← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2005年10月11日 「敗れし少年の歌へる」VOCALOID版

 「歌曲の部屋 〜後世作曲家篇〜」に、「敗れし少年の歌へる」を追加しました。もちろん当サイト管理人は作曲家ではありませんので、このコーナーに拙作を入れるとはおこがましいかぎりですが、他に収める場所がないので、とりあえずここに置いておきます。内容としては、「敗れし少年の歌へる」の VOCALOID 版や、PDF 形式の楽譜を載せています。
 あと、普代村コンサートに関する岩手日報の記事が Web 上でも公開されていますね。

 ところで、昨夜の遅くに当サイトの総アクセス数が30万を越えたようです。開設からちょうど6年が経ちましたが、このような形のサイトになるとは、当初は想定していませんでした。
 これまでご覧いただいた方々、Web を通して出会った方々に、感謝申し上げます。

written by hamagaki : カテゴリー「サイト更新

トラックバック


トラックバックリスト:


» 歌うパソコン from TheSoundOf6x22
これ面白いですね!歌詞と音程を入力したらパソコンが歌ってくれるんです。今まではちょっと見たくらいであまり今までは気にしてはいなかったのですが。バックの楽器... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2005年10月23日 21:29



コメント



9月からフィレンツエにいます。語学学校に通い、ぼんやりしながら毎日を送っています。
在職中は色々ありがとうございました。
ここでのインターネットカフェで見る、あまたのサイトはなかなか感慨深いものがあります。
時々ここに来て読むのが楽しみの一つです。
続けてください。
賢治サンの今日に私の今日を重ねて読んでいます。
彼は私の年まで生きられなかったのだと思いながら。

投稿者 北山克子 : 2005年10月13日 02:56

北山克子さま、コメントありがとうございます。
それにしても、フィレンツェにおられるのですか!

ええと、日本とイタリアの時差を調べると8時間とのことで、10月の最終土曜まではサマータイムが実施されて1時間早まっている・・・ということは、書きこんでいただいた「日本時間10月13日午前2時56分」は、そちらでは「10月12日の午後7時56分」だったのでしょうか?

京都はまだまだ暑いですが、そちらはどんな気候でしょうか。
どうか、お身体に気をつけてお暮らしください。

ところで、「銀河鉄道の夜」には、ジョバンニとかカンパネルラとかザネリとか、イタリア人の名前を持った男の子たちが出てくるのですが、そのような面影のある少年にはめぐり会いませんでしたか?

投稿者 hamagaki : 2005年10月13日 22:50

“文学少女”と慟哭の巡礼者を読んでここ来ましたw

良かったです。

投稿者 kuma : 2009年4月12日 15:34

 kuma 様、「敗れし少年の歌へる」をお聴きいただきまして、ありがとうございます。

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

投稿者 hamagaki : 2009年4月13日 02:24


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →