← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →

2000年8月 1日 俳句のような・・・

 八月になったので、またトップページの詩の引用を変えました。
     (八月の よるのしづまの 寒天(アガア)凝膠(ゼル))・・・
 これは、8月1日に賢治が青森へ向かう夜汽車の窓からぼんやりと外を眺めているときに、ふと俳句のように現れた五七五のフレーズです。

written by hamagaki : カテゴリー「サイト更新

トラックバック




コメント




コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



← 前の記事へ | メインページへ | 次の記事へ →