← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2009年10月18日 「要庵 西富家」がミシュラン☆☆

ミシュランガイド京都・大阪 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE KYOTO OSAKA 2010 Japanese) ミシュランガイド 京都・大阪 2010 日本語版 (MICHELIN GUIDE KYOTO OSAKA 2010 Japanese)

日本ミシュランタイヤ株式会社 2009-10-16
売り上げランキング : 3
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 とりわけ京都では掲載拒否店が続出したり、その評価基準が議論になったりもしましたが、いろいろな声を尻目に、『ミシュランガイド 京都・大阪 2010』が、一昨日に発売されました。
 京都の「三つ星」には万人の認める高名な懐石料理の老舗が並ぶ一方、フランス料理では、ホテル内のレストランで「一つ星」が一軒だけ、というのがちょっと寂しいですが、まあ冷静に考えてみればやむをえないところかも。

 そんな中で個人的に嬉しかったのが、旅館「要庵 西富家」が、みごと「二つ星」を獲得していたことです。
 93年前に宮澤賢治が宿泊した旅館として、たまたまこの半年に2回も訪れることになり、その料理の素晴らしさには個人的に感嘆していたのですが、ここまで評価されるとは・・・。

 『ミシュランガイド』において「旅館」というカテゴリーは、今回の「京都・大阪」版で京都に関して新たに設けられたようですが、「星」の評価の基準は、あくまで「皿の上のもの」、すなわち純粋に料理に対してということです。そこで並み居る京都の老舗高級旅館を抑えて、旅館として「二つ星」を獲得したのはこの「要庵 西富家」ただ一軒。あと旅館で星が付いたのは、「一つ星」に「柊家」と「美山荘」だけという状態です。
 ちなみに、ミシュランにおける「二つ星」の意味は、「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理/熟練した技術と丹念な仕事がうかがえる。目を見張るような価値がある。」とのこと。

要庵西富屋・門構え

 もっとも賢治が宿泊した頃とは、旅館としてのコンセプトもまったく変わり、「修学旅行生も泊まる宿」から「高級懐石旅館」になったからこそ今回の星獲得に至ったわけで、現在宿泊しても当時の雰囲気を偲ぶことは難しくなっています。
 しかし、下の表を参照していただきたいのですが、賢治が宿泊したことが確実な宿で、当時と同じ場所で同じ経営が続いている旅館は、現在は全国でおそらくこの「要庵 西富家」だけなのではないかと、私は思います。

 今回の掲載で、しばらくは予約を取るのが難しくなってしまうかもしれませんが、全国の賢治ファンの方々にも知っておいていただいてもよい情報かと思い、記事にさせていただきました。
 西富家のご主人様、お女将さん、おめでとうございます(関連記事「京都における賢治の宿(2)」)。

 『ミシュランガイド 京都・大阪』より


(表1)賢治が宿泊したことが確実な宿

旅館名
所在地
宿泊日
目的
現状
三島屋
盛岡市紺屋町
1909/3/31-4/?
盛岡中学受験
廃業(現「三島内科医院」)
大東館
宮城県宮城郡七ヶ浜村菖蒲田
1912/5/28
修学旅行中伯母ヤギ見舞い
廃業
西富家
京都市下京区富小路六角下ル
1916/3/23
盛岡高等農林学校修学旅行
要庵西富家」として旅館営業中
対山楼
奈良市今小路町
1916/3/24
同上
廃業(現「天平倶楽部」)
二見館
三重県度会郡二見町
1916/3/28
同上
1999年廃業(建物は現存
北辰館
東京市麹町区麹町3丁目
1916/7/31-8/?
「独逸語夏季講習会」受講
廃業(現「麹町鈴木ビル」)
栄家旅館
東京市麹町区麹町3丁目
1916/8/?-9/1?
同上
不明
宮城館
東京市日本橋区薬研堀町41番地
1917/1/4-5
家業の用事
廃業(現「宮城館ビル」)
岡田屋
岩手県下閉伊郡宮古町
1917/7/26
東海岸視察団同行
不明
石川旅館
岩手県稗貫郡大迫町
1918/9/21
稗貫郡土性調査
廃業(現「村田商店」)
雲台館
東京市小石川区雑司ヶ谷町130
1918/12/26-1919/3/?
トシ看病
廃業
布袋館
京都市下京区三條小橋東入ル
1921/4/?
家出中、父と関西旅行
山形屋
札幌市北2条西4丁目
1924/5/20
花巻農学校修学旅行引率
廃業
富士館
苫小牧町王子町5番地                 
1924/5/21
同上
廃業(現「苫小牧駅前プラザegao)
上州屋
神田区神田錦町3丁目19番地
1926/12/3-28?
セロ、オルガン等学習
廃業
八幡館
神田区駿河台南甲賀町12番地
1931/9/20-26
東北砕石工場出張
廃業(現「日本大学カザルスホール」)



(表2)賢治が宿泊したとの推定がある宿

旅館名 所在地 宿泊日 目的 現状
梅乃屋 埼玉県秩父郡国神村 1916/9/3 秩父地方地質見学調査 「梅乃屋旅館」として営業中
寿旅館 埼玉県秩父郡小鹿野町 1916/9/4 同上 2008年末廃業(建物は町が買取)
角屋 埼玉県秩父郡秩父町大宮 1916/9/6 同上 不明
(寒キ宿) 岩手県九戸郡野田村
下安家
1925/1/6 三陸旅行 現「小野旅館」

written by hamagaki : カテゴリー「伝記的事項」「イーハトーブ・グルメ

トラックバック




コメント




コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →