← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2008年1月11日 【先人からの伝言】宮沢賢治篇

 少し前に、旭川の石本裕之さんからご連絡があり、朝日新聞札幌支局から取材を受けて、賢治に関する記事が近々紙面に掲載されるとのことでした。
 このたび1月10日付けで、その記事が Web 上でも見られるようになっていました。

 これは、新年企画【先人からの伝言】という連載記事の一環で、今年の7月に「洞爺湖サミット」が開かれることと関連させ、北海道にゆかりのある先人たちを取りあげて、その言葉や人生の軌跡から、現代の北海道への「伝言」を聴こうという試みです。
 今回、その第8回として取りあげられたのが、「宮沢賢治」でした。賢治は、北海道へは旅行で3度訪れただけでしたが、クラーク博士や知里幸恵などと並んで、今回の企画の「先人」の一人の選ばれたのです。背景には、「北海道の賢治」に関する、石本さんたちのこれまでの粘り強い研究やPR活動の成果もあったでしょう。

 記事には、詩「札幌市」や「オホーツク挽歌詩群」の話題、一昨年に廃線となった北見の「ふるさと銀河線」の話題などがあり、美しい写真も掲載されています。

 Web 版の新聞記事は、こちらから見られます。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治情報

トラックバック




コメント



読んでいると時間を忘れてしまいます。
また読ませてもらいますね。
よろしくお願いします。

投稿者 コストコ : 2008年1月12日 14:18

ありがとうございました。

北海道の広大さは、悲しみを包み込むのでしょうか。

なかなか、そこまで、行けない者にとっては、うれしい限りです。

「銀河鉄道の夜」は、賢治の総決算に感じます。

もし、最晩年でなければ、体がもう少し、元気であれば、変わっていたのかもしれない。そんな気が、少し、いたします。

投稿者 雲 : 2008年1月12日 16:27

産経新聞が出している産経エクスプレス(地域限定版)でも、14日から啄木と賢治をとらえた連載が始まったようです。Webでは公開されておりませんが…。

投稿者 塩見洋 : 2008年1月14日 18:58

>コストコ様

 はじめまして。コメントをありがとうございます。じっくりとお読みいただけたとは、光栄に存じます。今後とも、よろしくお願い申し上げます。

>雲様

 「体がもう少し元気であれば、変わっていたかもしれない」というのは、本当にそんな気がします。

>塩見様

 やはり「賢治」ネタは、新聞社のオピニオンを越えて、人気があるんでしょうか。探してみると、「産経エクスプレス」の今日のサンプル紙面だけは、Web で見ることができました。「詩(うた)物語 啄木と賢治」というタイトルで、月〜金の連載だそうですね。
 この新聞は、私はこれまで知らなかったのですが、なかなかかっこいい紙面ですね。

 貴重な情報を、ありがとうございました。

投稿者 hamagaki : 2008年1月14日 23:54

体の健康は、左右される気がします。

少し、病弱だったから、透き通った心を持てたのだろうか、と、思っております。

どうなんでしょう。

体の限界が先か、心の健康が先か、介護に関する事件や、不自然な殺人事件をニュースで知ると、怖いと同時に、疲れてたのかなあと、思ってしまいます。
どっちが、疲れていたのだろう。
もう、両方だったのだろうか。

広大な風景や、美しい風景や風は、心にも、透き通った風が吹くように、すっとするのに。

HAMAGAKIさん、いつも、ありがとうございます。

投稿者 雲 : 2008年1月20日 23:37


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →