← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2010年7月15日 宮沢賢治の軌跡を辿るサハリン5日間

 以前に『宮沢賢治とサハリン』という記事でご紹介した素敵な本の著者、藤原浩さんからご連絡をいただきました。
サハリン このたび、藤原さんも立案に関わって、H.I.S.という旅行会社が今年の9月、「宮沢賢治の軌跡を辿るサハリン5日間」というツアーを企画しているのだそうです。
 出発は、9月6日と13日の2コース。5日間で13万8000円。6日出発便には、藤原さんも同行されるのだそうです。

 今回は特に「宮沢賢治」に焦点を当てたツアーなので、その行程は、「とにかく『賢治が行った場所』『行ったかもしれない場所』に絞っています。それ以外のところは、たとえ人気スポットであっても足を伸ばしておりません。」(藤原氏)とのこと。そして日本語のガイド付きで、「オホーツク挽歌」の栄浜や白鳥湖など、宮沢賢治ゆかりのある6ヶ所を巡るのだそうです。

 それから今回のツアーのもう一つの意義は、往復ともに賢治がサハリンへ渡った「稚泊連絡船」に相当する「稚内―コルサコフ航路」を利用するのですが、この「稚内―コルサコフ航路」は今年度一杯で廃止になる可能性がかなり高いのだそうです。
 すると、「宗谷挽歌」の世界を直接体験できるのは、今回が最後のチャンスということになるかもしれないわけですね。

 賢治が前年に亡くなったトシの魂を追い求め、「銀河鉄道の夜」のインスピレーションの一つの源泉にもなったと言われるサハリン。この、北の最果ての地を一度訪れてみたいという方にとっては、大きなチャンスだと思います。ツアーの最少催行人数は、10名とのこと。
 私も行きたくて行きたくて仕方がないのですが、どうしても仕事を休めない・・・(泣)。

 ところで、サハリンへ行かれる方にも、行かれない方にも、藤原浩著『宮沢賢治とサハリン』は、サハリンにおける賢治の足跡や、彼の推定旅行日程、サハリンの風物の豊富な写真も載っていて600円という、とても魅力的でお買い得なブックレットです。
 実用的なガイドブックとしても、座右に置いて眺めるためにも、お奨め!

宮沢賢治とサハリン―「銀河鉄道」の彼方へ (ユーラシア・ブックレット) 宮沢賢治とサハリン―「銀河鉄道」の彼方へ
(ユーラシア・ブックレット)

ユーラシア研究所ブックレット編集委員会

東洋書店 2009-06
売り上げランキング : 61082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【参考エントリ】
「オホーツク挽歌」詩群
『宮沢賢治とサハリン』
「宗谷〔二〕」の紳士は貴族院議員?
西洋料理店のような?
冥界としてのサハリン
7日乗船説と9日乗船説(1)
7日乗船説と9日乗船説(2)
7日乗船説と9日乗船説(3)

written by hamagaki : カテゴリー「賢治情報

トラックバック




コメント



まったく関係のない話です。

先日、ターミナルケアに関わっていた独居老人が静かに息を引き取りました。
朝、娘さんが訪問したらこと切れていたのです。

この方は戦後、サハリンに抑留されていました。
シベリアのような悲惨なことはなかった、もう一度行ってみたいとおっしゃっていました。

もし魂というものがあるなら、このツアーに同行させて上げたいと夢想しています。
そしてもっと色々お話を聞いておけばよかったと、亡くなったあと、痛感しています。

投稿者 mishimahiroshi : 2010年7月18日 00:03

 mishimahiroshi 様、コメントをありがとうございます。

 サハリンで生活しておられて、突然に日本の敗戦を迎えられたのでしょうか。その後きっと大変なご苦労をされたと思いますが、それでも「もう一度行ってみたい」とおっしゃるのは、「故郷」を思うお気持ちなのでしょうかね。

 同じようにサハリンで暮らしていて、戦後2年余りも彼の地で抑留されていたという、松田静偲という人の短歌に、次のようなのを見つけました。

     奪われし我が故郷の樺太に
         玟瑰いまも朱き実もつや        静偲

 合掌。

投稿者 hamagaki : 2010年7月18日 15:33


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →