← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2005年9月19日 Podcasting による花巻弁講座

 きのう当サイトでも Podcasting を開始して、「聴いてみました」というメールなどもいただいて嬉しかったのですが、今日はもっとおもしろくて不思議な Podcasting サイトを見つけました。
 「JENGO de 英語」というブログがそれで、英語のニュアンスとも対比しながら、花巻の言葉を学べるというものです。キャスターのお姉さんが、まじめそうな英会話教室のノリで、その実はきわめてユーモラスに教えてくれます。「じぇんご」というのは、「在郷」が花巻ふうに訛ったもので、田舎や田舎の文化を表す、とのことですね。

 私も、このところ年に何度か花巻に行くことが続くうちに、花巻のあの柔らかな雰囲気の言葉がだんだんと心にしみわたってきました。毎年賢治学会総会が開かれる、駅前の「NAHANプラザ」の「なはん」も、花巻弁に由来しているんでしたね。

 もうあさってに迫った賢治祭、その翌日の総会にも今年は行けませんが、こんど花巻に行く時のために、それまでこの Podcasting でしっかりと花巻の言葉を勉強しておきたいと思います(笑)。

written by hamagaki : カテゴリー「雑記

トラックバック




コメント



こんにちわ
トラバありがとうございます。
JENGO de英語 の作者サユリハタケヤマです。

素敵なブログですね。しかもPodcasitingなさっているのですね。私花巻市の社会教育委員もやっているので
22日、宮沢賢治授賞式行きますよ。
会場はNAHANプラザですo(^o^)o

これからも宜しくお願い申しあげます。

投稿者 サユリハタケヤマ : 2005年9月20日 15:32

サユリハタケヤマ様

コメントありがとうございます。
私は京都に住んでいるのですが、この数年は毎年何回か花巻を訪ねさせていただいて、この頃は駅や空港に降りるたびに、「また帰ってきました」と感じるようになっています。

花巻の言葉もすでに耳には懐かしいものですが、まだ自分で駆使するには至りません。これから、いろいろと勉強させていただきます。

また将来、花巻のどこかでお会いできることを願って、今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿者 hamagaki : 2005年9月20日 20:43


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →