← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2016年9月 8日 論文版「宮沢賢治のグリーフ・ワーク」

 一昨日に花巻から送られてきた、宮沢賢治学会イーハトーブセンターの会誌『宮沢賢治研究Annual Vol.26』(2016)に、拙稿「宮沢賢治のグリーフ・ワーク ―トシの死と心の遍歴―」を、掲載していただきました。

「宮沢賢治のグリーフ・ワーク」

 昨年11月の「第7回イーハトーブ・プロジェクトin京都」で、竹崎利信さんの「かたり」とともにお話ししたこと、それから今年の5月に岩手県大槌町の講演会でお話しさせていただいたことを、論文の形にまとめてみたものです。

 これはそもそも、文学の「研究論文」として書いたというものではなく、上記のような成り立ちの経緯が示すように、東日本大震災の復興を支援するための催しの場で、あるいは被災地の方々に直接語りかける場で、宮沢賢治という人の、一つの等身大の「像」を描いてみようとしたものでした。「あの宮沢賢治も、死別の悲しみを抱えて尋常ではない苦悩を体験し、そしていつしかその悲しみを引き受けて、また歩いて行った人だった」ということを、跡づけてみようとしたものです。
 そのような事情もあってこの論文は、賢治の作品テキストを批判的に検討してみたり、「創作」のダイナミズムに分け入ったりするというようなものではなく、賢治が書いた言葉を、言わば作者の「生の声」として、受けとっていくものでした。

 ですから、巻末の「編集後記」において編集者の方が、この論文について「作品と作家の距離が密接であるため、一見、かなり素朴な作家論と映ることも否めません」と、評しておられるのは、まさにご指摘のとおりと思います。これはただ素朴に、ナイーブに、作品のままに作家を浮き彫りにしようとしたものにすぎません。
 しかしこの「編集後記」の上記の箇所の少し後で、「そして、その意図のもと、私たちは、賢治のいわば同伴者となり、愛する人の「不在」から「遍在」を受け入れるに至る、彼の「グリーフ・ワーク」を疑似体験することになります」と評していただいた言葉は、今回の論文を投稿させていただいた私にとって、とても嬉しい贈り物でした。
 「第7回イーハトーブ・プロジェクトin京都」でも、大槌町の講演会でも、何とかして皆さんと一緒に賢治の同伴者となって、彼の心の旅を一緒に体験してみたいということが、微力ながら私が目ざそうとしたことだったからです。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治関連本

トラックバック




コメント



本日拝読しました。
terpentineの匂もするさわやかなご論考。
いつも新鮮な情報をありがとうございます。

投稿者 つめくさ : 2016年9月15日 18:44

つめくさ様、お忙しい中で拙稿をお読みいただいたことに、感謝申し上げます。
その内容の多くは、従来からこのブログに時々書いていたことの寄せ集めの部分が多く、それでいて結構長いので、『宮沢賢治研究Annual』の貴重な紙面を取ってしまってちょっと申しわけないような気もしています。
「terpentineの匂」と言っていただけると、救われる感じがします。
ありがとうございました。

投稿者 hamagaki : 2016年9月15日 22:01


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →