← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2007年10月14日 大澤信亮「宮澤賢治の暴力」

 第39回新潮新人賞を受賞した評論、大澤信亮氏の「宮澤賢治の暴力」を読みました。 現在発売中の、『新潮』(11月号)に掲載されています。

 『新潮』2007年11月号  新潮 2007年 11月号 [雑誌]

 新潮社 2007-10-06
 

 Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 タイトルの「宮澤賢治の暴力」というのが、いかにも刺激的です。正直言うと読み始める前の私は、もう少し穏当な題名はないものか、などと思っていたのですが、読み終わってみると、これは奇を衒って付けたものでも何でもなく、内容から考えればきわめて本質的な題名だったのです。
 あるいは、同号に掲載されている、著者の「受賞記念原稿」を読むと、その書き出しは「最終選考に残ったとの連絡を受けた日に「受賞の言葉」を書き上げた。」であったり、「受賞の知らせを受けても喜びより至当の気持ちが強く…」と述べたり、また「私はこの作品に絶対の自信がある。」と言い切ったり、やはりかなり挑戦的で思い入れが凄いのです。しかし、これもやはり評論そのものを読むと、内容はその思い入れと同じくらいの重さがあると、感じざるをえませんでした。

 これは、賢治に関する「研究論文」ではなくて、あくまで「評論」です。そしてその対象となっているのは、賢治の作品よりも、賢治という人間の思想や生き方です。というよりも、賢治の思想や生き方に迫ることを通して、人間の普遍的な問題としての「暴力」について考究しようとしたものと言えます。
 もちろん、宮澤賢治という人が、実際に他人に対して暴力的であったなどということは露ほどもありませんし、その正反対に、暴力をひたすら忌避し排除しようとして生きた人です。動物の命を奪うことさえ避けるために、菜食主義を実践したほどです。

 しかしだからこそ著者は、「暴力を完全に否定していくとどうなるか」ということを突き詰めていくために、宮澤賢治を題材としたのです。「よだかの星」において、よだかは「殺される側」に立ってみて、それまで自分が多くの生き物を殺してきたことに慄然とし、自ら死のうとします。そして星になってしまいます。
 しかし、このような「自己犠牲」も、実は「自分自身に対する暴力」です。「グスコーブドリの伝記」や「銀河鉄道の夜」など、やはり自己犠牲を扱った作品は他にも数多くあるばかりでなく、賢治の人生そのものも、多分に自己犠牲的というか自己破壊的な側面があって、それは賢治ファンにとっては、どうしても痛ましく感じられてしまうところです。
 他者への暴力の否定は、自己への暴力となるしか道はないのでしょうか。

 例えばこのような問題について、キリストやカントやドストエフスキーも参照しつつ、若々しい考察を推し進めていったのが、この評論です。一つの「賢治論」としてももちろん読めますが、より普遍的な問題を扱っています。
 具体的な内容は、実際に読んでいただくことをお勧めするとして、「受賞記念原稿」の次のような部分は、著者が人間の「暴力」についてこだわる経緯の一端を垣間見せてくれます。

 宮澤賢治について腰を入れて考え始めて十年になる。大学では詩人会というサークルに入っていた。賢治を読み直したのもその頃だったと思う。かつて高校時代に振るってしまった暴力の経験から、私は自らに巣食う暴力の謎に囚われていた。人間にとって暴力とは何か。最終的な審級が物理的な暴力によって決定されているなら、言葉など暴力を担保にしたお喋りでしかないのではないか。だが言葉とはその程度のものなのか。私は「よだかの星」に自らの暴力性を徹底的に追い詰める者の過激さを見ていた。

 その文章からは、一徹で生真面目で怖いほどの雰囲気を醸し出す著者ですが、次のような側面もあってホッとします。

受賞の知らせを受けた後、近所の蕎麦屋で恋人と、賢治の好んだサイダー+天麩羅そばの組み合わせを食べた。翌日は新宿の馴染みの焼肉屋で、友人たちと特上のカルビ・タン・リブロースを食べ、飲んだ。同席してくれた杉田(引用者注:「フリーターにとって「自由」とは何か」の著者)は「食べることの暴力性を論じた人間がこれだよ」と呆れ気味に笑っていた。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治関連本

トラックバック




コメント



新聞で、タイトルを見て、わたしも、驚きました。
賢治に関する本は、多すぎて、全部目を通す時間もエネルギーもないわたくしには、ありがたいです。
どうも、ありがとう、ございました。

投稿者 はやし よしこ : 2007年10月16日 11:55

 はやし よしこ様、いつもありがとうございます。

 『新潮』などという雑誌を買ったのは、私としては生まれて初めてでしたが、宮澤賢治を題材として一般の「賞」を獲得した評論というのが一体どんなものか知りたくて、ネットで注文して買いました。

 この文章以外の部分には、とくに読もうと思えるところが見つかりませんでしたが、文芸雑誌というのがどんなものかは、一応わかりました。

投稿者 hamagaki : 2007年10月16日 23:57

いつも活きのいい情報をありがとうございます。
早速入手して読み始めています。

投稿者 nenemu8921 : 2007年10月19日 10:04

 nenemu 様、こんばんは。お世話になっています。

 これは、かなりアクの強い論文ではありますね。読む人によって評価は分かれるかもしれませんが、個人的にはある種のパワーを感じました。

 しかし、あまりにも深くまで解剖用メスが到達しているので、私のような「単なる一賢治ファン」にとっては、ちょっと胸が痛むような感覚もおぼえました。

投稿者 hamagaki : 2007年10月20日 02:55

論文なんですか。
いっぱい出るので、何とも言えませんが。
いったい何のために、研究されてらっしゃるのかな?
という方にも、お会いすることもあります。
アクが強いのかあ。
タイトルのインパクトが強すぎて、読む気がしないというのは、残念な気がします。
忙しいのに、児童文学って、暇な人ばかりなのね、と言われているのと似た感じがします。
残念。

投稿者 はやし よしこ : 2007年10月22日 22:41


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →