← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2009年5月 7日 上山と帰途

 昨夜は、旅行の報告のアップもしないままに寝てしまいまして、すみませんでした。m(- -)m

 実は昨日は、賢治関係でなくちょっと仕事に関係した用事で、山形県の上山市に行っていました。
 花巻から山形の方に行くとなると、仙台から仙山線経由の方が距離的には近いはずですが、列車の本数や連絡の関係のため、いったん福島まで南下して、福島から山形新幹線に乗る方が、時間的には速いんですね。

 ということで、昨日の朝10時すぎに新花巻駅を発って、13時前に「かみのやま温泉駅」に着き、人と会ってお話をして、そしてせっかく上山に来たのですから、「斎藤茂吉記念館」を駆け足で見学しました。

斎藤茂吉記念館
斎藤茂吉記念館入口

 ここはけっして大きな施設ではありませんが、(茂吉の歌のように)重厚な雰囲気の記念館でした。
 下の写真は、記念館の駐車場から蔵王の方角を望んだところです。残念ながら、上の方の姿は雲に隠れて見えません。

蔵王を望む

 それからお土産に「中條饅頭」というのを買って、また新幹線に乗って、夜8時前に新花巻駅に着きました。
「早池峰」のお刺身 少しほっとした気分もあったので、駅からタクシーに乗り、例によって居酒屋「早池峰」に行きました。いろいろと食べたり飲んだりしましたので、宿に着くのが遅くなってしまった次第です。
 それにしても、この時期はいつも貝や山菜が美味しいので困ってしまいます。


 で、今日はもう朝から荷造りをして、帰途につきました。新しい花巻空港には、今日も「緑の町に舞い降りて」の歌が流れています。

 下の写真は、飛行機の窓からの景色です。緑の湖水が見えるのが、夏油川上流の入畑ダムで、右端の雪をかぶった山々は、「夏油三山」の駒ヶ岳のあたりでしょうか。

入畑ダム

 黄色の矢印の先端部に、「入畑ダム展望台」があって、そこに賢治の「二川こゝにて会したり」詩碑があります。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治紀行

トラックバック




コメント



hamagakiさま

お帰りなさい、ですよね。

少しでもゆっくり羽を伸ばす機会があったならいいな、と、勝手に思っております。

突然
不躾な質問ですが、お答えしていただける範囲でよろしくお願いします。

ブログを見る限り、そのジャンルを問わず、郷土料理や、お酒、はたまたスイーまで網羅されているように感じます。

私は自分で進んでは飲みませんが、そのような席では、「とりあえずの生ビール」の後は、冷酒、白ワイン、ウイスキーの水割りを「チョコレート(これが肝心です)やチーズといただくのが好きです。

まだ、お酒を知らないのです。

一番好きなのは抹茶系のスイーツで、これは京都にすんでいる特権だと思い、いろいろ好みが決まっています。

お酒を特に好む訳ではありませんが、冷酒とチョコレコレーキ。これはお酒好きな方には「邪道」だと言われますが、お勧めです。

ぜひ、おためしください(^^;)。

とれと、hagmagakiさんのサイトによく登場する京都の「おでんやさん」。
一度、トライしたいとおもっています。
女性ひとりでふらっと行っても居心地が悪くないか、財布の中身と相談できるかが、ネックで、関心を示しつつも足を延ばすことができずにいます。

「旅行」とまで、大がかりな決断をするのではなく、身近なところで、ささやかな楽しみ、心のよりどころを見つけたいと思っています・
hamagakiさんの特別な場所に私が現れても、hamagakiさんのお顔をはっきりとは認識できませんでし、hamagakiさんのやすらぎの空間をお邪魔するようなことは決してないと思います。
ですから、差しさわりなければ、ぜひ、私の京都での生活を潤いのある空間につるために手を貸していただければと思います。

もちろん、偶然場を共有して、お互いがお互いを知ることがができれば、わざわざ知らない振りというのも不自然ですので、2,3言葉がかわせればとは思いますが、
今私が求めているのはさまざまな京都を知る、そして、少しでも京都に愛着を持てれば…、と考えております。

いくら同じ京都に暮らしていても、生活パターンは千差万別、特別約束でもしない限り、八合わせはありえないとおもいますので、よろしければ、いくつかお勧めスポットをお教えいただければと思います、

自分で開拓することにも楽しみは感じますが、どうしてに偏った、似たようなところになることが多く、今回思い切っておたずねしてみました。

お手すきの時によろしくお願いいたします。


最後に、一番好きな嗜好品は紅茶です(^^)。

megumi

投稿者 megumi : 2009年5月 9日 20:40

hamagakiさま

操作ミスで2度も同様の内容を送信してしまい、失礼しました。


…そして、内容も。
失礼をお許しください。


投稿者 megumi : 2009年5月10日 15:47

 megumi 様、こんにちは。無事花巻から帰って参りましした。(^^)

 私はもともとは「甘党」ではないのですが、お奨めする京都のお菓子屋さんとしては、「御菓子司 中村軒」があります。賢治が修学旅行の時に休憩したと思われる「万甚」という料理屋旅館のお隣で、これについて調べる際にいろいろとお世話になりました。この中村軒の「麦代餅」というのが美味しいです。お店には、その場でお菓子を食べたり、お茶を飲んだりできるスペースもあります。

 それから、おでん屋の「万両」の場所は、先斗町通を四条から150mほど北へ上がって、細い路地を西に入ったところです。先斗町通のちょっと高い位置に看板が出ているので、上の方を見ながら歩いて行くとわかるかと思います。
 じつは昨夜も行っていました。(^^ゞ

投稿者 hamagaki : 2009年5月10日 19:28

hamagakiさま

こんばんは。
無事にお戻りになられたとのこと、何よりです。

不躾な問い合わせに快くお返事を下さいまして、ありがとうございます。

甘党ではないとのこと。
しかし、お酒はかなりお好きななのではないかと、サイトの文面から感じています。

今回はありがとうございました。

投稿者 megumi : 2009年5月11日 01:12

hamagakiさま

もう日付が変わってしまいましたので、昨日ですが、「万両」へ行ってみました。

…とはいっても、先斗町の通りから、覗き込むようにして場所を確認しただけです(^^;)。

木屋町に抜けられれば、そろっと店の前まで行けたと思うのですが、先斗町、木屋町辺りは私にとってはまだまだ「大人の世界」…と表現すべきでしょうか、未知の世界。
ひとりで散策するのは緊張しました。

年齢は充分「おとな」なのに…(^^;;;。

ご報告まで…。

投稿者 megumi : 2009年5月13日 03:36


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →