← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2006年11月 9日 「黒と白との細胞」による千億の明滅(論文形)

 去る9月23日にイーハトーブ館で開かれた「第16回宮沢賢治研究発表会」で発表してきた内容を報告集に載せるために、8000字程度にまとめて10月中に提出するようにとい言われていまして、ちょっと締め切りに遅れてしまいましたが、何とか今日提出しました。

 下記に、その PDFファイルを載せておきますので、ご笑覧いただければ幸いです。

「黒と白との細胞」による千億の明滅(論文形)

written by hamagaki : カテゴリー「作品について

トラックバック




コメント



[黒と白との]ご論考ありがとうございました。
ここに集う方々も、有機交流電燈の一つ一つの
青や赤、黄や緑・・・の照明です、ね。

投稿者 つめくさ : 2006年11月12日 19:59

 つめくさ様、こんばんは。
 変な「論文」というか「研究発表」で、申しわけありませんでした。

 ここに集う方々も・・・、そうですね。
 おかげさまで、私自身が、いろいろな光をいただいています。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

投稿者 hamagaki : 2006年11月14日 00:46


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →