← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2008年8月10日 五輪塔

 北京オリンピックが、平和のうちに進んで行きますように。

五輪塔(五輪峠)

written by hamagaki : カテゴリー「雑記

トラックバック




コメント



こんばんは。
全く同感です。

オリンピック開催によって、その国が潤うことは悪いことではないと思いますが、住みなれた町を追われたりと、弱者にしわ寄せしている様子を報道番組などで目にしてしまい、単純にお祭り気分になれません。

私は、オリンピックと聞くと、円谷選手を思い起こし、しんみりしてしまいます。

投稿者 megumi : 2008年8月11日 21:52

 megumi 様、こんばんは。

 どうしても「きな臭い」雰囲気がただよいつづけているようなので、思わず「がら」にもなく、平和などを祈ってしまいました。(^_^)ゞ

 あと、円谷選手ほどの心理状況ではないかもしれませんが、野口みずき選手も、そんなに無理をしないで・・・、と思ってしまいます。

投稿者 hamagaki : 2008年8月12日 01:47

私も開会式での「和」という字がしらじらしく感じてしまいました。
賢治が望んだように、ジョン・レノンが望んだように、世界がぜんたい幸福になり、ひとつなる日がいつか来ることを願います。

みずき選手は高校の後輩なんです。(またまた余談ですね)
この暑い中を走らなければならない選手達はほんとうに辛いと思います。

誰のための何のためのオリンピックか。
疑問が多いです。

投稿者 signaless : 2008年8月12日 09:54


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →