← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2007年9月13日 「わらべの像」アップ

 「石碑の部屋」に、「わらべの像」をアップしました。「宮沢賢治童話村」の中に、去年の9月に建立されたものです。

宮沢賢治童話村「わらべの像」

written by hamagaki : カテゴリー「サイト更新

トラックバック




コメント



 ちょうど今日、久しぶりにわくわくしながら「風の又三郎」を読み返していて、――数時間前のことですが――この“あんまり川をにごすなよ、いつでも先生いうでないか。”の合唱に、列車の中ながら思わず「くくくっ」と笑ってしまったことでした。が、その直後に、「青い粘土と赤砂利の崖」という賢治の眼にふれて粛然としたことでした。

投稿者 かぐら川 : 2007年9月13日 22:45

 かぐら川様、こんばんは。
 「又三郎」にまつわる不思議なめぐり合わせでしたね。

 ご指摘の箇所も、やっぱり賢治の「眼」にかかると、われわれが何気なく見ている景色が、何か別の様相を帯びて現れてくるという感じですね。
 「九月四日」の種山ヶ原でのエピソードも、読むたびに懐かしいような、また逆に不思議な異界の感じがするような、私にとって「粛然」とするところです。

投稿者 hamagaki : 2007年9月14日 00:26


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →