「伝記的事項」に属する記事

  1. 「主観性」から「客観性」へ
  2. 『大乗起信論』と賢治
  3. 「山川草木悉皆成仏」の由来(2)
  4. 心はとにかく形だけで...
  5. 「摂折御文 僧俗御判」の目的
  6. 「山川草木悉皆成仏」の由来(1)
  7. 賢治は日蓮主義者だったのか(2)
  8. 賢治は日蓮主義者だったのか(1)
  9. 1931年上京時に賢治が乗ったSL
  10. 宮沢賢治における「倫理」と「美」
  11. おお朋だちよ 君は行くべく...
  12. Attachment is forbidden...
  13. 存在否定から全称肯定へ
  14. 「〈みちづれ〉希求」の昇華
  15. 「〈みちづれ〉希求」の挫折と苦悩
  16. 優美な死骸
  17. シカゴの及川家の消息
  18. なぜ岩波茂雄あてに
  19. 世界の救済と個人の救済
  20. 幻の賢治の白バラ
  21. エマーソンの「大霊」と賢治
  22. トシの「願以此功徳 普及於一切」
  23. 「作品日付」と「文語詩篇ノート」の意味
  24. 「世界合一体験」から「重重無尽」へ
  25. 「「おかしな感じやう」の心理学」発表資料
  26. 賢治が聴いた餓鬼の声
  27. 賢治の貴種流離譚
  28. 賢治の他界観の変遷図
  29. 『屋根の上が好きな兄と私』
  30. トシ追悼過程における他界観の変遷
  31. よーさん、ホーゲー・・・、デクノボー
  32. トシ追悼過程における≪鳥≫の系譜
  33. 3か月における死者観の変化
  34. 純粋贈与としてのトシの死
  35. 上原專祿の死者論―常在此不滅
  36. ありえたかもしれない結婚
  37. ネガとポジの行程
  38. あの世の入口
  39. 「トシの行方」の二系列
  40. 「牛」詩碑アップ
  41. 「〔船首マストの上に来て〕」の抹消
  42. 映画「ネバーランド」と「薤露青」
  43. 対馬丸の姿
  44. 親鸞の夢告の地
  45. 賢治は三浦参玄洞とは会わなかった
  46. 賢治と現代日本の死生観
  47. 賢治はいつトシは死んだと判断したか
  48. 「人首町」詩碑
  49. マリヴロンと虹
  50. 大内金助と「花巻納豆」
  51. あいつは二へんうなづくやうに息をした
  52. 万象同帰のそのいみじい生物の名
  53. 賢治は水族館を見たのか
  54. トシとアイスクリーム
  55. 「探索行動」としてのサハリン行
  56. 千の風になって
  57. 松岡幹夫著『宮沢賢治と法華経』
  58. なぜ往き、なぜ還って来たのか(3)
  59. オホーツク行という「実験」
  60. 三陸旅程後半に関する疑問いくつか
  61. 9月に比叡山でお話ししたこと(2)
  62. 9月に比叡山でお話ししたこと(1)
  63. 東山地区のポラーノの広場
  64. 産業組合のトラウマ?
  65. 大島丈志著『宮沢賢治の農業と文学』
  66. 福島の獣医千葉喜一郎氏
  67. 何をやっても間に合はない
  68. ヴェッサンタラ王の布施
  69. なぜ往き、なぜ還って来たのか(2)
  70. カツコウドリ、トホルベカラズ
  71. 岡田式静座法と賢治の催眠感受性
  72. タクミョウという有力情報
  73. タクナエかタクビョウか
  74. 賢治昭和2年上京説
  75. 山本鼎『自由画教育』
  76. 八十年前の暑い夏
  77. 美しい医院のあるじ(3)
  78. 熱と汗の四十日
  79. 美しい医院のあるじ(1)
  80. たとえ明日世界が滅びようとも…
  81. 純粋贈与とそのリレー
  82. 進退谷まったのです
  83. 墜落恐怖と恐怖突入
  84. どこ迄でも一諸に落ちやうとした
  85. うしろよりにらむものあり
  86. 京都帝国大学選科に進んだ人
  87. 釜石の叔父さん
  88. 「とし子」という呼びかけ
  89. 身熱の日々
  90. 宮澤賢治の世界感覚について
  91. 秋入学と春入学~鈴木東民と賢治~
  92. イーハトーブの経塚
  93. 雲と風の日
  94. あのくしゃくしゃの数字
  95. 賢治と嘉内の東京
  96. 小野浩という編集者/作家
  97. 賢治の素足
  98. 賢治の「往き」と「還り」
  99. 「光のすあし」は誰か
  100. なぜ往き、なぜ還って来たのか(1)