← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2013年10月17日 タクミョウという有力情報

 先日、鈴木卓苗氏の名前の読みについて、「タクナエかタクビョウか」という記事を書いたところ、それをご覧になった方が、「タクナエでもタクビョウでもなく、タクミョウという読みが正しい」という貴重な情報を、ツイッターにてお寄せ下さいました。
 これは、卓苗氏の兄の孫(つまり「又甥」)にあたる方で、その名前に卓苗氏から「卓」の字を貰っておられるというご親族や、卓苗氏を「真の恩師」と慕う元教え子の方からの情報だということですので、かなり信頼性が高いと思われます。

 しかしこれで、私のもとには、次の4種類の説があることになりました。

  • タクナエ
    卓苗氏の三男がそう呼んでいたということで、三男の娘であるお孫さんからの情報
  • タクナイ
    花巻の郷土史家・鎌田雅夫氏の執筆による「花巻ゆかりの人物(十) 鈴木卓苗」(『花巻史談』16号)における紹介
  • タクミョウ
    今回ご紹介した、卓苗氏の又甥、および元教え子の方からの情報
  • タクビョウ
    『定本 宮澤賢治語彙辞典』における振り仮名

 これを通覧してみると、まず「タクナイ」は、先日も紹介したような東北地方における「イ」と「エ」の曖昧化から来る「タクナエ」の訛音かと推測されるため、「本来の読み方」の可能性では、他の説に一歩譲るかと思われます。
 「タクビョウ」は、改訂された最新の辞典に示されている見解ですが、その根拠・出典が明示されておらず、信頼性の判断については保留せざるをえません。
 「タクナエ」と「タクミョウ」に関しては、いずれも親族の方の証言に基づいているため、これらはどちらも、「実際に卓苗氏の呼称として使われていた」ということに関しては、ほぼ間違いないと考えてよいのではないでしょうか。

 ですから、卓苗氏に対する「呼び方」としては、どちらも正しいと言ってよいものだと思います。
 しかし、「呼び方」としては二つとも正しくとも、これはおそらく最初に命名者が定めた「正しい読み」というものがまず一つあって、もう一方は後から出てきた「通称」あるいは「愛称」と言うべき読み方なのだろうと思われます。したがって次の課題は、「タクナエ」と「タクミョウ」のどちらが本来の「正しい読み」で、どちらが「通称・愛称」なのか、ということです。

 これに関しては、前回ちょっと私が引っかかったように、「タクナエ」というのはいわゆる「湯桶読み」に相当するため、二字とも音読みで統一されている「タクミョウ」に比べると、名前の正式の読み方としてはやや格が落ちる感は否めません。
 つまり、現時点で私としては、「正式の読みはタクミョウであり、その通称・愛称として、周囲の人からはタクナエ、タクナイとも呼ばれていた」と考えておくのが、最も真相に近いのではないかと思っています。

 たとえば、現首相の祖父にあたる元首相に、「岸信介」という人がいましたが、この方の名前は「きし・のぶすけ」というのが正しい読みだそうですが、当時はけっこう多くの人が「きし・しんすけ」と呼んでいたようです。この例においても、「のぶすけ」は二字とも訓読みですが、「しんすけ」だと「重箱読み」になってしまっています。

 とうわけで、このたび貴重な情報をお寄せ下さった @yuyubunnri 様には、謹んで御礼申し上げます。

◇          ◇

 あと、ついでと言っては何ですが、鈴木卓苗氏の生涯については、まだあまり多くの方がご存じではないと思いますので、『花巻史談』所収「花巻ゆかりの人物(十) 鈴木卓苗」(鎌田雅夫著)に従って、その主な伝記的事項をここにご紹介しておきます。

 1879年(明治12年)4月14日、岩手県稗貫郡湯口村(現・花巻市中根子字古舘75)の延命寺にて、住職・桜羽場光寛の次男として出生。
 16歳の時、紫波郡乙部村の如法寺(曹洞宗)の養子となる。(なお、桜羽場光寛には長男の成就、次男の卓苗、三男の秀三、四男の松生があり、当初は長男が寺を継ぐ予定であったが、長男成就は岩手師範3年の時に肺炎で急逝し、結局三男の秀三が継いだ。)
 卓苗は、如法寺の養子となって間もなく、岩手県尋常中学校(後の盛岡中学)に入学。同級生には後の海軍大将・米内光政や海軍中将・八角三郎がいた。卓苗は名須川町の専立寺に下宿した。
 中学時代の卓苗は、「一番になることは大して面倒でもないが、ビリで及第することは難しい」などとうそぶいていたというが、副級長も務めていた。
 中学卒業後、仙台の第二高等学校に合格し、学生時代は「道交会」という仏教の研鑽の会に入っていた。
 二高を卒業すると、東京帝国大学の哲学科に入学し、その学生時代も参禅三昧の生活をしていたという。在学中に、曹洞宗の内地留学もしたという。
 東大卒業後、まず仙台の私立曹洞宗第二中学林の教諭となり、次いで新潟県立新発田中学校の教諭になった。
 1909年(明治42年)、如法寺の鈴木花枝子(けしこ)と結婚。
 新発田中学校から、新潟県立村上中学校校長に転任し、さらに同県立佐渡中学校校長となる。続いて、同県立高田中学校校長となり、この在任中に自ら率先して全校生による「妙高登山」を始めた。この「全校登山」の行事は、現在の高田高校でも続けられている。
 その後、九州の佐賀県立小城中学校校長となり、1920年(大正9年)に母校の第二高等学校教授となり、翌年には東京帝国大学の「学生鑑」という役職に就いた。
 1922年(大正11年)8月、全国23番目の官立高等学校として誕生した高知高等学校に、教授として赴任。同時に赴任した江部淳夫校長は、9月頃より病気がちであったが、12月に死去し、卓苗は校長代理職である校長事務取扱に就任。
 1923年(大正12年)2月、二代目校長として内藤馬蔵が着任、同年10月に卓苗は栃木女子師範学校に転任。

(賢治の詩「〔地蔵堂の五本の巨杉が〕」(1925.4.18)に登場するのは、この間のこと)

 栃木女子師範学校では名校長の誉れが高かったが、盛岡の実業家・三田義正が私立中学校創設を計画し、その初代校長として招請されて、1926年(大正15年)に岩手中学校校長として着任。「学園主義」の教育を標榜した。毎日朝礼で訓話を行い、その内容は仏教に関するものが多かったが、毎回教師にも耳を傾けさせるものだった。生徒からも、人格者として非常に尊敬を集めたという。
 しかし1932年(昭和7年)、創立者の三田義正氏と意見が合わないことを理由に退職。
 同年5月、広島県立呉第一中学校校長に着任。ここでも名校長と慕われる。
 昭和15年(1940年)、定年退官。その後、広島県知事の依嘱で「恩照塾」の塾長となる。
 1943年(昭和18年)3月6日、脳溢血で倒れ、意識が回復しないままに逝去。享年65歳。

呉一中玄関前にて
呉一中玄関前にて(『花巻史談』第16号より) 

written by hamagaki : カテゴリー「伝記的事項

トラックバック




コメント



ぶしつけながら〈卓苗のヨミ問題〉お伝えした者です。先ずは自己紹介からさせて戴きます。名を、辛文則(シンブンソクではなくカノトフミノリと読みます.南部藩九戸流中野士族辛分家の末裔.中野本家の初代は九戸政実の実弟で中野吉兵衛修理直康という人。中野(南部)吉兵衛家は南部御三家でした。何方も江戸期からの盛岡報恩寺檀家でした)。史実とは小説より奇です。岩手県盛岡市生まれで盛岡一高卒で高校美術教師を務めた六十五歳人です。盛一の教壇にも立ち、六年間『白堊校百年史』絞編纂事務局次長を務めました。同郷で母校先輩である賢治への本音での感心はその『一九二七時点での盛岡中学校生徒諸君に寄せる』で、特に、その断章五と断章八、あるいは『県技師の』『藤根禁酒会に』であり「昭和二年に岩手や盛中で何が起こっていたのか?」という懐疑でした。固より、そのような問題意識はがkっこうし公的学校史には馴染みませんが個人的興味関心を刺激せずには、……。で、今から三十五年ほど前、同じく事務局次長を務めた小山卓也氏が鈴木花枝子さんの娘ということでしょうか。永平寺修行経験を持つ盛一の同窓英語教師で、盛岡第四高校校長で退職し現在七二歳ほどで存命です。因みに、数学担当だった鈴木守氏とは盛一の他二校で同僚経験を持つ知己で、何冊かの著書とも。貴殿同様の並外れた実証精神とその反骨ぶりに惹かれてきました。実は卓苗への感心はそのリベラルぶりと反権威主義的気骨に対してでした。岩手を追われたのはまさに、そのリベラルな反骨心故であったと。因みに、小生、『白堊校百年史』編纂の後、腐れ縁で、『釜南七十年史』『志高創立三十周年記念誌』『遠野高校百年史』の編纂をおおせつかり、素人教育史通になってしまった画工くずれで、メルロ=ポンティやL・Wそして道元希玄の哲学を愛好し、佐藤信夫、丸山圭三郎、井筒俊彦に心酔した素人の言語哲学狩人です。賢治世界ねの感心もその延長という高踏遊民です。小山氏とは盛四でも同僚となり、その際に、呉中学校長人事は盛一同期で親友だった米内光政の世話『白堊校百年史通史』で、原抱琴(根岸派俳人、原敬の養子)とともに本格的な白亜絞文学活動の先駆者で金田一京介や野村胡堂、石川啄木を感化した人物という点でした。小生が主として担当した写真帳には米内と八角の海兵枚を掲載したのでしたが、その時点では卓苗の存在を問題視しておらずキャプションできませんでした。問題対象になったのはその15年後、「新渡戸稲造と宮澤賢治の精神を現代に掘り起し肖り学べ」と発起した四高初代校長が私立岩手中学校第一回生でその精神的背骨を育てられた人人として挙げていたことでした。小生の一歳年下のその子息(存命)が四高第一回生で記念誌編纂を共にし、その父上の卓苗への思い取材しました。固より、「賢治と稲造の間の因縁性起」を問題視する人も、『地蔵堂』の「洋服を着ても和服を着てもそれが法衣に見える」というレトリックに注目する人もいませんでしたが、へそ曲りの小生の感心はそういう方面に向かってしまいますので。尚、『花巻史談』なる書はかび寡聞にして知らず、その年譜的知識の欠落部分を埋めることができて、二十年来の懐疑が。小山氏がその人生史を辿って書に纏めるのを待っていたのですが、思わぬ方向から。人名のヨミは姓・名とも難有いです。「辛という姓は何と読むのですか?」という質問に「干支(えと)の辛で金弟です」だけでナルホドと諒解してくれる御仁さえごく僅かですから。〈詩のコトバ〉と〈画のコトバ〉と〈音楽のコトバ〉と「道可道、非常之道。」という玄妙な道得との間の因縁性起や如何が、などと問いを立てたがる莫迦は「皆にデクノボーと呼ばれる」のでしょう。不思量底の非思量を探る試みと末那識から阿頼耶識にまで下りていくタノシミのコワサは斎藤環や城戸朱理なども。

投稿者 辛文則 : 2013年10月18日 18:52

辛文則さま、先日は貴重なご教示をいただきまして、ありがとうございました。
鈴木卓苗氏の名前の問題は、まだ100%判明したと言える段階ではありませんが、おかげさまでこの記事にまとめさせていただいたように、かなり整理はされてきたように思います。
ご親切なご助言に、感謝申し上げます。

さて、先日のご教示では、「小山卓也氏の母方の大叔父が鈴木卓苗氏」ということでしたが、そうすると鈴木卓苗氏の兄の桜羽場成就氏は子を成さずに亡くなっておられるので、「小山卓也氏の母方祖父または祖母が、鈴木花枝子氏の兄または姉である」ということになるかと思いますが、それで合っているでしょうか。
もしご存じでしたら、お教えいただければ幸いです。

実は、鈴木卓苗氏のお孫さん(三男の娘さん)が京都在住で、できれば卓苗氏ゆかりのご親族と連絡を取り合い、卓苗氏に関する情報を共有したいと希望しておられます。
もしも小山卓也様のご許可をいただければ、そのお孫さんから小山様に連絡を取らせていただければありがたいのですが、いかがなものでしょうか。
もしよろしければ、このページ左の「管理人あてメール」か、ツイッターのDMで、お知らせいただければ幸いです
もしも、小山様とのご連絡が困難であれば、ご無理はなさっていただかなくとも結構です。

よろしくお願い申し上げます。

投稿者 hamagaki : 2013年10月19日 01:13

「鈴木卓苗のお孫さんが京都在住で、卓苗氏縁の親族と情報を共有したい」とのこと、驚きました。「桜羽場成就氏は子を生さずに亡くなっている」というあたりまでご存知だったのですね。賢治の教え子の桜羽場寛という人物が桜羽場光寛(卓苗の父)の縁者と推論していたのでその辺りはどうなのでしょう。ご存知なら教えていただきたい気がします。『地蔵堂の…』(先駆形ではた賢治自身も卓苗という字を用いていますよね)の読みとも関連して来ると考えていますので。その辺り、賢治が卓苗という母校先輩を如何にとらえていたか、橘川眞一郎、内田秋皎、石川啄木そして原抱琴との関わりで。秋皎内田直は盛中在学中の明治36年、16歳で、自身が編集を担当していた盛岡の俳誌『紫苑』第4号に、漱石の談話記録『俳句と外国文学』を掲載しています。談話した浅茅とは誰だったのか。河東碧梧桐を盛中に招いて4日間俳句講義を催したりと。渋民小の代用教員をしていた啄木に依頼した原稿が『林中書』、『時代閉塞の現状』に通じる考え方です。いささか自己中ですが。啄木没3年後二十九歳で結核のため早逝したのが盛中英語教師内田秋皎でした。送籍者漱石と賢治との間の因縁には興味ありませんか。尚、卓妙苗の父の名は桜羽場光寛というエピは八木英三の談話から。八木が賢治の担任だったのはも盛中在学期です。休学していたんでしょうか。
 で、ご依頼の件ですが、尤もだと思います。還暦を過ぎると自分の父祖や母祖の系譜を明らめたいという欲が。小山氏への問い合わせは遠慮しますが、白亜同窓会名簿掲載の住所と電話番号はお知らせします。個人情報にうるさい時代ですが名簿公表を根拠に。奥様がお亡くなりになり盛岡で独り暮らしなされておりましたが、……。二年前にお会いしてから連絡をとりあっておりません。宜しくお願いいたします。、

投稿者 辛 文則 : 2013年10月19日 13:22

辛 文則 様

またさっそくに、ありがとうございます。
小山様の連絡先を直接ご教示いただきまして、恐縮しつつ感謝申し上げます。
書き込んでいただいた連絡先は、当方でメモした後、念のために削除しておきました。
この連絡先は、京都在住の卓苗氏のお孫さんにお伝えしておきます。

さて、賢治の作品に登場する桜羽場寛氏のことですが、光寛氏の三男の秀三氏の息子だと思います。
つまりご推測のとおり、卓苗氏の甥に当たります。
寛氏は、1922年(大正11年)4月に農学校に入学して、1924年(大正13年)3月に卒業した生徒でした。1921年(大正10年)の12月に農学校教師になった賢治としては、初めて新入生として迎えた学年ということになります。

寛氏が登場する賢治作品としては、「〔地蔵堂の五本の巨杉が〕」の他に、「補遺詩篇 I」に分類される詩断片「展勝地」があります。
これは、現在の北上市にある「展勝地」という公園に生徒とともに遠足に行った情景を思わせる描写で、ここに登場する「桜羽場君」が、寛と推測されるのです。

「桜羽場君、そこはだめだ。
あなたは風邪も引いてるから、
そんなところに座ってゐると、
ついぐらぐらして陥ちるかもしれない。

さらに、やはり生徒を引率して見学に行った際の記録と思われる短篇「台川」にも、やはり「桜羽場」が出てきます。

桜羽場が又凝灰岩を拾ったな。頬がまっ赤で髪も赭いその小さな子供。

このように、賢治はこの桜羽場寛という小柄で利発な生徒に目をかけていたようで、それは、『春と修羅』を出版した際に、その見返しに署名をして贈呈したことにも表れていると思います(下画像は『新校本宮澤賢治全集』第14巻より)。

それではこのたびは、重ね重ねありがとうございました。

投稿者 hamagaki : 2013年10月20日 14:31


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →