← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2001年8月15日 岩手紀行(5)

 ホテルの高層の窓から眺めていると、盛岡の街が「七三 有明」のようにしらじらと明けました。 今日は、これまでずっと見たいと思いつつも機会がなくて見られなかったあこがれの詩碑を、二つ見に行く予定です。

 まず盛岡から花巻に出て、駅前から「河原の坊」行きのバスに乗りました。河原の坊とは、 北上山地の最高峰である早池峰山の南の登山口で、 夏の間だけ花巻から一日二往復のバスの便が通います。 バス停には本格的な登山装備をした人たちが、並んで待っていましたが、軽装の私たちもいっしょに乗り込みます。 稗貫川に沿って1時間半ほどバスに揺られ、笛貫の滝も過ぎて、河原の坊に着きました。 このあたりは童話「どんぐりと山猫」 の舞台とも言われています。

 さて、せっかく登山口まで来ましたが、ご覧のように早池峰山の頂上は、あいにく雲に隠れて見えません。しかし川原に降りると、 やっぱり岩がごろごろしていました。「三七四 河原坊(山脚の黎明)」で、 賢治はこの辺の平らな岩の上に寝て、不思議な入眠時幻覚を見ます。さすがに今となっては、どれが賢治が寝た岩かはわかりませんでしたが、 少し登ったところにある「三七五 山の晨明に関する童話風の構想」 の詩碑は、期待どおり にすばらしかったです。素朴ですが真摯さにあふれ、原 子朗 氏が『新宮澤賢治語彙辞典』において、 「数ある賢治詩碑中の白眉」と呼んでおられるだけのことはありました。

 それからまた山道をバスで新花巻駅に戻り、昼食は「山猫軒」の新花巻駅前店で、「山猫定食」をとりました。そしてこんどは釜石線で、山あいの鱒沢まで入ります。 そしてさらに鱒沢からはタクシーに乗って、江刺との境にある五輪峠へ行くのです。
 猿ヶ石川を離れて山間へ向かい、地元の運転手さんもめったに来たことがないと言う道をうねうねとめぐると、30分ほどでついに 「…そここそ峠いただきだ…」 というところまでたどり着きました。そしてその道路わきには、「苔に蒸された花崗岩の古い五輪の塔」と、五輪峠の詩碑が、 ひっそりと立っていたのです。

 こうして念願の五輪の塔に、やっと対面ができました。側碑によると、この塔は文化十二年建立ということですから、 もちろん宮澤賢治がその昔に対面して作品に描いたのと、同一のものです。去年の春のイーハトーブ館春季セミナーで聞いた 「五輪峠」の朗読の感動も、よみがえりました。

 木々の間から遠く北上平野に江刺の市街を見おろしたあと、峠を下りました。鱒沢の駅からはまた釜石線で、 夕日に向かって花巻へ帰りました。今晩がこの旅の最終宿泊で、花巻温泉です。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治紀行

トラックバック




コメント



お晩でした。

先日、五輪峠に行くつもりで貴サイトも参考にしたのですが、水沢駅からMTBで向かう途上で入り口を見過ごしてしまい、尋ねそこねました。

結局、種山高原経由で各峠の紅葉狩りを楽しみつつ、辿りついた遠野でジンギスカンと地ビール(ズモナビール)を堪能しましたが、少しばかり口惜しい今日この頃ですw

投稿者 going solo. : 2010年11月11日 00:06

 going solo.様、こんにちは。

 私の場合は時間の関係で、五輪峠へはタクシーなどという最も安直な手段を使ってしまいましたので、参考にもならなかったと思います。お役に立てずすみません。

 種山あたりは、紅葉がきれいだったでしょうね。「ズモナビール」は、私も今年の7月にいただきました。美味しかったですね。 http://twitpic.com/287zvg
 

投稿者 hamagaki : 2010年11月11日 13:29

例えば「宮沢賢治の里より」様の、150五輪峠(その1〜)のエントリーも押さえてあったのですが、脳内に把握出来てませんでしたww

さてズモナビール、hamagakiサンはゴ−ルデン・ピルスナーを飲まれたのですね?わたしはクリスタル・ヴァイツェンを選んでみました。→http://twitpic.com/35m5u5

紅葉は、多分に雨風次第でしょうが、これからがピークのようです。

投稿者 going solo. : 2010年11月12日 00:43

 あ、そうでしたね。私は「ゴールデン・ピルスナー」でした。香りがよく、飲みやすかった憶えがあります。
 今度は、クリスタル・ヴァイツェンも試してみたいです。

 北上山地も、紅葉のピークはまだこれからなんですね。京都も、おそらく11月下旬が見頃です。今年は暑い夏から急に冷え込んだので、鮮やかな色づきが期待できるそうです。

投稿者 hamagaki : 2010年11月12日 01:27


コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →