウスで左へドラッグしていって、ここから東の方を表示させていくと、意外にすぐに千厩に到着することがおわかりいただけるかと思います。

 ところで、川崎村薄衣というと、私としてどうしても思い出すのは、賢治の初恋の人と言われる高橋ミネさんが、結婚してから住んでいたのが、ここ薄衣だったということです。ミネさんの夫の伊藤正一氏は、川崎村村長にもなられた方です。ただし、ミネさんの結婚は1929年ですから、賢治がここから乗合バスに乗った時点では、ミネさんはまだ来ていなかったでしょうが…。

 話を戻しますと、上述のように賢治は1925年秋に薄衣から乗合バスに乗って千厩へ行ったようですから、往路と同じルートで研究会から帰ったとしたら、「陸中松川」は通らなかったことになってしまうのです。
 とは言え、当時は摺沢まで開通したばかりの大船渡線ですから、鉄道好きな賢治ならば、帰りは千厩から摺沢まで行って、全線に乗ってみようとした可能性は考えられます。そしてなぜか陸中松川で下車して、作品の余白にあった赤鉛筆の書き込み「White lime Stone over the river(川向こうの白石灰岩)」を見たとしたら、これは後に賢治が「東北砕石工場」で働くことの予兆のようでもあり、何か運命的なものも感じてしまいます。

 さて、大船渡線は上図のように、何とも非効率的な大回りする経路を走っていて、その形のために「ナベヅル線」と呼ばれたり、ルート決定が当時の政治状況に左右されたことから、「我田引鉄」の代表例のように言われることもあるようです。yuma's home の「大船渡線」のページによれば、

 線引きでは陸中門崎から真直ぐ東へ向かい千厩へ至る予定だったが、大正9年の総選挙で政友会は原総理の地元岩手県の全県議の独占を狙い憲政会の候補を落選させるために摺沢の候補を擁立し、地元民の票獲得のため線路を北に曲げてしまった。
 鉄道が通らなくなった千厩の人々は憲政会を頼って誘致活動を続けていたが、摺沢まで開通した大正14年当時の首相は憲政会の加藤高明。当然のように線路は南に曲がり現在の形になってしまった。

ということで、あまり美談とは言えないような経緯があるようです。

 しかし考えてみれば、もしも大船渡線がこのように大回りをせず直接に陸中門崎から千厩へ走っていたら、鉄道が陸中松川を通ることはなかったわけで、そうしたらいくらそのあたりに石灰岩が豊富にあったとしても、鈴木東蔵氏がここに「東北砕石工場」を作ることもなかったでしょう。
 となると、賢治が東北砕石工場で働くこともなかったことになり、やはりここに、運命の不思議さを感じてしまいます。

陸中松川駅から
陸中松川駅舎内から石灰岩採掘場を望む(山の手前に川が流れている)

 『【新】校本宮澤賢治全集』第六巻に掲載されている「星めぐりの歌」の楽譜は、下記のようなものです。

新校本「星めぐりの歌」

 そして第六巻「校異篇」には、この楽譜について、次のような説明がなされています。

 本文には、昭和四二年版全集の楽譜を掲出した。ただし、沢里の記憶にもとづき、第三小節・第九小節にあったフェルマータ()を消している。

 すなわちこれは、以前に「「【新】校本全集」の歌曲の校訂について」というエントリで触れたように、この全集において新たに変更が加えられた楽譜の一つなのです。従来の全集では、「あかいめだまのさそ」の「り」と、「あおいめだまのこい」の「ぬ」には、フェルマータが付いていたのですが、それが削除されたわけですね。

 現在、私たちが通常「星めぐりの歌」を歌う時には、「あかいめだまのさそりー・・・、ひろげたわしのつばさー・・・」という風に、「さそり」の「り」は少し延ばして、次のフレーズまでに「間」をあけますが、『【新】校本全集』に準拠すれば、これは正しい歌い方ではなくなってしまったことになります。
 その変更の根拠となった「沢里の記憶」がどういうものであったのか、「校異篇」には上記以上の説明はありません。

 ところが、遠野市宮守地区で行われている「宮澤賢治と遠野」展において、沢里氏が「星めぐりの歌」を自ら演奏しておられるビデオが放映されていたのです。先日の岩手旅行で、係の人にお願いしてそれを録音してきました。
 このビデオは、1980年代にIBC岩手放送で放送された番組のようで、レポーターが沢里武治氏を訪ねて、賢治に関する様々な思い出を聞いたり、賢治の詩を朗読してもらったりするという内容です。
 この中に、沢里氏が自ら大正琴で、「星めぐりの歌」を演奏する貴重な映像が出てきます。下の MP3 ファイルが、その場面の録音です。

「星めぐりの歌」(沢里武治演奏)MP3: 151KB

 元のビデオの状態が悪く、かなり大きな雑音が混入していたため、雑音除去フィルターをかけましたので、音質が劣化しています。
 しかしこれこそが、「沢里の記憶」にあった「星めぐりの歌」です。

 聴いてみると、確かに「あかいめだまのさそ」の「り」と、「あおいめだまのこい」の「ぬ」の音が、通常歌われているものよりも短いですね。
 しかし、冒頭に掲げた『【新】校本全集』の楽譜とも1ヵ所だけ異なっていて、それは「あかいめだまのさそ」の「り」が、沢里氏の演奏では2拍あるのに、上の楽譜では1拍になっている点です。
 この沢里武治氏の演奏を、フェルマータを使わず「拍節どおりに」楽譜にしてみると、下記のようになります。

沢里武治演奏「星めぐりの歌」

 「わしのつば」の「さ」、「へびのとぐ」の「ろ」、「たかくうた」の「ひ」は、『【新】校本全集』のように四分音符にフェルマータを付けて記譜することでよいでしょうが、「さそり」の「り」の長さだけは、疑問が残ります。

 沢里武治氏は、『【新】校本全集』編集者の佐藤泰平氏に対してどのような「記憶」を伝えられたのか、具体的に知りたいものです。

 「【新】校本宮澤賢治全集 第六巻」(1996)には、賢治が作詞して生前に歌っていたと考えられる歌曲27曲が収められています。「〔旧〕校本全集」に収載されていた歌曲は、21曲でしたから、6曲もの追加があったわけです。
 賢治の没後63年も経った時期になって、これほどの追補が行われたことは、「【新】校本全集」歌曲担当編集者の佐藤泰平氏が、残された資料に取り組まれた並々ならぬ意欲のほどを、十分に示していると思います。

 また、すでに以前から全集に収録されていた歌曲に関しても、「【新】校本全集」は、かなり大幅な楽譜の見直しを行っています。
 移調や小さな修正を除き、「本格的」と言えるほどの楽譜の変更が、8曲に加えられていますが、これを表にすると、下のようになります。佐藤氏が、何を根拠にその変更を行ったのかという点も、付記しました。


歌曲名
変更内容
変更の根拠・方法

星めぐりの歌

一部のフェルマータ削除

沢里武治氏の記憶

〔一時半なのにどうしたのだらう〕

全体のリズム変更・一部の音符変更

原曲に合わせ佐藤泰平氏が修整

〔糧食はなし四月の寒さ〕

全体のリズム変更・一部の音符変更

原曲に合わせ佐藤泰平氏が修整

〔つめ草の花の 咲く晩に〕

ほとんど全面的な変更

従来の楽譜を参考に佐藤泰平氏が原曲をつぎはぎ

剣舞の歌

全般的なリズムと音程変更

宮澤清六氏の口唱(ソノシート)を佐藤泰平氏が採譜

〔北ぞらのちぢれ羊から〕

一箇所音程変更

佐藤泰平氏の口唱を宮澤清六氏が聴いた際の指摘

大菩薩峠の歌

最後2小節を1オクターブ下げる

佐藤泰平氏の口唱を宮澤清六氏が聴いた際の指摘

黎明行進歌

一部のリズムと音程変更

原曲(元歌)に合わせ佐藤泰平氏が修整


 上記のうち、「〔北ぞらのちぢれ羊から〕」や「大菩薩峠」に見られるような、「佐藤泰平氏が宮澤清六氏の前で唄ってみせて、その際の清六氏の指摘にもとづいて変更した」というパターンに関して私が思うところは、当サイトの「北ぞらのちぢれ羊から」のページで、若干述べてみました。

 今日ここで考えてみたいのは、上では4曲が該当する、「原曲に合わせ佐藤泰平氏が修整した」、あるいは「従来の楽譜を参考に佐藤泰平氏が原曲をつぎはぎした」、というパターンについてです。
 これら4曲はいずれも、何らかの「原曲」の旋律に賢治が詞を付けて、一種の「替え歌」として歌っていた歌曲です。「〔一時半なのにどうしたのだらう〕」「〔糧食はなし四月の寒さ〕」の原曲は、当時のSPレコードに入っていた「スイミングワルツ」、「〔つめ草の花の 咲く晩に〕」の原曲は George Evans 作曲の‘In the good old summer time’、「黎明行進歌」の原曲は第一高等学校寮歌「紫淡くたそがるゝ」、という具合です。
 「【新】校本全集」において、佐藤泰平氏がこれらの曲の楽譜に変更を加えたのは、校本全集までの「歌曲」の項に収められていた楽譜と、その「原曲」とされる楽譜との間に、多少とも音符が異なる箇所があったからです。

 しかしそもそもこのような音符の「ズレ」は、一般に「替え歌」というものには、よく見られる現象です。原曲の旋律に別の歌詞を当てはめようとした時に、歌いやすくするために少し旋律を変えざるをえない場合もありますし、また原曲とは別個の歌として長年歌い継がれていくうちに、徐々に旋律が変化してしまうこともあります。
 例えば、「蛍の光」は、スコットランド民謡‘Auld Lang Syne’の旋律にもとづいていますが、音符は微妙に異なっています。またもっと卑近な例では、「聖歌687番(‘Shall We Gather At The River’)」のメロディーは、日本ではかなりテンポや雰囲気も変えられて、「たんたん狸の・・・」という歌詞を付けて歌われています。
 これらは、ふだんは「替え歌」であるなどということは意識されずに、確立した一個の「歌」として歌われ定着しています。これを今さら、「原曲の楽譜と異なっている箇所は修正して、原曲のとおりに歌うべきだ」などと言うことは、ナンセンスでしょう。

 さて、賢治の歌曲の場合には、この問題はどう考えるべきでしょうか。

 まず確認しておく必要があるのは、賢治全集に載せるべき「楽譜」というのは、そもそも何を具現化することを目ざしているのか、という問題です。
 この問題の答えは、多くの作品の「テキスト校訂」が、賢治が書きつけた字句をできるだけ忠実に復元しようとしているのと同じような意味において、「賢治が生前に歌っていた旋律を、なるべく忠実に再現すること」である、と言えるでしょう。

 しかしここでもう一つ考えなければならないのは、テキスト校訂においても、作者の明らかな誤字・脱字は、それを訂正して「本文」を決定するのが通例であるように、賢治が「替え歌」を、誤って原曲と違う音符で歌っていた場合、校訂者はやはりそれを原曲に合わせて「訂正」するべきなのか、ということです。
 この問題に対する私の考えは、「歌」というのはそれが替え歌という出自を持つか否かにかかわらず、ある一定の詞と曲で定着して歌われているならば、それはそれで一つの「作品性」を持っており、「原曲」とされるものと独立した存在意義を持つのだ、ということです。「蛍の光」や「たんたん狸」も、それぞれが今のままのメロディーによって、歌としての価値を持っているはずです。
 賢治の歌曲を校訂する場合にも、目標とすべきは、「賢治がどのように歌っていたか」、という一点であり、原曲の検討はそのための手がかりの一つではありますが、「ゴール」ではないでしょう。

 このことを確認した上で、現実の賢治歌曲に戻ります。
 まず、彼の「替え歌系歌曲」の推移を、次のように表してみます。

(1)「原曲」 → (2)賢治による作詞と口唱 → (3) 賢治没後、関係者の記憶による口唱

 ここで、私たちが再現の目標とするのは(2)であるわけですが、彼の歌曲の場合、賢治自身によって書き残された楽譜というのは極少数にすぎず、ほとんどは(3)を楽譜にしたものが、旧来の全集に収められることになりました。しかし、当然ながらこれは、関係者の記憶の変化によって、賢治が自ら生前に歌っていた旋律とは異なってしまっている可能性を排除できません。
 そこで、「【新】校本全集」において佐藤泰平氏は、(1)を積極的に採用するという新たな方法を取られたわけです。

 二つの方法の妥当性の評価は、とにかく「(1)と(3)の、どちらが(2)に近いと期待されるか」ということに尽きると思います。
 そしてこの問題に対する私の考えは、「(3)の方が、(2)に近い可能性が高いだろう」というものです。

 そう考える根拠は、まず(1)→(2)の過程においては、音符の変化が相当に起こりやすいということです。先に述べたように、歌詞に合わせて意図的に原曲の旋律を変形する場合もありますし、また賢治がとった方法のように、音楽の非専門家がレコードなどで聴いた旋律を耳から憶えてそれを口唱すると、意図せずに元の音符からズレてしまうことも、しばしばあります。
 つまり、すでに賢治が「替え歌」を作った段階で、「原曲」のメロディーとは一定の相違があった可能性は大きいと思われます。

 一方、(2)→(3)の過程での変化の程度は、賢治から周囲の人へどのようにして旋律が伝えられたか、また賢治が亡くなってどれだけの時間が経ってから採譜されたか、という要因によって規定されるでしょう。
 賢治から周囲の人への伝達は、基本的には「一緒に歌う」という方法で行われたと思われますが、これは受動的に耳で聴いて憶えるのと比べると、ズレは少なくなると期待されます。また、賢治が死去してから採譜までの時間は、宮澤清六編集の『鏡をつるし』ならばわずか1~2ヵ月、文圃堂版全集でも1年で、時間の経過による風化は少ないのではないでしょうか。
 あとは、採譜が正確になされたかということも問題ですが、音楽教師である藤原嘉藤治が編集に加わっているからには、間違いは起こりにくいと思われます。

 以上のような理由から私は、(2)→(3)の方が(1)→(2)よりも、起こりうる変化が少ないと考え、したがって、(3)の方が(1)よりも、(2)に近い可能性が大きいと考えます。
 よって、「賢治がどのように歌っていたか」ということを再現することが目的であるならば、「【新】校本全集」のように(1)を採るのではなく、従来の全集のように(3)を採るべきであると考えるのです。

 「【新】校本全集」になって、歌曲の楽譜はかなり変わりましたが、なかでも特に「〔つめ草の花の 咲く晩に〕」などは、「校本全集」や「ちくま文庫版全集」に載っていた楽譜とは似ても似つかぬものになっています(下図参照)。昔の旋律で愛唱していた人には、きっと複雑な思いがあるのではないでしょうか。

 いつのことになるかわかりませんが、次の全集が編集される時には、上記のような観点からも、歌曲の校訂の方法論についてぜひとも再検討していただきたいものだと、私は思っています。

校本全集版「ポランの広場」冒頭
校本全集版

新校本全集版「つめ草の花の 咲く晩に」冒頭
新校本全集版