← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2001年4月24日 天沢退二郎編『宮沢賢治万華鏡』

『宮沢賢治万華鏡』 最近、新潮文庫から出た『宮沢賢治万華鏡』という本は、これまでよく知られてきた童話や詩からは焦点をはずして、賢治の絵や、歌曲や、花壇設計図や、作品メモや下書きや、書簡などで構成された、いっぷう変わった一冊です。
 それぞれの作品が、きらきら光る小片のようで、またそれらが集まって不思議な世界を成しているさまは、まさに「万華鏡」をのぞいているみたいです。編者の 天沢 退二郎 氏も、きっと心を躍らせながら、この本を編んだのだと思います。
 個々の作品は、これまで「全集」のあちこちの隅っこに散らばっていたものですが、それを巧みに集めた本が文庫で手に入るというのは、ほんとに便利になりました。

 今日は、2万アクセス記念品をすこし準備していました。やはり連休までかかりそうです。

written by hamagaki : カテゴリー「賢治関連本

トラックバック




コメント




コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →