← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2019年5月26日 大槌町の「旅程幻想」詩碑

 先日の連休に大槌町で見学してきた「旅程幻想」詩碑を、「石碑の部屋」にアップしました。
 この詩碑は、以前にもご紹介したとおり、三陸鉄道リアス線の全線復旧開通を記念して、「大槌宮沢賢治研究会」がクラウドファンディングを募って建立したもので、去る3月16日に除幕が行われました。この「旅程幻想」の舞台が、ここ大槌町だったのではないかという説もあることから、ここに建てられたのです。

「旅程幻想」詩碑

 今回、新たにオープンした三陸鉄道の「大槌駅」は、下写真のようなユニークな形をしています。

大槌駅

 横から見ると少しわかりにくいのですが、屋根の形が「ひょうたん」形になっていて、これは大槌湾に浮かぶ「蓬莱島」が、井上ひさしの「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったと言われていることに由来しています。よく見ると、駅前の時計の枠も、ひょうたん形になっていますし、駅の周辺を歩くと、「ドン・ガバチョ」や「サンデー先生」など、「ひょっこりひょうたん島」のキャラクターの人形がいろいろ並んでいます。
 ちなみに、下写真は駅の2階に上がってみたところで、奥の方で、「博士」が外を眺めています。

大槌駅舎2階

 ちなみに、この「大槌」の東隣の駅が「吉里吉里」ですから、大槌町内の三陸鉄道の駅は、井上ひさしの作品に関係しているのが2つもあることになります。

 また下の写真は、大槌駅から少し西の方に歩いたところにある、「小鎚川」です。作品中で賢治がまどろんでいる「荒れた河原の砂」は、この小鎚川の河原だったのではないかという説があります。

小鎚川

  旅程幻想
               一九二五、一、八、

さびしい不漁と旱害のあとを
海に沿ふ
いくつもの峠を越えたり
萓の野原を通ったりして
ひとりここまで来たのだけれども
いまこの荒れた河原の砂の、
うす陽のなかにまどろめば、
肩またせなのうら寒く
何か不安なこの感じは
たしかしまひの硅板岩の峠の上で
放牧用の木柵の
楢の扉を開けたまゝ
みちを急いだためらしく
そこの光ってつめたいそらや
やどり木のある栗の木なども眼にうかぶ
その川上の幾重の雲と
つめたい日射しの格子のなかで
何か知らない巨きな鳥が
かすかにごろごろ鳴いてゐる

written by hamagaki : カテゴリー「賢治紀行」「サイト更新

トラックバック




コメント




コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →