「山川草木悉皆成仏」の由来(2)

 先日の「「山川草木悉皆成仏」の由来(1)」という記事では、岡田真美子氏による「東アジア的環境思想としての悉有仏性論」という2002年の論文をもとにして、現在はよく知られている「山川草木悉皆成仏」という言葉が、実は仏典に直接由来するものではなく、最近になって梅原猛氏が造語したものだろうという話をご紹介しました。
 その後、2015年に公刊された末木文美士著『草木成仏の思想』という本においても、「(「山川草木悉皆成仏」は)もとはと言えば、哲学者の梅原猛が言い出したことで、それを中曽根康弘首相が第104回国会における施政方針演説(1986年1月27日)において使ったことで、一気に広まったようだ」と書かれており、今やこの「梅原猛造語説」は、広く認められることとなっているようです。

 前回の記事「「山川草木悉皆成仏」の由来(1)」の最後では、実際これが梅原猛氏の言い出した言葉だとしても、宮澤賢治の書簡にはこれと非常に似た表現が二度も現れていることから、賢治にも造詣の深かった梅原氏のことなので、氏の着想の源は賢治にあったのではないかという、勝手な憶測も書いてみていました。

 ちなみに、その賢治の表現とは、保阪嘉内あて書簡中の下記のようなものです。(強調は引用者)

ねがはくはこの功徳をあまねく一切に及ぼして十界百界もろともに仝じく仏道成就せん。 一人成仏すれば三千大千世界山川草木虫魚禽獣みなともに成仏だ。(書簡63、1918年5月19日)

わが成仏の日は山川草木みな成仏する。山川草木すでに絶対の姿ならば我が対なく不可思儀ならばそれでよささうなものですがそうではありません。(書簡76、1918年6月27日)

 ところで今回、たまたま梅原氏の書いたものを読んでいましたら、氏自身がこの言葉について、「宮沢賢治も...言及している」と、賢治との関わりについて述べている箇所を見つけました。それは、角川ソフィア文庫『仏教の思想5 絶対の真理<天台>』の、「文庫版 序」の最後の部分です。

 もうひとつ最澄についての重要な問題は、仏性論であろう。最澄は、仏性は特定の人間だけに存在するものでなく、すべての人間に存在するという説をとり、仏性を特定の人間だけに認める南都仏教を代表する学僧、徳一と激しく論争した。そして最澄の後継者において仏性の範囲は徐々に広がり、すべての人間であるばかりか、動物、植物や、山や川もすべて仏性があるものとされた。
 そして、この思想はついに「山川草木悉皆成仏」という言葉で表される天台本覚論なるものを生み出したのである。福永光司氏は、このような思想は中国天台にもあり、道教思想の影響であるとされる。しかし、このような思想が主流になったのはやはり日本の天台においてであろう。このような山や川にまで仏性を認める思想について、私はしばしば縄文の昔までさかのぼる日本古来の思想にその源を求めた。土着の思想が仏教の中に入り、ついに仏教を変えてしまったのである。
 宮沢賢治も、しばしば「山川草木悉皆成仏」という言葉に言及している。人間ばかりか獣も鳥も木や花も、あるいは山や川でさえ、人間のような心をもち、人間のような言葉を語る彼の童話も、このような天台本覚論をその思想の根底としているのであろう。
   一九九六年四月
                      梅原 猛

 上記の第二段落で梅原氏は、「「山川草木悉皆成仏」という言葉で表される天台本覚論」と表現しており、あたかも中世に生まれた「天台本覚論」において「山川草木悉皆成仏」という言葉が用いられていたかのような印象も与えますが、冒頭にも述べたように、そのような事実はありません。
 また最後の段落では、「宮沢賢治も、しばしば「山川草木悉皆成仏」という言葉に言及している」と述べられていますが、上で見ていただいたように、賢治もこのとおりの言葉を用いているわけではなく、それによく似た「山川草木みな成仏」と書いているだけですから、注意を要します。
 繰り返しになりますが、「山川草木悉皆成仏」という言葉をこのままの形で用いたのは、現在確認されているかぎりでは、梅原猛氏が最初なのです。梅原氏による上のような記述を見ると、氏はこの言葉がもっと以前から使われている由緒あるものだという風に箔付けたかったのかもしれません。

 しかし何はともあれ、これによって梅原氏が賢治による用例を知っていたのではないかという以前の予想は確かめられたわけで、氏による「山川草木悉皆成仏」という八文字熟語化は、賢治の書簡における表現を直接の母体として行われたという道筋が、はっきりしてきたと思います。

 ただ、この言葉が賢治のオリジナルなのか否か、すなわち賢治による使用のさらに前に、同様の前例があったかどうかということについては、やはりまだ何とも言えません。

仏教の思想 5 絶対の真理<天台> (角川ソフィア文庫) 仏教の思想 5 絶対の真理<天台> (角川ソフィア文庫)
田村 芳朗 (著), 梅原 猛 (著)

KADOKAWA (2014/6/15)

Amazonで詳しく見る